リソースを削除する

作業者がプロジェクトを離れたり、退職したり、名前を入力ミスしたために実在しない人物になっていたりすることがあります。このような場合は、リソースを削除する必要があります。

  1. [表示]、[リソース ビュー]、[リソース シート] の順にクリックします。
    リソース シートの画像

  2. リソースの名前を右クリックし、[削除] キーを押します。

リソースを削除するときに発生する問題

問題

説明

実際の実績作業時間値が削除される

プロジェクトからリソースを削除すると、リソースが作業したタスクに関連する実績作業時間の値が削除されます。

期間が変わる

タスクからリソースを削除すると、残存作業がタスクのリソースに再配分されるため、タスクの期間が変わることがあります。

期間を変更したくない場合は、タスクの残存作業時間を優先するスケジュール方法をオフにします。
ガント チャートでタスクをダブルクリックし、[詳細設定] タブをクリックし、[残存作業の優先] を選びます (自動的にスケジュールされるタスクのみ)。詳細については、残存作業時間を優先するスケジュール方法を参照してください。

コストが変わる

リソースをタスクから削除すると、そのリソースに関連付けられたすべての実績コストも削除されます。

タスクの実績コストを保持するには、そのリソースの残存作業時間を 0 に設定してからリソースを削除します。[リソース配分状況] ビューでリソース名をダブルクリックし、[割り当て情報] ダイアログ ボックスで [残存作業時間] を 0 (ゼロ) に設定します。

エンタープライズ リソースの削除

エンタープライズ リソースは、非エンタープライズ リソースと同じ方法で削除できます。ただし、プロジェクトからエンタープライズ リソースを削除すると、リソースは Project Web App 内に残ります。Project Web App からエンタープライズ リソースを削除する必要がある場合 (リソースをすべてのエンタープライズ プロジェクトから削除する)、[リソース]、[リソース プール]、[エンタープライズ リソース プール] の順にクリックします。リソースを選び、[削除] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×