リソースのコストを入力する

Microsoft Office Project 2007 では、さまざまな要因とリソースの種類に基づいてリソースのコストが計算されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リソースのコストの入力について

時間単価型リソースのコスト単価を入力する

時間単価型リソースの導入コストを入力する

タスクまたはプロジェクトの固定コストを入力する

コスト型リソースのコストを入力する

数量単価型リソースの単価を入力する

数量単価型リソースの導入コストを入力する

リソースのコストの入力について

Microsoft Office Project では、標準単価と超過単価、導入コスト、固定費、またはタスクに割り当てられるコスト型リソース (航空運賃や食事代など) のコストに基づいて、リソースのコストが計算されます。エンタープライズ リソースのコスト情報に対する変更を保存するには、まずそのリソースを開いて編集する必要があります。

リソースが時間単価型リソース (人的要因) であるか、数量単価型リソース (セメントや鉄筋など) であるか、コスト型リソース (航空運賃や食事代など) であるかに応じて、さまざまな種類のコストが異なる方法で計算されます。時間単価型リソースには、時間単位の単価が適用されます。数量単価型リソースとコスト型リソースには、他の指定された単位 (トン、メートル、選択された通貨の単位など) の単価が適用されます。

注: この記事では、予算リソースを使用してプロジェクトの予算を作成する方法については説明しません。予算リソースの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

時間単価型リソースのコスト単価を入力する

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [リソース名] フィールドでリソースを選択するか、新しいリソースの名前を入力します。

  3. [標準単価] ボックスと [超過単価] ボックスにリソース単価を入力します。

    これらのフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押してフィールドに移動します。

それぞれのリソースには、1 つ以上の標準単価と 1 つの超過単価を入力できます。

  1. リソースを選択し、 ボタンの画像 (リソース情報) をクリックします。次に、[コスト] タブをクリックします。

  2. [コスト単価表] の [A (既定値)] タブをクリックします。

  3. [実施日] 列に、単価の変更が有効になる日付を入力します。

  4. [標準単価] 列と [超過単価] 列にリソース単価を入力します。

  5. 別の日付になったときに単価が変更されるようにするには、コスト単価表の別の行で、新しい日付、新しい標準単価、および新しい超過単価を入力するか選択します。

  6. 同じリソースに対して追加の賃金単価のセットを入力するには、[B] タブをクリックし、手順 3. ~ 5. を繰り返します。

注: 

  • Microsoft Office Project では、単価ベースのリソース、導入コストのあるリソース、およびコスト型リソースをタスクに割り当てると、すぐにコストの総額が計算されます。

  • リソースの標準単価を変更すると、完了しているタスクのうち、同じリソースが引き続き割り当てられているすべてのタスクのコストも変更されます。

  • コスト単価表を使用して 1 つのリソースに複数の単価を入力したら、別のコスト単価表を使用することにより、任意の割り当てに対するそのリソースのリソース単価を変更できます。特定の割り当てに対するコスト単価表を変更するには、[タスク配分状況] ビューで、タスクに割り当てられているリソースを選択し、 ボタンの画像 (割り当て情報) をクリックします。[コスト単価表] ボックスの一覧で、使用するコスト単価表をクリックします。

ページの先頭へ

時間単価型リソースの導入コストを入力する

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[入力] をクリックします。

  3. [導入コスト] ボックスにコストの値を入力します。

    このフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押してフィールドに移動します。

それぞれのリソースには、複数の導入コストを入力できます。

  1. リソースを選択し、 ボタンの画像 (リソース情報) をクリックします。次に、[コスト] タブをクリックします。

  2. [コスト単価表] の [A (既定値)] タブをクリックします。

  3. [実施日] 列に、単価の変更が有効になる日付を入力します。

  4. [導入コスト] 列に導入コストを入力します。

  5. 別の日付になったときに適用される導入コストを入力するには、コスト単価表の別の行で、新しい日付と新しい導入コストを入力するか選択します。

  6. 同じリソースに対して追加のコストのセットを入力するには、[B] タブをクリックし、手順 3. ~ 5. を繰り返します。

Microsoft Office Project では、単価ベースのリソース、導入コストのあるリソース、およびコスト型リソースをタスクに割り当てると、すぐにコストの総額が計算されます。

注: コスト単価表を使用して 1 つのリソースに複数のコストを入力したら、別のコスト単価表を使用することにより、任意の割り当てに対するリソース コストを変更できます。特定の割り当てに対するコスト単価表を変更するには、[タスク配分状況] ビューで、タスクに割り当てられているリソースを選択し、 ボタンの画像 (割り当て情報) をクリックします。[コスト単価表] ボックスの一覧で、使用するコスト単価表をクリックします。

ページの先頭へ

タスクまたはプロジェクトの固定コストを入力する

固定コストはタスクに適用され、リソースには適用されません。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[コスト] をクリックします。

  3. [タスク名] フィールドで、固定費を入力するタスクをクリックします。

  4. [固定コスト] フィールドにコストの値を入力します。

プロジェクト全体の固定コストを入力することもできます。この方法は、全体的なプロジェクト コストのみが必要でタスク レベルのコストは不要な場合や、プロジェクトの間接費 (水道光熱費など) を追加する場合に使用できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。

  2. ['<プロジェクト>' のアウトライン オプション] の [プロジェクトのサマリー タスク] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  3. [タスク名] フィールドで、プロジェクトのサマリー タスクを選択します。

  4. [固定コスト] ボックスにプロジェクトのコストを入力します。

ページの先頭へ

コスト型リソースのコストを入力する

コスト型リソースを使用すると、航空運賃や宿泊費などのコスト項目をタスクに割り当てることにより、タスクにコストを適用できます。コスト型リソースは、タスクに対して行われた作業やタスクの期間中に行われた作業の量には依存しません。また、固定コストとは異なり、1 つのタスクに任意の数のコスト型リソースを適用できます。コスト型リソースを使用すると、タスクにさまざまな種類のコストを適用して、より詳細に管理できます。

コスト型リソースのコストを入力する前に、コスト型リソースを作成する必要があります。

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [リソース名] フィールドに、コスト型リソースの名前 (「宿泊費」など) を入力し、 ボタンの画像 (リソース情報) をクリックします。

  3. [リソース情報] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[種類] ボックスの一覧の [コスト型] をクリックします。

コスト型リソースを作成したら、そのコスト型リソースをタスクに割り当てることができます。タスクにコスト型リソースを割り当てた後は、[タスク配分状況] ビューを使用して、そのリソース割り当てのコストを入力できます。

  1. [表示] メニューの [タスク配分状況] をクリックします。

  2. コスト型リソースが割り当てられているタスクを選択し、 ボタンの画像 (割り当て情報) をクリックします。

  3. [割り当て情報] ダイアログ ボックスで、[全般] タブをクリックし、[コスト] ボックスにコストの値を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

タスクに割り当てられているコスト型リソースを使用してコストを割り当てた場合は、そのコスト型リソースの利用状況に応じて、コスト型リソースの量が変わる可能性があります。

注: 固定コストと異なり、コスト型リソースはリソースの種類として作成され、タスクに割り当てられます。また、時間単価型リソースと異なり、コスト型リソースにカレンダーを適用することはできません。このため、コスト型リソースがタスクのスケジュールに影響を与えることはありません。コスト型リソースの通貨の値は、割り当てられているタスクに対して実行された作業量には依存しません。

ページの先頭へ

数量単価型リソースの単価を入力する

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[入力] をクリックします。

  3. [リソース名] フィールドで、数量単価型リソースを選択するか、新しい数量単価型リソースの名前を入力します。

  4. 新しい数量単価型リソースを入力する場合は、次の操作を行います。

    1. [種類] フィールドで、一覧の [数量単価型] をクリックします。

    2. [数量単価型の単位] フィールドに、「lit」(リットル)、「m3」(立方メートル)、「ea」(個) などの単位名を入力します。

  5. [標準単価] ボックスに単価を入力します。

    このフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押してフィールドに移動します。

それぞれの数量単価型リソースには、複数の単価を入力できます。

  1. ボタンの画像 (リソース情報) をクリックし、[コスト] タブをクリックします。

  2. [コスト単価表] の [A (既定値)] タブをクリックします。

  3. [標準単価] 列に単価を入力します。

  4. 次の行に、[標準単価] 列の前の単価から変更する値またはパーセント値を入力します。たとえば、「+10%」と入力すると、単価が前の単価から 10% 増加することを示します。

  5. [実施日] 列に、単価の変更が有効になる日付を入力します。

  6. 追加の単価のセットを入力するには、[B] タブをクリックし、手順 3. ~ 5. を繰り返します。

注: 

  • 数量単価型リソースの単価に基づいて数量単価型リソースのコストが計算されるようにする場合は、数量単価型リソースの単価を入力します。たとえば、1 トンあたりの単価が 10,000 円の "セメント" という数量単価型リソースをタスクに割り当てるには、リソースの種類として [数量単価型] を選択し、リソース名として「セメント」、数量単価型の単位として「トン」、標準単価として「10,000」を入力または選択します。

  • 複数のグレードの資材を使用するか、特定の日に資材単価の変更を組み込む必要がある場合は、1 つの数量単価型リソースに複数の単価を入力します。たとえば、[コスト単価表] のタブを使用して、さまざまなグレードのカーペットの単価を入力したり、プロジェクト期間の特定の時点にコストの増加や減少の予定を組み込んだりできます。

ページの先頭へ

数量単価型リソースの導入コストを入力する

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[入力] をクリックします。

  3. [リソース名] フィールドで、数量単価型リソースを選択するか、新しい数量単価型リソースの名前を入力します。

  4. 新しい数量単価型リソースを入力する場合は、[種類] フィールドで、一覧の [数量単価型] をクリックします。

  5. 新しい数量単価型リソースを入力する場合は、[数量単価型の単位] ボックスに、「lit」(リットル)、「m3」(立方メートル)、「ea」(個) などの単位名を入力します。

  6. [導入コスト] フィールドにコストの値を入力します。

    このフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押してフィールドに移動します。

それぞれのリソースには、複数の導入コストを入力できます。

  1. ボタンの画像 (リソース情報) をクリックし、[全般] タブをクリックします。

  2. これが新しい数量単価型リソースである場合は、[種類] ボックスの一覧の [数量単価型] をクリックします。

  3. これが新しい数量単価型リソースである場合は、[数量単価型の単位] ボックスに単位名を入力します。

  4. [コスト] タブをクリックし、[コスト単価表] の [A (既定値)] タブをクリックします。

  5. [導入コスト] 列にコストの値を入力します。

  6. 次の行に、[導入コスト] 列の前のコストから変更する値またはパーセント値を入力します。

  7. [実施日] 列に、コストの変更が有効になる日付を入力します。

  8. 追加の導入コストのセットを入力するには、[B] タブをクリックし、手順 5. ~ 7. を繰り返します。

注: 

  • 数量単価型リソースに導入コストを 1 つだけ入力し、将来のコストの変更は組み込まない場合は、1 つの数量単価型リソースに 1 つの導入コストを入力します。

  • 数量単価型リソースに複数の導入コストを入力するか、将来の資材導入コストの変更を組み込む場合は、1 つの数量単価型リソースに複数の導入コストを入力します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×