リストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する

リストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト リストおよびライブラリのバージョン管理を有効にすると、情報の変更をトラックおよび管理できます。必要に応じて、以前のバージョンを参照して復元できます。たとえば、アイテムの前のバージョンの方が新しいアイテムより正確である可能性がある場合があります。法律上の理由または監査のために、複数のバージョンのアイテムをリストに保持する組織もあります。

バージョン管理を有効にして構成するときに、アイテムを編集するたびにそのバージョンを保持できます。その場合、保持するバージョンの数、すべてのサイト ユーザーがすべての下書きバージョンを表示できるようにするか、作成者および組織内の特定のユーザーのみが下書きバージョンを表示できるようにするかを決定する必要があります。

既定では、バージョン管理機能が有効で SharePoint Server の 2016年ドキュメント ライブラリとリストの集計を行わないです。オフにするにはをフル コントロール権限またはデザイン権限をいずれかが必要です。

お客様のフィードバック該当年 2017年 7 月を更新します。

SharePoint Online のリストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する

  1. バージョン管理を有効にするリストまたはライブラリに移動します。

  2. [設定] 歯車形の設定ボタン をクリックし、[ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

    [ライブラリの設定] が選択されている [設定] メニュー または 設定メニュー、リストの設定が強調表示されている

  3. [設定] ページで [バージョン設定] をクリックします。

    [バージョン管理] が選択されている [ライブラリの設定] ダイアログ。
  4. [バージョン設定] ページでは、次の設定が使用できます。

    • ドキュメント ライブラリの場合

      [バージョン管理] の選択肢を含むダイアログ ボックス
      • 送信されたアイテムに対するコンテンツの承認を必須にする。

      • メジャー バージョンのみ]、またはメジャーおよびマイナー バージョンを使用してこのドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成します。

      • 保持するバージョンの数と下書きを制限する。

      • 下書きのアイテムを表示できるユーザーを設定する。

      • ドキュメントを編集する前にチェックアウトを必須とする。

    • リストの場合

      • 送信されたアイテムに対するコンテンツの承認を必須にする。

      • リスト内のアイテムを編集するごとに新しいバージョンを作成する。

      • 保持するバージョンの数と下書きを制限する。

      • リスト内の下書きのアイテムを表示できるユーザーを設定する。

  5. [OK] をクリックします。

SharePoint Online のリストまたはライブラリでのバージョン管理を無効にするには

有効にする手順と同じですが、[バージョン設定] ページで [バージョンを管理しない] をクリックします。[コンテンツの承認が必要] で [いいえ] をオンにしても無効にできます。

SharePoint Online のリストまたはライブラリで以前のバージョンを表示、復元、または削除するには

旧バージョンのドキュメントを復元するには、次の手順を実行します。

  1. 履歴を表示するアイテムまたはドキュメントの一覧またはライブラリに移動します。

  2. 履歴を表示するアイテムの横にある省略記号 (...) をクリックします。

  3. [バージョン履歴] をクリックします。

    バージョン履歴が強調表示されているドキュメント ライブラリの右クリック メニュー

    [バージョン履歴] が表示されない場合、その他をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

  4. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、旧バージョンの日付リンクにマウス ポインターを移動し、下矢印をクリックしてメニューを表示します。

    バージョンのドロップダウン ダイアログ ボタン
  5. メニューでは、次の操作を実行できます。

    バージョン アイテムのメニュー
    • [表示]: 現在のドキュメントを表示します。編集、復元、または削除できるダイアログが表示され、現在の承認の状況も表示されます。

    • [復元]: ドキュメントを復元します。このオプションを選ぶと、そのバージョンを現在承認されているドキュメントとするかどうかの確認メッセージが表示されます。実行すると、新しいバージョンとして追加されます。

    • [削除]: ドキュメントを削除します。このオプションを選ぶと、アイテムをごみ箱に送信するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

    • [このバージョンを却下]: [削除] ではなく、承認済みのドキュメントについてのみ表示されます。

  6. 完了したら、右上隅にある [X] をクリックします。

SharePoint 2016 または 2013 のリストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する

  1. バージョン管理を有効にするリストまたはライブラリに移動します。

  2. リボンで、[ライブラリ] または [リスト] をクリックします。

    リボンのライブラリと参照タブ または リボンで選択されたリスト タブ

  3. [設定] グループで [ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

    SharePoint のリボンの [ライブラリの設定] ボタン または リボン上の [リストの設定]

  4. [設定] ページで [バージョン設定] をクリックします。

    [バージョン管理] が選択されている [ライブラリの設定] ダイアログ。
  5. [バージョン設定] ページでは、次の設定が使用できます。

    • ドキュメント ライブラリの場合

      [バージョン管理] の選択肢を含むダイアログ ボックス
      • 送信されたアイテムに対するコンテンツの承認を必須にする。

      • [このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する] で、メジャー バージョンのみ、またはメジャー バージョンとマイナー バージョンのいずれかを選ぶ。

      • 保持するバージョンの数と下書きを制限する。

      • 下書きのアイテムを表示できるユーザーを設定する。

      • ドキュメントを編集する前にチェックアウトを必須とする。

    • リストの場合

      • 送信されたアイテムに対するコンテンツの承認を必須にする。

      • リスト内のアイテムを編集するごとに新しいバージョンを作成する。

      • 保持するバージョンの数と下書きを制限する。

      • リスト内の下書きのアイテムを表示できるユーザーを設定する。

  6. [OK] をクリックします。

SharePoint 2016 または 2013 のリストまたはライブラリのバージョン管理を無効にするには

有効にする手順と同じですが、[バージョン設定] ページで [バージョンを管理しない] をクリックします。[コンテンツの承認が必要] で [いいえ] をオンにしても無効にできます。

旧バージョンを表示、復元、または削除するには

旧バージョンのドキュメントを復元するには、次の手順を実行します。

  1. 履歴を表示するアイテムまたはドキュメントの一覧またはライブラリに移動します。

  2. リボンで [ファイル] または [アイテム] をクリックします。リボンがない場合は、履歴を表示するアイテムの横にある省略記号 (...) をクリックします。

  3. [バージョン履歴] をクリックします。

    [バージョン履歴] が強調表示されているファイル タブ

    [バージョン履歴] が表示されない場合、ダイアログの省略記号 (...) をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

  4. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、旧バージョンの日付リンクにマウス ポインターを移動し、下矢印をクリックしてメニューを表示します。

    バージョンのドロップダウン ダイアログ ボタン
  5. メニューでは、次の操作を実行できます。

    バージョン アイテムのメニュー
    • [表示]: 現在のドキュメントを表示します。編集、復元、または削除できるダイアログが表示され、現在の承認の状況も表示されます。

    • [復元]: ドキュメントを復元します。このオプションを選ぶと、そのバージョンを現在承認されているドキュメントとするかどうかの確認メッセージが表示されます。実行すると、新しいバージョンとして追加されます。

    • [削除]: ドキュメントを削除します。このオプションを選ぶと、アイテムをごみ箱に送信するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

    • [このバージョンを却下]: [削除] ではなく、承認済みのドキュメントについてのみ表示されます。

  6. 完了したら、右上隅にある [X] をクリックします。

SharePoint 2010 のリストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する

リストまたはライブラリのバージョン管理を有効にして構成するには、次の手順を実行します。

  1. 作業するリストまたはライブラリに移動します。クイック起動ウィンドウに名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツ] をクリックして、リストまたはライブラリの名前を選択します。

  2. リボンの [リスト ツール] または [ライブラリ ツール] グループで、[リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックします。

  3. [リストの設定] または [ライブラリの設定] をクリックします。

    SharePoint リボンの [リストの設定] ボタン または SharePoint Foundation の [ライブラリ] リボンの [ライブラリの設定] ボタン

    [リストの設定] または [ライブラリの設定] ページが開きます。

  4. [全般設定] で [バージョン設定] をクリックします。

    設定の下で、バージョン管理の設定を選択する

    [バージョン設定] ダイアログ ボックスが開きます。

    メジャー バージョンとマイナー バージョンを設定し、承認を必須にして、アイテムを表示できるユーザーを指定し、チェックアウトを必須にします。
  5. 次のいずれかの操作を行います。

    ドキュメント ライブラリの場合、[アイテムのバージョン履歴] セクションの [このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する] で、メジャー バージョンのみ、またはメジャー バージョンとマイナー バージョンのいずれかを選択します。

    リストの場合、[アイテムのバージョン履歴] セクションの [このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する] で、[はい] を選択します。

  6. オプション: リストに保持するバージョンの数を選びます。

  7. オプション: リストの場合、下書きを保持する承認済みバージョンの数を選びます。このオプションは、[コンテンツの承認] セクションで [はい] を選んだ場合に使用できます。

    ライブラリの場合は、[次の数のメジャー バージョンの下書きを保存する] で数を設定します。

  8. オプション: アイテムの下書きを表示できるユーザーを決めます。リストではこのオプションは、[コンテンツの承認] セクションで [送信されたアイテムに対するコンテンツの承認を必須にする] が [はい] に設定されている場合にのみ使用できます。

    次のいずれかを選びます。

    • [アイテムを閲覧できるすべてのユーザー]: サイトの読み取り権限を持つすべてのユーザーのアクセスを許可します。

    • [アイテムを編集できるユーザー]: 下書きの表示を編集権限を持つユーザーのみに制限します。

    • [アイテムの作成者およびアイテムを承認できるユーザー]: アイテムの元の作成者、およびリスト内のアイテムを承認する権限を持つユーザーのみに表示を制限します。

  9. [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、[設定] ページに戻ります。

ページの先頭へ

SharePoint 2010 のリストまたはライブラリのバージョン管理を無効にする

バージョン管理を有効にするのと同じ手順に従いますが、次のいずれかの操作を行います。

ドキュメント ライブラリの場合、[アイテムのバージョン履歴] セクションの [このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する] で、[バージョンを管理しない] を選びます。

リストの場合、[アイテムのバージョン履歴] セクションの [このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する] で、[いいえ] を選択します。

[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint 2010 のリストまたはライブラリでバージョンを表示、復元、または削除する

  1. 履歴を表示するアイテムまたはドキュメントの一覧またはライブラリに移動します。

  2. バージョン履歴を表示したいドキュメントまたはアイテムの横にある下矢印をクリックして、[バージョン履歴] をクリックします。

    バージョン履歴が強調表示されているドキュメントのドロップダウン メニュー
  3. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、旧バージョンの日付リンクにマウス ポインターを移動し、下矢印をクリックしてメニューを表示します。

    バージョンと [表示] が強調表示されているドロップダウン
  4. メニューでは、次の操作を実行できます。

    • [表示]: 現在のドキュメントを表示します。編集、復元、または削除できるダイアログが表示され、現在の承認の状況も表示されます。

      SharePoint 2010 のバージョン履歴のダイアログ ボックス

      [表示] ダイアログ ボックスから編集することもできますが、通常は無効になっています。編集するには、ファイルまたはアイテムのドロップダウン メニューから [プロパティの編集] を選びます。

    • [復元]: ドキュメントを復元します。このオプションを選ぶと、そのバージョンを現在承認されているドキュメントとするかどうかの確認メッセージが表示されます。実行すると、新しいバージョンとして追加されます。

      [復元] が強調表示されているバージョンのドロップダウン
    • [削除]: ドキュメントを削除します。このオプションを選ぶと、アイテムをごみ箱に送信するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

      バージョンで [削除] が強調表示されたバージョン履歴
    • [このバージョンの発行を停止] は、ドキュメントまたはアイテムで承認と発行を使用している場合に表示されます。

      [発行取り消し] が強調表示されているバージョン管理のドロップダウン
  5. 完了したら、バージョンのダイアログ ボックスがまだ閉じていない場合は、右上隅の [X] をクリックします。

SharePoint 2007 でアイテムのバージョン管理を有効にする

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

    1. 設定 設定メニュー ] をクリックし、[リストの設定] または [ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

      [設定] メニューから、ドキュメント ライブラリの設定オプションを選択
  2. [全般設定] で [バージョン設定] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    バージョン管理、承認、およびチェックインの要求をオンにするバージョン管理の設定
    • リスト アイテムの場合、バージョンの追跡を指定するには、[アイテムのバージョン履歴] セクションで [このリストのアイテムを編集するたびにバージョンを作成する] をクリックします。

    • ファイルの場合、1 種類のバージョンだけを追跡することを指定するには、[ドキュメントのバージョン履歴] セクションで [メジャー バージョンを作成する] をクリックします。

    • ファイルの場合、メジャー バージョンとマイナー バージョンの両方を追跡することを指定するには、[ドキュメントのバージョン履歴] セクションで [メジャーとマイナー (下書き) バージョンを作成する] をクリックします。

  4. 保持するアイテムまたはファイルのバージョンの数を指定することができます。[アイテムのバージョン履歴] セクションまたは [ドキュメントのバージョン履歴] セクションで次のいずれかの操作を行います。

    • 保存するリスト アイテムのバージョンの数を指定するには、[次の数のバージョンを保存する] チェック ボックスをオンにして、保持するバージョンの数を入力します。

    • 保存するドキュメント ファイルのメジャー バージョンの数を指定するには、[次の数のメジャー バージョンを保存する] チェック ボックスをオンにして、保持するメジャー バージョンの数を入力します。

    • 保存するマイナー バージョンの数を指定するには、[次の数のメジャー バージョンを保存する] チェック ボックスをオンにして、下書き (マイナー バージョン) を保持するメジャー バージョンの数を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

SharePoint 2007 でアイテムのバージョン管理を無効にする

バージョン管理を有効にするのと同じ手順に従いますが、[バージョン設定] ダイアログ ボックスで [バージョンを管理しない] をクリックします。

バージョン管理と承認がオフになっている

SharePoint 2007 のリストまたはライブラリでバージョンを表示、復元、または削除する

  1. 履歴を表示するアイテムまたはドキュメントの一覧またはライブラリに移動します。

  2. バージョン履歴を表示したいドキュメントまたはアイテムの横にある下矢印をクリックして、[バージョン履歴] をクリックします。

    バージョン履歴が強調表示されているドキュメントのドロップダウン メニュー
  3. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、旧バージョンの日付リンクにマウス ポインターを移動し、下矢印をクリックしてメニューを表示します。

    バージョンと [表示] が強調表示されているドロップダウン
  4. メニューでは、次の操作を実行できます。

    • [表示]: 現在のドキュメントを表示します。編集、復元、または削除できるダイアログが表示され、現在の承認の状況も表示されます。

      [バージョン] ダイアログを表示する

      [表示] ダイアログ ボックスから、アイテムを削除または復元するか、バージョン履歴に戻ります。

    • [復元]: ドキュメントを復元します。このオプションを選ぶと、そのバージョンを現在承認されているドキュメントとするかどうかの確認メッセージが表示されます。実行すると、新しいバージョンとして追加されます。

      ファイルで [復元] が強調表示されているバージョン管理のドロップダウン
    • [削除]: ドキュメントを削除します。このオプションを選ぶと、アイテムをごみ箱に送信するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

      [削除] オプションが強調表示されたファイルのバージョン管理のドロップダウン
    • [このバージョンの発行を停止] は、ドキュメントまたはアイテムで承認と発行を使用している場合に表示されます。

      [このバージョンの発行を停止] オプションが強調表示されている発行済みファイルのドロップダウン
  5. 完了したら、バージョンのダイアログ ボックスがまだ閉じていない場合は、右上隅の [X] をクリックします。

バージョン管理に影響を与えるその他の設定

バージョン管理に影響を与えるその他の設定を構成することができます。リストまたはライブラリで、コンテンツの承認を必須にすることができます。この設定は、コンテンツ モデレートと呼ばれることもあります。ライブラリで、ファイルのチェックアウトを必須にすることができます。これは、変更の競合を回避するのに役立ち、ファイルをチェックインするときに、ユーザーにそのファイルに関するコメントを入力するように促します。

これらの設定の詳細については、「リストまたはライブラリでのバージョン管理のしくみ」を参照してください。

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? お役に立った場合は、このページの最下部でお知らせください。お役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。ご使用の SharePoint のバージョン、OS、ブラウザーも含めてください。皆様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

関連トピック

ファイルのチェック アウトを必須にするライブラリを設定する
バージョン管理のしくみをリストまたはライブラリのですか?

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×