リスト ビュー Web パーツ

リスト ビューという Web パーツはありません。サイト テンプレートから新しいサイトを作成すると、サイトのホーム ページに Web パーツが自動的に追加されます。たとえば、チーム サイトには、お知らせ Web パーツ、予定表 Web パーツ、リンク Web パーツなどがあります。これらの Web パーツは、リスト ビュー Web パーツのインスタンスであり、事前に作成および設定されたリスト テンプレートを使用してリスト データを表示します。

同様に、自分のサイトでリストまたはライブラリを作成すると、そのリストまたはライブラリと同じ名前のリスト ビュー Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、"連絡先" というリストを作成すると、"連絡先" というリスト ビュー Web パーツがサイト名ギャラリーで使用できるようになります。Web パーツでは、作成したリストまたはライブラリに含まれているデータが自動的に表示されます。

この記事の内容

リスト ビュー Web パーツの使用方法

Web パーツのリストまたはライブラリのビューをカスタマイズする

リスト ビュー Web ページを他の Web パーツに接続する

サポートされている接続可能なリストの種類

サポートされている接続可能なリスト列の種類

リスト ビュー Web パーツのカスタム プロパティ

Web パーツの共通プロパティ

リスト ビュー Web パーツの使用方法

リスト ビュー Web パーツを使用すると、サイト内のリストまたはライブラリ データを表示および編集することや、他のリスト ビュー Web パーツなど、他の Web パーツに接続することができます。リストとは、チーム メンバと共有する情報で、通常は表形式で表示されます。リスト ビューには、この情報が特定の列のフィルタ処理、並べ替え、選択を行うなどのさまざまな目的に応じて異なる方法で表示されます。

ほとんどのリストおよびリスト ビュー Web パーツを 2 つの表形式のビューのいずれかで表示できます。1 つは、すべてのユーザーが使用できる標準ビュー、もう 1 つはデータシート ビューです。データシート ビューには、Microsoft Office Access 2007 などの Microsoft Windows SharePoint Services 互換プログラムまたはコントロールと、ActiveX コントロール サポートが必要です。

リスト ビュー Web パーツを使用すると、次の操作を実行できます。

  • Web パーツ ページのリスト データを表形式で表示し、データの並べ替え、フィルタ処理、絞り込み、および更新をすばやく行うことができます。

  • リスト ビュー Web パーツに、チームでレビューするドキュメントや、グループで頻繁に使用するドキュメントを表示できます。

  • リスト ビュー Web パーツでプロジェクト データを追跡し、接続されている連絡先リスト ビュー Web パーツの一致する列から連絡先名や職務を含む列に基づいて、データをフィルタ処理または並べ替えることができます。

  • 社員名や ID 番号を含む社員基本情報リスト ビュー Web パーツから、接続されている社員詳細情報リスト ビュー Web パーツで給付手当、家族構成、医療保険担保などの詳細な社員情報を検索できます。

  • 注文情報を含む注文リスト ビュー Web パーツと、その注文のすべての行項目を含む注文詳細リスト ビュー Web パーツの 2 つのリスト ビュー Web パーツを接続して、詳細な注文情報を調べることができます。

  • 連絡先リスト ビュー Web パーツ内の担当者に関する基本情報を視覚的に向上させることができます。これを行うには、接続されているイメージ Web パーツにその担当者の写真を表示するか、接続されているカスタム マップ Web パーツにその担当者の勤務先の地図を表示します。

各種類の Web パーツのカスタマイズの詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

Web パーツのリストまたはライブラリのビューをカスタマイズする

リスト ビュー Web パーツを Web パーツ ページに追加すると、ページに表示したい情報だけが表示されるようにビューをカスタマイズできます。Web パーツ ページから現在のビューを編集します。

リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成することもできます。これらのビューを使用して、そのリストまたはライブラリに関する異なる Web パーツ インスタンスのさまざまな情報セットを表示できます。リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成するには、カスタマイズするリストまたはライブラリの [ビュー] メニュー [表示] メニュー を使用します。リストまたはライブラリのユーザー設定のビューの作成の詳細については、「関連項目」のリンク先を参照してください。

  1. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. カスタマイズする Web パーツの [Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

  3. ツール ウィンドウで、[現在のビューの編集] をクリックします。

  4. [] セクションで、列に対応するチェック ボックスを選択することにより、列の表示と非表示を設定できます。列名の横に、ビューに列を表示するときの順番を示す数値を入力します。

  5. [並べ替え] セクションで、情報を並べ替えるかどうか、および、どのように並べ替えるかを選択します。作成者ごとのファイル名で並べ替えるなど、並べ替えには、2 つの列を使用できます。

  6. [フィルター] で、情報をフィルター処理するかどうかを選択し、フィルター処理する場合はその方法を選択します。フィルター処理されたビューには、より少数のアイテムが表示されます (特定の部門によって作成されたアイテムや [承認済み] 状態のアイテムなど)。

  7. [グループ化] で、同じ値がセクションに含まれている項目をグループ化できます。たとえば、特定の作成者によるドキュメントの拡張可能セクションをグループ化できます。

  8. [集計] で、1 つの列に含まれる項目の数 (請求書の総数など) をカウントできます。場合によっては、情報を要約したり平均値などの他の情報を抽出したりすることもできます。

  9. [スタイル] セクションで、ビューに必要なスタイルを選択します (1 行おきに網掛けが適用される網掛けリストなど)。

  10. リストまたはライブラリにフォルダーがある場合は、フォルダーを含まないビューを作成できます。これをフラット ビューと呼ぶこともあります。すべてのリスト アイテムを同じレベルで表示するには、[フォルダーなしですべてのアイテムを表示する] をクリックします。

  11. リストまたはライブラリが大きい場合は、リストまたはライブラリで表示できるファイルの数を制限したり、同じページに表示できるファイルの数を制限したりすることができます。[アイテムの表示数] セクションで、必要なオプションを選択します。

  12. リストまたはライブラリをモバイル デバイスで表示する計画がある場合は、[モバイル] セクションで必要なオプションを選択します。

  13. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

リスト ビュー Web ページを他の Web パーツに接続する

ほとんどのリストおよびリスト ビュー Web パーツを 2 つの表形式のビューのいずれかで表示できます。1 つは、すべてのユーザーが使用できる標準ビュー、もう 1 つはデータシート ビューです。データシート ビューには、Office Access 2007 などの Microsoft Windows SharePoint Services 互換プログラムまたはコントロールと、ActiveX コントロール サポートが必要です。

標準ビューまたはデータシート ビューのいずれかを使用して、リスト ビュー Web パーツを他の Web パーツに接続したり、他の Web パーツにデータを渡したりすることができ、他のリスト ビュー Web パーツなど、他の Web パーツにデータを表示する方法を変更することもできます。

  1. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. [Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックし、[接続] をポイントします。

  3. [他の Web パーツに行を提供] または [他の Web パーツを基に並べ替え/フィルタ] をポイントし、リンクする Web パーツの名前をクリックします。

[接続] サブメニューのコマンドのキー

サブメニューの コマンド

説明

他の Web パーツに行を提供

接続先の Web パーツにデータ行を渡すことで、リスト ビュー Web パーツを他の Web パーツに接続できます。他の Web パーツがどのように作成されてデータを取得するのかに応じて、他の Web パーツが行データを表示したり、行データをフィルターまたはパラメーター値として使用したりすることができます。

標準ビューで、リスト ビュー Web パーツを接続すると、オプション ボタンが含まれている [アイテムの選択] 列が自動的に追加され、他の Web パーツに渡す行を示すことができます。標準ビューで一度に選択できる行は 1 つだけです。[編集] 列などの一部の列は、Web パーツ接続には使用できません。

データシート ビューでは複数の行を選択できますが、他の Web パーツに渡される行は 1 つだけです。複数の行を選択した場合、アクティブなセルが含まれている行が他の Web パーツに渡され、それ以外の行はすべて無視されます。[集計行] または [新しい行] のデータを他の Web パーツに渡すことはできません。

この種類の接続を使用すると、複数の Web パーツをリスト ビュー Web パーツに接続できます。

他の Web パーツにデータを提供

リスト ビュー Web パーツを、リスト データと連携する他の Web パーツに接続できます。この場合、リスト ビュー Web パーツは他の Web パーツのデータ ソースとなります。

標準ビューとデータシート ビューでは、ビュー内のデータだけが他の Web パーツに渡されます。

この種類の接続を使用すると、複数の Web パーツをリスト ビュー Web パーツに接続できます。

他の Web パーツを基に並べ替え/フィルター

標準ビューとデータシート ビューでは、リスト ビュー Web パーツを、次の情報を提供できる別の Web パーツに接続できます。

  • リスト ビュー Web パーツのデータをフィルター処理するのに使用される、1 つ以上のデータのペア (列名と値)。

  • リスト ビュー Web パーツのデータを昇順または降順で並べ替えるためのデータの列。

この種類の接続を使用すると、他の Web パーツを 1 つだけリスト ビュー Web パーツに接続できます。

サイト上のすべてのリスト ビュー Web パーツは、通常、サイト名ギャラリーで使用できます。Web パーツ ギャラリーからリスト ビュー Web パーツを Web パーツ ページに初めて追加すると、その Web パーツ ページによって Web パーツに既定のリスト ビューが表示されます。リスト ビュー Web パーツと他の接続先の Web パーツに必要なデータを表示するには、リストのビューを編集することが必要になる場合があります。たとえば、データのフィルター処理、並べ替え、またはグループ化を別の方法で行ったり、別の列を表示したりできます。

ツール ウィンドウのカスタム プロパティの [リスト ビュー] セクションでは、以下の 2 つのいずれかの方法でリスト ビューを変更できます。

  • [ビューの選択] プロパティから別のビューを選択します。

  • [現在のビューの編集] をクリックして、現在のビューを編集します。

リスト ビューを選択または編集すると、元のサイト リストのデザインからリストのデザインのコピーが作成され、リスト ビュー Web パーツと共に保存されます。ただし、リストのデータは同じままです。

現在のビューから別のビューに切り替える際は注意してください。現在のビューに加えた変更が削除され、現在のビューの列に依存する Web パーツ接続が無効になる可能性があります。ビューを切り替える場合は、確認のメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

サポートされている接続可能なリストの種類

リスト ビュー Web パーツにはすべてのリスト タイプを表示できますが、Web パーツ接続を行う場合は特定のリスト タイプだけがサポートされます。通常、データを表形式で表示するリスト タイプ (連絡先など) がサポートされます。データを表以外の形式で表示するリスト (フォルダー ビューなど) はサポートされません。サポートされているリスト タイプとサポートされていないリスト タイプを以下に示します。

サポートされているリストの種類

サポートされていないリストの種類

  • お知らせ

  • 連絡先

  • [イベント]

  • 案件管理

  • リンク

  • タスク

  • カスタム リスト

  • スプレッドシートからインポートされたデータを含むリスト

  • ドキュメント ライブラリ

  • フォーム ライブラリ

  • イベント リストの予定表ビュー

  • ディスカッション掲示板

  • アンケート

  • 画像ライブラリ

  • サイトおよびリスト テンプレート カタログ

  • Web パーツ ギャラリー

  • [データ ソース]

ページの先頭へ

サポートされている接続可能なリスト列の種類

リスト ビュー Web パーツにはすべての種類のリストの列を表示できますが、Web パーツの接続を作成するときは、一部の種類のリストの列のみを使用できます。サポートされているリストの列の種類と、サポートされていないリストの列の種類を以下に示します。

サポートされているリストの列の種類

サポートされていないリストの列の種類

  • 1 行テキスト型

  • 選択肢

  • 数値

  • 通貨

  • [日付と時刻]

  • ハイパーリンクまたはピクチャ (列を一致させるために使用)

  • 検索式

  • Yes/No

  • 計算

  • ハイパーリンクまたはピクチャ (フィルタ処理で使用)

  • 複数行テキスト型

  • 編集

ページの先頭へ

リスト ビュー Web パーツのカスタム プロパティ

リスト ビュー Web パーツのカスタム プロパティを以下に示します。

注: 個人用ビューでこれらのカスタム プロパティを表示したり編集したりすることはできません。

プロパティ

説明

[ビューの選択]

現在のビューから別のビューに切り替える際は注意してください。現在のビューに加えた変更が削除され、現在のビューの列に依存する Web パーツ接続が無効になる可能性があります。ビューを切り替える場合は、確認のメッセージが表示されます。

Web パーツに表示するリスト ビューを指定します。次のいずれかを選択します。

  • すべてのリスト名またはすべてのドキュメント     このプロパティでは、リスト タイプに応じてリストまたはライブラリのすべての列が表示されます。

    注: [OK] または [適用] をクリックする前に、[<現在のビュー>] を選択して、直前に使用したビューに戻り、リスト ビューのデザイン情報のコピーに対して加えた、保存されていない変更内容を無視します。[OK] または [適用] をクリックすると、変更内容が新しい現在のビューに適用され、リスト ビュー Web パーツと共に保存されます。

  • [エクスプローラ ビュー]    このプロパティを使用すると、ドキュメント ライブラリの内容が Windows エクスプローラのようにアイコンのみを使用して表示されます。このビューは、ドキュメント ライブラリでのみ使用できます。

  • <概要ビュー>     このプロパティを使用すると、リストの概要ビューが表示されます。このビューは、リストの種類によって異なります。

  • 追加のリスト ビュー    このプロパティを使用すると、リスト タイプに応じて、ユーザー定義のビューまたはその他の既定のビューが表示されます。

[現在のビューの編集]

[現在のビューの編集] を選択すると、Web パーツで使用している現在のビューを編集できます。たとえば、表示している列、使用している並べ替えの順序やフィルタ、合計を表示するかどうか、アイテムの制限を編集できます。

リスト ビューを選択または編集すると、元のサイト リストのデザインからリストのデザイン情報のコピーが作成され、リスト ビュー Web パーツと共に保存されます。ただし、リストのデータは同じままです。

[ツールバーの種類]

リスト ツールバーの表示方法や、リスト ツールバーを表示するかどうかを指定します。次の 3 つのオプションのいずれかを選択します。

[簡易ツールバー]    このオプションを使用すると、現在選択されているリスト ビューの簡易ツールバーが表示されます。これは、カスタム リストを除く、ほとんどのリストの種類の既定値です。

[詳細ツールバー]    このオプションを使用すると、現在選択されているリスト ビューのツールバー全体が表示されます。これは、カスタム リストの既定値です。

[ツールバーなし]    ツールバーを表示しません。

ページの先頭へ

Web パーツの一般的なプロパティ

すべての Web パーツには、その外観やレイアウト、および、詳細な特性を制御する共通のプロパティがあります。

注: ツール ウィンドウに表示される共通の Web パーツ プロパティは、いくつかの理由で、このセクションに記載されている内容と異なる場合があります。

  • ツール ウィンドウの [詳細] セクションを表示するには適切な権限が必要であるため。

  • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もある。

  • 一部の権限やプロパティの設定によって、Web パーツのプロパティが無効または非表示になっているため。

[外観]

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

ユーザーが Web パーツ ページを開いたときに、Web パーツ全体がページ上に表示されるかどうかを指定します。 既定では、枠の状態は [標準] に設定され、Web パーツ全体が表示されます。枠の状態を [最小化] に設定した場合は、タイトル バーだけが表示されます。

枠の種類

タイトル バーおよび Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

[レイアウト]

プロパティ

説明

非表示

Web パーツ ページを開くときに、Web パーツを表示するかどうかを指定します。このチェック ボックスをオンにした場合、自分でページをデザインしているときにのみ Web パーツが表示され、タイトルには "(非表示)" という接尾辞が追加されます。

Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際、Web パーツそのものは表示しないようにする必要がある場合、Web パーツを非表示にすることができます。

方向

Web パーツのコンテンツの文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。Web パーツの種類によっては、この設定を使用できないことがあります。

領域

Web パーツを配置する Web パーツ ページの領域を指定します。

注: Web パーツ ページの領域は、領域を変更する権限がない場合、リスト ボックスに表示されません。

領域のインデックス

領域に複数の Web パーツが存在する場合に、その領域内の Web パーツの位置を指定します。

順序を指定するには、テキスト ボックスに正の整数を入力します。

たとえば、上から下に表示される空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは "0" です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加した場合、領域のインデックスは "1" になります。2 つ目の Web パーツを領域の先頭に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

たとえば、上から下に配置されている空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは 0 です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは 1 になります。2 つ目の Web パーツを領域の最上部に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

注: ゾーン内の Web パーツにはそれぞれ、ゾーンのインデックスとして一意の値が割り当てられている必要があります。したがって、現在の Web パーツの領域のインデックス値を変更すると、その領域内の他の Web パーツの領域のインデックス値も変更される可能性があります。

詳細

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるようにするかを指定します。

閉じるのを許可する

Web パーツを Web パーツ ページから削除できるかどうかを指定します。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるようにするかを指定します。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

この Web パーツに関してエクスポートを許可するデータのレベルを指定します。構成によっては、この設定が利用できない場合もあります。

タイトル URL

Web パーツについての追加情報を含んだファイルの URL を指定します。Web パーツのタイトルをクリックすると、このファイルが別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンをマウスでポイントしたときに表示するヒントを指定します。このプロパティの値は、サイト、仮想サーバー、Web パーツ ページのような Web パーツ ギャラリーで、ツール ウィンドウの [Web パーツの検索] メニューの [検索] を使用して Web パーツを検索するときに使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツについてのヘルプ情報を含んだファイルの場所を指定します。Web パーツ メニューの [ヘルプ] コマンドをクリックすると、ヘルプ情報が別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選択します。

  • [モーダル]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

  • [モードレス]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。ユーザーは、ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

  • [移動]   Web ページが現在のブラウザ ウィンドウで表示されます。

注: カスタムの Microsoft ASP.NET Web パーツでこのプロパティがサポートされている場合でも、既定の Windows SharePoint Services 3.0 ヘルプ トピックは、別のブラウザー ウィンドウでしか表示されません。

カタログ アイコン イメージの URL

] Web ページが現在のブラウザー ウィンドウで表示されます。

タイトル アイコン イメージの URL

Web パーツのタイトル バーで使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。イメージのサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

ページの先頭へ

最後の更新された 2014-6 ~ 16

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×