リスト ツールのデザインでフォーム テンプレートにスタイル変換を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー設定のリスト ツールのデザイナーは、フォーム テンプレートに .xsl、.xslt、.xml のいずれかの形式のスタイル変換を追加できます。たとえば、アイテムを初めて保存する際、アイテムの一番下に自動的に免責条項を追加することができます。

SharePoint Workspace 以外の場所でスタイル変換コードを作成し、保存した後、ユーザー設定のリスト ツールにインポートする必要があります。

ここでは、次の操作について説明します。

この記事の内容

スタイルの変換を追加します。

スタイルの変換を編集します。

スタイルの変換を削除します。

スタイル変換を追加する

  1. リスト ツールのデザイナーを開きます。

  2. 編集するフォーム テンプレートをクリックします。

  3. [変換] タブをクリックします。

  4. [追加] をクリックして [変換のインポート] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. インポートするスタイル変換ファイルを参照し、[開く] をクリックします。

ページの先頭へ

スタイル変換を編集する

スタイル変換を直接 SharePoint Workspace で編集することはできません。更新済みのスタイル変換コードを含んだファイルを再度インポートする必要があります。既存のスタイル変換を編集する場合は、前の「スタイル変換を追加する」の手順に従って再度インポートしてください。

ページの先頭へ

スタイル変換を削除する

  1. リスト ツールのデザイナーを開きます。

  2. 編集するフォーム テンプレートをクリックします。

  3. [変換] タブをクリックします。

  4. 削除するスタイル変換の [削除] をクリックし、削除してよいか確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×