リスト ビュー Web パーツを Excel Web Access に接続する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel Services での Microsoft Office Excel ブックの表示を柔軟に細かく制御するために、ドキュメント ライブラリやリストのリスト ビュー Web パーツを Excel Web Access Web パーツに接続することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

詳細については、リスト ビューおよび Excel Web Access Web パーツに接続します。

ドキュメントの URL を使用して Web パーツを接続します。

名前付きアイテムを使用して Web パーツを接続します。

リスト ビュー Web パーツと Excel Web Access Web パーツの接続について

リスト ビュー Web パーツを Excel Web Access に接続するには、2 つの方法があります。

  • ドキュメントの URL     ドキュメント ライブラリにある発行済みの Microsoft Office Excel ブックのドキュメントの URL を渡します。この場合、ドキュメント ライブラリ内で選択したブック アイテムのドキュメントの URL を使用して、Excel Web Access に表示されるブックを読み込んだり、変更したりします。URL が自動的に入力されるリスト ビュー Web パーツの接続を使用しているので、Excel Web Access 用のブックの URL を "ブック" カスタム プロパティに入力する必要はありません。

    たとえば、"部署統計" というドキュメント ライブラリに複数のブックが格納され、それぞれのブックには、自分の所属する事業部の各部署に関する重要な統計情報が保存されているとします。このとき、"部署統計" のリスト ビュー Web パーツからブック アイテムを選択するたびに、対応する部署のブックが Excel Web Access Web パーツに表示されるように、2 つの Web パーツを相互に接続する "事業部統計" という Web パーツ ページを作成できます。

  • 名前付きアイテム     リストの名前付きアイテムを Excel Web Access Web パーツに渡します。この場合、リスト内の名前付きアイテムを使用して、Excel Web Access Web パーツに表示する名前付きアイテムを制御します。Excel Web Access 用のブックの URL を "ブック" カスタム プロパティに入力する必要があり、このブックが適切な名前付きアイテムと共に発行されている必要があります。名前付きアイテムが自動的に入力されるリスト ビュー Web パーツの接続を使用しているので、"名前付きアイテム" カスタム プロパティに名前付きアイテムを入力したり、[表示] ボックスの一覧を使用したりする必要はありません。

    たとえば、FY2006_Chart、FY2006_Summary_Table、FY2006_ PivotTable_Details という 3 つの名前付きアイテムを含むブックがあるとします。このブックを発行し、これらの名前付きアイテムを Excel Services で表示することを指定して、このブックを表示する FY2006_Data Excel Web Access Web パーツを作成します。次に、この 3 つの名前付きアイテムを個別のリスト アイテムとして含む FY2006_Items リストを作成します。FY2006_Items リスト ビュー Web パーツでアイテムを選択するたびに、選択した名前付きアイテムが FY2006_Data Excel Web Access Web パーツに表示されます。

ページの先頭へ

ドキュメントの URL を使用して Web パーツを接続する

  1. Web パーツ ページには、ドキュメント ライブラリのリスト ビュー Web パーツと Excel Web Access Web パーツを追加します。詳細については、リスト ビュー Web パーツ追加または削除する Web パーツを参照してください。

  2. Button image ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Excel Web Access Web パーツから Web パーツ] メニューの [ Web Part menu ] をクリックして、接続] をポイントブックの URL を取得] をポイントし、適切なリスト ビュー Web パーツ] をクリックします。

  4. [接続の構成] ダイアログ ボックスで、[フィールド名] ボックスの一覧の [ドキュメントの URL] をクリックし、[完了] をクリックします。

  5. Web パーツ ページの編集モードを終了し、[Web パーツ ページの [サイトの操作 Button image ] ドロップダウン メニューの上部で、ページを表示するには、[編集モードの終了] をクリックします。

  6. Excel Web Access Web パーツで各ブックを表示するには、リスト ビュー Web パーツでブック アイテムの横にあるオプション ボタンをクリックします。

ページの先頭へ

名前付きアイテムを使用して Web パーツを接続する

  1. 名前付きアイテムおよび Web パーツ ページを Excel Web Access Web パーツを含むリストのリスト ビュー Web パーツを追加します。詳細については、リスト ビュー Web パーツ追加または削除する Web パーツを参照してください。

  2. Button image ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Excel Web Access の起動画面で、[ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください。] をクリックします。

    Web パーツが編集モードになり、Web パーツ ツール ウィンドウが表示されます。

  4. [ブック] ボックスに、名前付きアイテムを含むブックの URL または UNC を入力します。

    ブックを簡単に検索するには、リンクを選ぶBuilder button をクリックし、[リンクの選択] ダイアログ ボックスを使用します。

  5. Excel Web Access Web パーツから Web パーツ] メニューの [ Web Part menu ] をクリックして、接続] をポイント名前付きアイテムを次から取得する] をポイントし、適切なリスト ビュー Web パーツ] をクリックします。

  6. [接続の構成] ダイアログ ボックスで、[フィールド名] ボックスの一覧の [タイトル] をクリックし、[完了] をクリックします。

  7. Web パーツ ページの編集モードを終了し、[Web パーツ ページの [サイトの操作 Button image ] ドロップダウン メニューの上部で、ページを表示するには、[編集モードの終了] をクリックします。

  8. Excel Web Access Web パーツで各名前付きアイテムを表示するには、リスト ビュー Web パーツでブック アイテムの横にあるオプション ボタンをクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×