リストやライブラリで複数のコンテンツ タイプのサポートを有効にする

リストやライブラリで複数のコンテンツ タイプのサポートを有効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ほとんどのリストとライブラリには、複数のコンテンツ タイプを追加できます。リストまたはライブラリに対して複数のコンテンツ タイプを定義しておくと、種類が異なるドキュメントを一元的に保管するライブラリまたはリストを簡単に構築できます。たとえば、ライブラリには、プロジェクトに関係するドキュメントと画像の両方を格納できます。ライブラリの一覧では、画像ファイルは画像コンテンツ タイプに割り当てられた情報を含む列を持ち、ドキュメントはドキュメント コンテンツ タイプに割り当てられた列を持ちます。

さまざまなコンテンツ タイプをリストまたはライブラリに追加できるようにするには、その前に複数のコンテンツ タイプのサポートを有効にする必要があります。

  1. 複数の種類を有効するライブラリに移動します。これを行うには、ページまたはサイド リンク バーで、複数のコンテンツ タイプを有効にするライブラリのタイトルをクリックします。タイトルがない場合、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックし、ライブラリをクリックします。

    注: Wiki ライブラリでは複数のコンテンツ タイプを有効にすることはできません。

  2. [設定 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します ]、[ライブラリの設定] を順にクリックします。

    これらのメニュー項目が表示されない場合は、リボンの [ライブラリ] をクリックし、次をクリックします。

    [設定] グループの [ライブラリの設定]。

  3. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  4. [コンテンツ タイプ] セクションで、[コンテンツ タイプの管理を許可する] に対して [はい] をクリックします。

    詳細設定の [コンテンツ タイプの管理を許可する] ボタン
  5. [OK] をクリックします (表示されない場合、ページを下にスクロールしてください)。

  1. 複数の種類を有効するリストに移動します。これを行うには、ページまたはサイド リンク バーでリストのタイトルをクリックします。タイトルがない場合、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックし、リストをクリックします。

  2. リボンの [リスト] をクリックします。

  3. [設定] グループの [リストの設定] をクリックします。

  4. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  5. [コンテンツ タイプ] セクションで、[コンテンツ タイプの管理を許可する] に対して [はい] をクリックします。

    詳細設定の [コンテンツ タイプの管理を許可する] ボタン
  6. [OK] をクリックします (表示されない場合、ページを下にスクロールしてください)。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×