リスト ビューのプロパティを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一般に、リスト ビューのプロパティは、ビューの外観に作用します。たとえば、グリッド線や未読マークの表示と非表示を切り替えたり、添付ファイルの列の表示と非表示を切り替えたりできます。また、応答階層を自動的に展開/縮小したり、一部の (またはすべての) ユーザーを対象にビューへのアクセスを制限したりすることもできます。さらに、ビューを他のツールからルックアップできるようにするかどうかを選択することもできます。

  1. デザイナーを開きます。

  2. プロパティを設定するビューをクリックします。

[プロパティ] タブをクリックします。

必要なオプションのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×