リソースの最大利用可能時間を評価する

リソースの最大利用可能時間を評価する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リソースの作業予定時間が過多かどうかを確認する必要がある場合は、[リソース センター] で [キャパシティ プランニング] ビューを使用すると、リソースが仕事に費やすことのできる時間数とプロジェクトでリソースが必要とされる時間数を比較できます。

[リソース センター] で、確認するリソースごとにチェック ボックスをオンにして、[リソース]、[キャパシティ プランニング] の順にクリックします。

[リソース] タブの [キャパシティ プランニング] を選ぶ

[割り当て余力]、[表示]、[最大利用可能時間と契約のヒートマップ] の順に選びます。

[表示] の一覧から [Capacity and Engagements Heatmap] を選びます

このビューの表示内容:

  • 緑は、適切であることを意味します。リソースが作業に従事する時間は、リソースの全体的な最大利用可能時間とほぼ同じです。

  • 青は、リソースが十分に活用されていないことを示しています。リソースが作業に従事する時間は、リソースの全体的な最大利用可能時間よりも大幅に少なく、より多くの作業を割り当てる必要があります。

  • 赤は、リソースに割り当てられた作業時間が多すぎることを示しています。リソースが作業に従事する時間は、リソースの全体的な最大利用可能時間よりも大幅に多く、一部の作業を別の人に割り当てるか、忙しくない期間に移動させる必要があります。

次の例では、Justin と Leona という 2 人のリソースがいます。Justin は、11/2 の週は 8 時間しか作業に従事しないので、十分に活用されていません。Leona は、11/9 の週は 2 つのプロジェクト間で合計 80 時間作業に従事するので、割り当てられた作業時間が過多になっています。

2 つのリソース行にヒートマップの色が示されている

Justin には、最大利用可能時間の 40 時間近くになるよう作業を追加する必要があります。Leona は、作業量が適正な最大利用可能時間の 40 時間になるよう作業の一部を再割り当てまたは除く必要があります。

各リソースが行っている作業の詳細を確認するには、[割り当て余力]、[リソースの割り当て] の順にクリックします。

[割り当て余力] タブの [リソースの割り当て] を選ぶ

[リソースの割り当て] ビューには、タスクの割り当て、日付、実績作業時間、残存作業時間が表示されます。これだけ詳細なので、リソースをより効果的に活用する方法に関して提案するための適切な情報を得ることができます。

ビューの変更方法

このビューではいくつかの点を変更できます。

変更内容

変更方法

赤または青で強調表示されるボックス

[割り当て余力] > [しきい値] でパーセンテージを調整します。

グリッドでの列の表示方法

[割り当て余力] > [フィルター] で [タイムスケール] を調整します。

グリッドでの作業時間の表示方法

[割り当て余力] > [フィルター] で [作業時間の単位] を調整します。

グリッドで表示する日付

[割り当て余力] > [日付範囲] で [期間の設定] をクリックします。

まだ承諾されていない作業従事時間を表示するかどうか

[割り当て余力] > [フィルター] で [仮予約を含める] チェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×