リストまたはライブラリの [エンタープライズ メタデータとキーワードの設定] を構成する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

エンタープライズ キーワードを使うかどうかは、リストまたはライブラリ レベルで設定できます。 また、特定のリストまたはライブラリの管理メタデータ列またはエンタープライズ キーワード列に追加された値をソーシャル タグとして共有するかどうかも管理できます。

この記事の内容

リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

メタデータの発行を設定する

リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

エンタープライズ キーワードは、SharePoint サイトのアイテムに追加される単語または語句です。 エンタープライズ キーワードは、用語ストアの管理ツールで分類されている階層構造でない独立した用語セットで、キーワード セットと呼ばれます。 ユーザーは通常、単語や語句をキーワードとしてアイテムに追加するので、エンタープライズ キーワードは、フォークソノミー形式のタグ付けに使用できます。 用語ストアの管理者またはメタデータの管理に必要な権限を持ったその他の個人は、キーワードが特定の用語セットで利用できるようになった時点で、そのキーワードをキーワード用語セットから管理された特定の用語セットに移動できます。 また、用語ストア管理者は、キーワード セットを閉じておくように設定し、ユーザーが新しいキーワードを送信できないようにして、既存のキーワードまたは既存の用語セットの管理された用語のみに使用を限定することもできます。 リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加すると、サイト ユーザーは、リストまたはライブラリに保存されているアイテムのキーワードの値を入力できるようになります。 サイトのキーワード用語セットが開くように設定されていると、ユーザーはこの列に任意のテキスト値を追加できます。

キーワードの入力を始めると、利用可能な用語と既存のキーワードが提案されます。

ユーザーが入力するキーワードは、他のユーザーやアプリケーションと共有されるので、ユーザーがエンタープライズ キーワード列の値を更新したり、アイテムにソーシャル タグを追加したりするときに、他のユーザーに知らせることができます。

さらに、ライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加した場合、ドキュメントがライブラリにアップロードされると、ドキュメントに関連付けられた既存のドキュメント タグがエンタープライズ キーワード列にコピーされるので、従来からある既存のキーワード フィールドと管理メタデータ機能が同期されます。

  1. エンタープライズ キーワード列を追加するリストまたはライブラリに移動します。

  2. リボンの [リスト] または [ライブラリ] タブで、[リストの設定] または [ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [権限と管理] の [エンタープライズ メタデータとキーワードの設定] をクリックします。

  4. [エンタープライズ キーワードの追加] セクションで、[このリストにエンタープライズ キーワード列を追加し、キーワードの同期を有効にします] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

メタデータの発行を設定する

リストまたはライブラリの管理メタデータ列またはエンタープライズ キーワード列に追加された用語やキーワードをソーシャル タグのキーワードとして使用できるようにするかどうかを制御できます。 リストに機密情報を含めるように設定していて、管理メタデータ列またはエンタープライズ キーワード列に一般に公開したくない値が含まれている可能性がある場合は、メタデータの発行を無効にすることができます。

注:  既定では、ローカルの用語セット (特定のサイト コレクションで作成された用語セット) の用語は、メタデータの発行からは除外されます。 ローカル用語セットは、ソーシャル タグで使用することも、エンタープライズ キーワードとして使用することもできません。

  1. メタデータの発行を構成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. リボンの [リスト] または [ライブラリ] タブで、[リストの設定] または [ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [権限と管理] の [エンタープライズ メタデータとキーワードの設定] をクリックします。

  4. [メタデータの発行] セクションの [このリストのメタデータをソーシャル タグとして保存する] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 管理メタデータ フィールドおよびエンタープライズ キーワード フィールドの値をソーシャル タグや個人用サイトのプロファイルに発行するには、このチェック ボックスをオンにします。

    • 管理メタデータ フィールドおよびエンタープライズ キーワード フィールドの値をソーシャル タグや個人用サイトのプロファイルに公開されないようにするには、このチェック ボックスをオフにします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×