リスト ツールで競合とエラーを解決する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

リスト ツール アイテムは、さまざまな状況で競合状態やエラー状態になることがあります。アイテムに競合またはエラーがある場合、そのアイテムがアイコンで示されます。

アイコン

意味

編集の競合があるリスト項目

アイテムに編集の競合があります

エラーが発生したドキュメント

アイテムはエラー状態です

このトピックの内容

編集の競合について

エラーについて

[解決] タブを使用して競合とエラーを解決する

アイテムの競合を解決する

アイテムのエラーを解決する

編集の競合について

編集の競合は、リスト ツールの同じアイテムを 2 つの場所で同時に編集した場合に発生します。

SharePoint ワークスペースでは、次のような状況で編集の競合が発生することがあります。

  • SharePoint サイトで編集済みのリスト アイテムを、ワークスペースに同期される前に編集した場合。この場合、同期の実行時に、SharePoint Workspace によって同じアイテムのバージョンが 2 つあることが検出されて競合として示されます。

  • インターネットに接続せずにオフラインで作業しているときに、SharePoint サイトでも編集が行われているリスト アイテムを編集した場合。この場合、次にオンラインになったときにリストが同期され、SharePoint Workspace によって同じアイテムのバージョンが 2 つあることが検出されて競合として示されます。

Groove ワークスペースのリスト ツールでは、複数のワークスペース メンバーが同じアイテムを編集した場合に編集の競合が発生します。メンバーがオンラインで作業している場合は、編集用にアイテムが開かれていることが SharePoint Workspace によって検出され、他のメンバーによる編集は禁止されるため、競合は発生しません。しかし、メンバーがインターネットに接続せずにオフラインで作業している場合は、競合が発生する可能性があります。

編集の競合を解決するには、この後に説明するように、[解決] タブのオプションを使用します。

ページの先頭へ

エラーについて

アイテムのエラーが発生するのはリスト ツールを SharePoint サーバーと同期する場合だけで、通常は、必要なサーバー権限がないことが原因です。たとえば、SharePoint ワークスペースでアイテムを追加、編集、または削除する場合、次回の同期時にそれらの変更をアップロードするための、SharePoint の該当するサーバー権限が必要になります。これらの必要な権限がないと、アイテムはエラー状態になります。

アイテムのエラーは、それ以外にも次のようないくつかの状況で発生することがあります。

  • アイテムに添付されたファイルが大きすぎて SharePoint サーバーに同期できない。

  • アイテム内の添付ファイルのサイズが 0 バイトになっている。SharePoint サーバーと同期するには添付ファイルに少なくとも 1 バイトのデータが含まれている必要があります。

  • 添付ファイル フィールドに追加したファイルの種類がブロックされていて、SharePoint サーバーと同期できない。

  • 一意の値を必要とするフィールドに値を追加しますが、別のアイテムにはこのフィールドに同じ値が既に含まれています。リストが同期されると、エラーが発生します。 SharePoint サーバー。

エラーを解決するには、この後に説明するように、[解決] タブのオプションを使用します。

ページの先頭へ

[解決] タブを使用して競合とエラーを解決する

リスト アイテムが競合状態やエラー状態になると、リボンに [解決 (エラー ツール)] タブが表示されます。

[競合の解決] タブ

競合やエラーを解決するには、競合状態またはエラー状態のアイテムを選択し、[競合またはエラーの解決] をクリックします。リスト ツールには、この後に説明するように、アイテムが競合状態とエラー状態のどちらであるかによって異なるオプションが表示されます。

ページの先頭へ

アイテムの競合を解決する

競合状態のアイテムの場合、[競合の解決] ダイアログ ボックスが開き、アイテムのすべてのバージョンが編集者と最終更新日時と共に表示されます。

  1. 残しておくアイテムのバージョンをオンにします。

    既定では、アイテムのすべてのバージョンが最初からオンになっています。したがって、破棄するアイテムのバージョンがある場合は、そのバージョンをオフにします。オフにしたアイテムは、[OK] をクリックすると削除されます。

    アイテムのすべてのバージョンを残す場合、アイテムの競合コピーが作成され、データ ビューに表示されます。ワークスペースに最初に保存されたアイテムのバージョンが原本として表示されます。

  2. 残しておくアイテムのバージョンを決めるためにそれぞれのバージョンを確認する場合は、[詳細] をクリックします。

    ダイアログ ボックスが拡張され、選択したアイテムのコンテンツが表示されます。ダイアログ ボックスで各アイテムをクリックすると、そのコンテンツが表示されます。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

アイテムのエラーを解決する

エラー状態のアイテムの場合、[エラーの解決] ダイアログ ボックスが開き、エラー状態に応じたオプションが表示されます。

新しいアイテムを追加しようとしてエラーが発生した場合、[エラーの解決] ダイアログ ボックスには次のオプションが表示されます。

  • [エラーを修正]

  • [アイテムを削除]

フィールドに無効なデータを入力したためにエラーになることもあります。この場合、考えられるエラーの原因と推奨される解決方法を説明するエラー メッセージが表示されます。たとえば、ファイル名またはフォルダー名にサポートされていない文字を使用した場合、エラー メッセージで別の名前を使用するように勧められます。この場合、[エラーの修正] を選択して、[エラーの解決] ダイアログ ボックスを閉じ、エラーの解決を試みることができます。

エラーを修正できないと判断した場合は、アイテムを削除することもできます。

アイテムを削除しようとしてエラーが発生した場合、[エラーの解決] ダイアログ ボックスには次のオプションが表示されます。

  • [エラー アイコンを消す]

  • [再度、削除してみる]

アイテムを削除できない場合の最も多い原因は、必要なサーバー権限がないことです。アイテムを削除できるようにサーバー権限が変更された場合は、[再度、削除してみる] を選択することができます。

アイテムを編集しようとしてエラーが発生した場合、[エラーの解決] ダイアログ ボックスには次のオプションが表示されます。

  • [ローカル コピーを修正する (その後、次の同期まで待機する)]

  • サーバーのコピーを保持し、ローカルを削除する コピー

  • [サーバー側とローカル側の両方のコピーを維持する]

フィールドに無効なデータを入力したためにエラーになることもあります。この場合、考えられるエラーの原因と推奨される解決方法を説明するエラー メッセージが表示されます。たとえば、ファイル名またはフォルダー名にサポートされていない文字を使用した場合、エラー メッセージで別の名前を使用するように勧められます。この場合、[ローカル コピーを修正する] を選択して、[エラーの解決] ダイアログ ボックスを閉じ、エラーを解決することができます。

エラーを修正できないと判断した場合は、ローカル コピーを削除したり、サーバー側とローカル側の両方のコピーを維持したりすることもできます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×