リスト ツールでアイテムのプロパティを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ツールでアイテムのプロパティを表示するには、次の操作を行います。

  1. 情報を表示するアイテムを右クリックします。

  2. [プロパティ] をクリックし、[ドキュメントのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [情報] タブおよび [フィールド] タブの情報を参照します。

    • [情報] タブには、アイテムの作成や変更が行われた日時やその実行者が表示されます。

    • [フィールド] タブには、選択したアイテムで定義されているすべてのフォーム フィールドの一覧が表示されます。必要に応じて、[すべてのフィールドの表示] をクリックして、システム フィールドなど、その他のすべての種類のフィールドを表示できます。

注: この機能は、外部リストではサポートされていません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×