リソースの単位数の詳細

1 つのリソースでタスクを完了できることもあれば、さらに多くのリソースが必要になる場合もあります。リソースはパートタイムでしか働けないこともあります。これらの違いを考慮するため、Microsoft Project は単位を使って、リソースがタスクで作業できる時間の正確な量を計算します。

この記事の内容

単位数の正確な意味

時間単価型リソースに対する最大単位数の使用方法

時間単価型リソースに対する割り当て単位数の使用方法

数量単価型リソースに対する最大単位数の使用方法

数量単価型リソースに対する割り当て単位数の使用方法

最大使用数とは

スケジュールに対する割り当て単位数とカレンダーの影響

単位数の正確な意味

単位数は、タスクに割り当てられる時間単価型リソースの時間の割合を示します。Project の単位数は、最大単位数と割り当て単位数の 2 種類です。

  • 最大単位数     プロジェクト内のすべてのタスクの作業に時間単価型リソースが使用できる時間数を指定するときは、リソース ビューで最大単位数を指定します。この合計が、各タスク割り当てに時間単価型リソースが費やすことのできる時間の計算に使われます。

  • 割り当て単位数     時間単価型リソースが特定のタスクだけに費やすことができる時間数を指定するときは、割り当て単位数を入力します。割り当てに使用される資材の数量を示すために、数量単価型リソースに割り当て単位数を指定することもあります。

注: 航空運賃や宿泊などのコスト型リソースは、実行される作業量に依存しないので、単位数を使用しません。

ページの先頭へ

時間単価型リソースに対する最大単位数の使用方法

リソース ビューの [最大単位数] フィールドを使用して、時間単価型リソースがそのプロジェクトでフルタイムかパートタイムか、またはそのリソースの倍数が 1 つに統合されるかどうかを示します。次に例を示します。

100%の最大 リソース単位

リソースのすべての時間がプロジェクトに充てられることを示す場合は、リソース シート ビューの [最大単位数] フィールドに「100%」と入力します。リソースが 1 日 8 時間働く場合、労働可能日の割り当ての組み合わせが 8 時間 (100%) を超えると、割り当て超過になります。

最大 75% リソース単位

リソースの時間の一部のみがプロジェクトに充てられることを示す場合は、リソース シート ビューの [最大単位数] フィールドに 100% より小さい値を入力します。リソースが 1 日 8 時間働き、そのうちの 75% をプロジェクトに充てる場合、労働可能日の割り当ての組み合わせが 6 時間 (75%) を超える、割り当て超過になります。

300% の最大 リソース単位

リソース グループ (3 人の大工など) がプロジェクトでフルタイムに働くことを示す場合は、リソース シート ビューの [最大単位数] フィールドに「300%」と入力します。

この割合 (単位数の値) は、リソース カレンダーで示される利用可能時間に基づいています。既定では、リソース カレンダーは標準プロジェクト カレンダーであり、1 週 40 時間の作業を指定します。ただし、リソースに異なる基本カレンダーを割り当てた場合、またはリソース カレンダーをカスタマイズした場合は、最大単位数は標準カレンダーではなくそのカレンダーに基づきます。時間数ではなくパーセンテージを単位数に使うことで、カレンダーが変更された場合でも、プロジェクトとタスクを正確に計算できます。

ページの先頭へ

時間単価型リソースに対する割り当て単位数の使用方法

特定の割り当てでの時間単価型リソースの作業レベルを、2 つの場所で示すことができます。

  • Project 2016、2013、2010 の場合は、[リソース] タブで [リソースの割り当て] をクリックします。[単位数] フィールドに情報を入力します。

    注: Project 2007 の場合は、[ツール] メニューの [リソースの割り当て] をクリックします。[単位数] フィールドに情報を入力します。

  • Project 2016、2013、2010 の場合、[タスク] タブで [情報] をクリックし、[リソース] タブをクリックします。[単位数] フィールドに情報を入力します。

    注: Project 2007 の場合、[プロジェクト] メニューの [タスク情報] をクリックして、[リソース] タブをクリックします。[単位数] フィールドに情報を入力します。

割り当て単位数は、リソース カレンダーに従って、特定のタスクの作業に使用されているリソースの割り当て可能時間数を示します。次に例を示します。

  • リソースが割り当てでフルタイムに作業する場合は、100% を指定します。これがすべての割り当ての既定値です。

  • リソースが割り当て可能時間のうちの半分をこの割り当てに費やす場合は、50% を指定します。リソースがフルタイムのリソースであっても、割り当てでパートタイム作業しか必要ない場合は、残りの時間を別の割り当に使用できます。

  • 3 人のフルタイム相当リソースがその割り当てで作業している場合は、300% を指定します。2 人のフルタイム リソースと 1 人のハーフタイム リソースがその割り当てで作業している場合は、250% と指定できます。

この割合 (単位数の値) は、リソース カレンダーで示される利用可能時間に基づいています。既定では、これは標準プロジェクト カレンダーであり、1 週 40 時間の作業を指定します。ただし、別の基本カレンダーをリソースに割り当てた場合、またはリソース カレンダーをカスタマイズした場合は、代わりにそのカレンダーが割り当て単位の値の基になります。

ページの先頭へ

数量単価型リソースに対する最大単位数の使用方法

数量単価型リソースはカレンダーまたは割り当て可能時間を示すその他のものとは関連付けられないので、[最大単位数] フィールドは数量単価型リソースには使用できません。使用される資材の量は資材が割り当てられている特定の割り当てに依存し、割り当て単位数で設定されます。

ページの先頭へ

数量単価型リソースに対する割り当て単位数の使用方法

数量単価型リソースの場合、[単位数] (または [割り当て単位数]) フィールドは、資材の消費率、つまり割り当てに使用されている資材の単位数の値または割合を示します。資材の割り当て単位数には、固定と比例の 2 種類があります。

  • 固定値としての数量単価型リソースの使用量は、タスクの期間に関係なく、使用される資材の数量が同じであることを示します。

  • 比例値としての数量単価型リソースの使用量は、タスクの期間が変化すると、それに比例して使用される資材の数量も変化することを示します。[割り当て単位] フィールドでは、比例型使用量は数量単価型の単位に時間ラベルを追加して示されます。固定使用量の鋼鉄の割り当て単位の値は "トン" などですが、可変使用量の場合の割り当て単位の値は "トン/日" などとなります。時間ラベルと略語は他の期間についても同じように示されます (分、時、日、週、月)。

たとえば、鋼鉄の割り当て単位数が 2 日間のタスクで 80 トンの場合は、鋼鉄の合計使用量 (つまり数量単価型作業の値) は 80 トンになります。一方、鋼鉄の割り当て単位数が 2 日間のタスクに対して 80 トン/日である場合は、合計使用量は 160 トンになります。

注: 時間単価型リソースの割り当て単位数はパーセントまたは10 進数で表すことができますが、数量単価型リソースの使用率は常に 10 進数として表されます。

ページの先頭へ

最大使用数とは

最大使用数とは、特定の期間中にすべての割り当てタスクに対してリソースがスケジュールされる最高レベルです。最大単位数のように、時間単価型リソースの最大使用数はパーセンテージまたは 10 進数で表されます。数量単価型リソースの最大使用数は、10 進数と数量単価型ラベルで表されます (例: 40 トン/週)。

最大使用数を確認すると、特定の期間中に時間単価型リソースが割り当て不足か割り当て超過かを判断するのに役立ちます。

数量単価型リソースの場合は、最大使用数 (特定の期間中に必要な最大使用率) を仕入先が資材を提供できる割合と比較することができます。

すべての割り当てタスクのリソースの合計最大使用数を表示するには、リソース配分状況ビューのテーブル部分に [最大使用数] フィールドを追加します。選択したタイムスケールの最大使用数を表示するには、リソース配分状況ビューのタイムシート部分に [最大使用数] フィールドを追加します。リソース グラフ ビューで最大使用数を表示することもできます。

ページの先頭へ

スケジュールに対する割り当て単位数とカレンダーの影響

数量単価型リソースの場合、比例割り当て単位数がスケジュールに影響を与える場合があります。比例値としての数量単価型リソースの使用量は、タスクの期間が変化すると、それに比例して使用される資材の数量も変化することを示します。同様に、比例数量単価型リソースだけがタスクに割り当てられている場合、それに従ってタスクの期間が変化することがあります。[割り当て単位] フィールドでは、比例型使用量は数量単価型の単位に時間ラベルを追加して示されます。固定使用量の鋼鉄の割り当て単位の値は "トン" などですが、可変使用量の場合の割り当て単位の値は "トン/日" などとなります。

時間単価型リソースの場合、割り当てられている時間単価型リソースの稼働時間カレンダーに基づいて、タスクのスケジュールが延長または短縮することもあります。プロジェクトのすべてのリソースの稼働時間、稼働日、非稼働時間、非稼働日を設定するには、プロジェクト カレンダーを使います。個々のリソースの稼働時間の例外 (休日や休暇など) を設定するには、リソース カレンダーを使います。プロジェクト カレンダーとリソース カレンダーにアクセスするには、[ツール] メニューの [稼働時間の変更] をクリックし、[カレンダー] の一覧から適切なカレンダーを選びます。

リソース カレンダーと割り当て単位数により割り当てスケジュールが決定されます。たとえば、Betty のリソース カレンダーで木曜日の稼働時間が 8 時間に設定されていて、木曜日のタスクが 100% でスケジュールされている場合、これは 8 時間に相当します。これに対し、金曜日のリソース カレンダーが 4 時間に設定されていて、金曜日のタスクが 100% でスケジュールされている場合は、Betty には 4 時間の作業がスケジュールされています。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×