リソースの割り当てを削除または置換する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

プロジェクトのニーズに応じてを削除するか、プロジェクトのタスクに割り当てられているリソースを置換します。たとえば、リソース割り当てを変更するに役立つ割り当て超過または割り当て過少コストのアカウントに、効率を高めるまたは品質を向上します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リソース割り当てを削除します。

[エンタープライズ リソースを削除します。

リソース割り当てを置き換える

リソース割り当てを削除する

リソース割り当ての削除は、プロジェクト計画からのリソースの削除とは異なります。リソース割り当てを削除すると、特定のタスクまたはタスクのセットに対してリソースが作業する義務はなくなりますが、そのリソースは引き続きプロジェクトに存在しています。

ヒント: プロジェクトからリソースを削除するには、[表示] メニューの [リソース シートをクリックします。リソースを選択し、DELETE キーを押します。

リソースがタスクで作業する義務を削除するには、次の操作を行います。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [タスク名] フィールドで、リソースを削除するタスクを選択します。

  3. リソースを割り当てる [リソースの割り当て] ボタンの画像 をクリックします。

  4. [リソース名] フィールドで、削除するリソースを選択します。

  5. [削除] をクリックします。

    注: 

    • タスクから割り当てられたリソースを削除するとそのタスクの期間を変更することがあります。残りの作業は残りの割り当てられたリソースに再配分されます。期間が変更されない場合は、タスクの残存作業時間を優先するスケジュール方法をオフにします。

    • 単位数固定] または [期間固定] タスクからリソースだけを削除する場合、 作業値が表示されなくなります。作業時間の値を維持するには、リソースを置き換えるプレースホルダー リソースを検討してください。これは、作業時間の値を使用して、 スケジュールを作成する場合は特に重要です。

    • リソースをタスクから削除すると、そのタスクに関連付けられた実績作業時間も削除されます。

    • リソースをタスクから削除すると、そのリソースに関連付けられたすべての実績コストも削除されます。タスクの実績コストを保持するには、そのリソースの残存作業時間を 0 に設定してからリソースを削除します。

ページの先頭へ

エンタープライズ リソースを削除する

Microsoft Office Project Professional 2007、 エンタープライズ リソースを削除することはできません。代わりに、不要になったリソースを非アクティブ化します。これにより、そのリソースに関連付けられている情報およびプロジェクトの履歴が保持されます。

Microsoft Office Project Web Accessを使用してリソースを非アクティブ化が行われます。サーバー管理者のみには、リソースが非アクティブ化できます。

ページの先頭へ

リソース割り当てを置き換える

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [タスク名] フィールドで、置換するリソースが設定されているタスクを選択します。

  3. リソースを割り当てる [リソースの割り当て] ボタンの画像 をクリックします。

  4. [リソース名] 列で、置換するリソースを選択します。

  5. [置換] をクリックします。

  6. [リソースの置換] ダイアログ ボックスで、置き換えるリソースをクリックし、[OK] をクリックします。

    選択したリソースを複数のリソースで置き換えるには、ctrl キーを押し、キーを押しながらリソースを追加する] をクリックします。

    注: プロジェクトでは、割り当て実績作業時間が完了した場合、リソースは削除されません。代わりのリソースには、元の割り当て残存作業時間が割り当てられます。必要な場合は、これらの作業値を調整できます。

  7. [要請/要求] 列で要求する] または [要求を選択します。

  8. 新しいリソースがタスクに対して実行する作業時間の数量を指定するには、そのリソースの [単位数] の一覧で、次のいずれかを入力します。

    • タスクにフルタイムが 1 つの作業のリソースを割り当てる100%」と入力します。

    • 100% より大きい値を入力して、タスクにリソースをフルタイムのグループを割り当てます。たとえば、フルタイムの作業を行っている、3 つの演算子のグループの300%を入力します。

    • 数量単価型リソースの消費単位を割り当てるには、その割り当てに使用される数量単価型の量を示す数値を入力します。

      資材の量は、タスク期間に依存する場合は、スラッシュ (/) や期間を追加して、使用の単価を入力します。たとえば、建材の 20 ヤードを週ごとに使用する場合は、 20/週」または「 20/wを入力します。

      注: タスクに費やされるリソースの時間について、該当する期間のコスト情報が自動的に計算され、[コスト] 列に表示されます。そのリソースに対する別のコスト単価の情報を入力するには、[コスト] 列をダブルクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×