リスト アイテムを追加、編集、または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Windows SharePoint Services サイトには、連絡先や予定表、お知らせ、案件管理など、さまざまなリストを追加できます。リスト アイテムの追加、編集、削除は、その対象となるリストの種類に関係なく、ほぼ同じプロセスで行うことができます。

リストのアイテムを追加、編集、または削除するには、リストへの投稿権限が必要です。詳細については、サイトの所有者または管理者に問い合わせてください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

リストにアイテムを追加します。

電子メールを送信してアイテムを追加します。

リスト内のアイテムを編集します。

リスト内のアイテムを削除します。

リストにアイテムを追加する

いくつかのリストについては、その情報が、Windows SharePoint Services サイトにおける Web ページの基本構成要素、つまり Web パーツとして表示されます。たとえば、既定のホーム ページには、お知らせ、予定表、リンクなどのリストが Web パーツとして表示されます。リストが Web パーツとして表示されている場合は、実際にリストを開かなくてもアイテムをリストに追加できます。リストに新しいアイテムを追加するためのリンクが表示されない場合は、リストを開く必要があります。

  1. 次のいずれかを実行します。

    • Web パーツに、リストが表示された場合は、その他のアイテムを追加し、新しいお知らせの追加新しいイベントの追加などに使用できる Web パーツでのリンクが表示されます。新しいアイテムの追加] をクリックし、3 の手順に進みます。

    • リストがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

      リストの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストの名前をクリックします。

      1. [新規作成] メニューの [ メニューの画像 矢印をクリックし、[新しいアイテムの種類などの[新しいアイテム] をクリックします。

        その他のコンテンツ タイプが追加されているリストに新しいサポートの懸案事項または新しい仕入先など、他の選択肢が表示されます。

      ヒント: リストの既定の種類のアイテムを作成するには、[新規作成] をクリックします。[新しいアイテム] しか表示されていない場合は、それがリストの既定のアイテムになります。

  2. リスト アイテムの情報を入力します。入力必須のフィールドには、横に赤色のアスタリスクが表示されます。

  3. リスト アイテムにファイルを添付するには、[ファイルの添付] をクリックし、[参照] をクリックしてファイルを探し、[OK] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

    注記: 

    • リスト アイテムにファイルを添付できるかどうかは、リストの設定に依存します。

    • リストに複数のコンテンツ タイプが追加されている場合は、[新規作成] メニューに複数の選択肢が表示されます。

ヒント: リストの設定によっては、フォルダを作成してリスト アイテムを管理することができます。フォルダを追加するには、[新規作成] メニューの [新しいフォルダ] をクリックします。これで、Windows エクスプローラ (ハード ディスクに Microsoft Windows がインストールされている場合) でフォルダを開いてリストを管理できるようになります。

ページの先頭へ

アイテムを電子メールで追加する

ディスカッション掲示板、お知らせ、および予定表は、そのサイトが電子メールでコンテンツを受信できるようにセットアップされていれば、アイテムを電子メールで追加できるように設定できます。ブログ記事を電子メールで投稿することもできます (ただし、コメントを送信することはできません)。他のリストについても、電子メール ハンドラと呼ばれるカスタム ソリューションを使用すると、電子メールでアイテムを追加できるように設定することが可能です。

リストに電子メールを送信するためには、そのリストが電子メールを受信できるように設定されていることをあらかじめ確認し、送信先のアドレスを入手しておく必要があります。

  1. リストの電子メール アドレスを確認するには、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 電子メール プログラムのアドレス帳で検索します。電子メール アドレスが登録されていなかった場合は、リストのセットアップ担当者から入手する必要があります。入手したアドレスは、後で簡単に検索できるように、電子メール プログラムの連絡先一覧に追加しておくことをお勧めします。

    • リストのタイトルのすぐ下に、そのリストに関する説明が表示されるので、その内容を確認します。電子メール アドレスがサイトの所有者によってリストの説明として記載されている場合もあります。

    • リストの説明を見ても電子メール アドレスを確認できなかった場合、リストの設定を閲覧する権限がある場合は、リストの電子メール設定を確認します。

      1. リストがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

        リストの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストの名前をクリックします。

      2. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックします。

      3. リストが電子メールを受信できるように設定されている場合、[リスト情報] の [電子メール アドレス] の横に電子メール アドレスが表示されます。

    • SharePoint グループの電子メール アドレスを使用して、目的のリスト アイテムを電子メール メッセージとして送信します。あなたの所属している組織に、独自の電子メール リスト (SharePoint グループ) がある場合は、メンバー間で相互に電子メールを送信できます。SharePoint グループのアドレスにはリストやライブラリのアドレスを含めることもでき、その場合は、電子メールをグループのメンバーに送信すると、電子メール メッセージに添付されているファイルが自動的に Windows SharePoint Services 3.0 サイトに追加されます。

      1. 電子メール アプリケーションで、次のいずれかの方法により、送信するアイテムを準備します。

        • ディスカッション アイテムを送信またはチームのブログ (ウェブログ) にアイテムを投稿するには、メッセージの本文に内容を入力します。

        • 予定表アイテムを送信するには、電子メール アプリケーションまたは予定表アプリケーションから会議出席依頼や予定を送信します。

        • 画像、フォーム、またはドキュメントを送信するには、そのアイテムをメッセージに添付ファイルとして追加します。

        • 標準の電子メール メッセージまたは返信を送信するには、通常の電子メール メッセージと同様に、メッセージの本文に内容を入力します。

  2. [宛先] ボックスまたは [CC] ボックスに、リストのアドレスを入力します。SharePoint グループに既にリストが追加されている場合は、その SharePoint グループの電子メール アドレスを入力します。

  3. メッセージを送信します。ほとんどの電子メール アプリケーションでは、[送信] をクリックするとメッセージを送信できます。

注: 予定表アイテムを電子メールで SharePoint サイトに送信している場合、会議の詳細に変更が生じた場合は、その旨を出席者に知らせる必要があります。SharePoint サイトで会議の詳細を変更しても、変更やキャンセルなどの情報が SharePoint サイトから自動的に送信されるわけではありません。

ページの先頭へ

リスト内のアイテムを編集する

  1. リストがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    リストの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストの名前をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 対象のアイテムをポイントして、表示された矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

    • アイテムをデータシート ビューで編集するには、アイテムをデータシートで直接編集するか、データをスプレッドシート プログラムまたはデータベース プログラムにエクスポートして編集します。

      データシート ビューでは、使用しているコンピューターでMicrosoft Office Access 2007など、Windows SharePoint Services 互換データシート プログラムが必要です。

    • グラフィカル表示の予定表でイベントを編集するには、予定表でアイテムをクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。定期的なイベントをすべて編集する場合は、[定期的なアイテムの編集] をクリックします。

    • アンケートの回答を編集するには、(回答の概要表示ではなく) 回答の一覧表示画面になっていることを確認します。対象のアイテムをポイントして、表示された矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

    • ガント ビューでアイテムを編集するには、グラフ表示で対象のリスト アイテムをポイントし、表示された矢印をクリックして、[回答の編集] をクリックします。

  3. 必要な変更を行います。

  4. [OK] をクリックします。アンケートの場合は、[完了] をクリックします。

注: リストのバージョン管理が有効になっている場合は、リスト アイテムを編集するたびに新しいバージョンのリスト アイテムが作成されます。リスト アイテムの変更履歴を確認し、新しいバージョンに誤りが見つかった場合は、以前のバージョンを復元することができます。

ページの先頭へ

リスト内のアイテムを削除する

  1. リストがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    リストの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストの名前をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 対象のリスト アイテムをポイントして、表示された矢印をクリックし、[アイテムの削除] をクリックします。

      ガント ビューでアイテムを削除するには、グラフ表示で対象のリスト アイテムをポイントし、表示された矢印をクリックして、[アイテムの削除] をクリックします。

      アンケートの場合は、(回答の概要表示ではなく) 回答の一覧表示画面になっていることを確認します。対象のアイテムをポイントして、表示された矢印をクリックし、[アイテムの削除] をクリックします。

    • データシート ビューでアイテムを削除する場合は、アイテムをデータシートで直接削除するか、データをデータベース プログラムまたはスプレッドシート プログラムにエクスポートして削除します。

      データシート ビューでは、使用しているコンピューターでMicrosoft Office Access 2007など、Windows SharePoint Services 互換データシート プログラムが必要です。

    • グラフィカル表示の予定表からイベントを削除するには、予定表でアイテムをクリックし、[アイテムの削除] をクリックします。定期的なアイテムを削除するには、[定期的なアイテムの編集] をクリックし、[アイテムの削除] をクリックします。

  3. 削除の警告が表示されるので、アイテムを削除するか、ごみ箱に送ってもよい場合は、[OK] をクリックします。

注: 削除されたリスト アイテムをサイトのごみ箱に送るように管理者が設定している場合は、削除したアイテムを必要に応じて復元できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×