リストまたはライブラリのデータを計算する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

さまざまな方法でデータを計算するのには、数式とSharePointリストまたはライブラリで関数を使用できます。リストまたはライブラリに集計列を追加すると、その他の列のデータを含む、数式を実行する、またはテキストを操作する日付と時刻を計算する関数を実行する数式を作成できます。たとえば、[タスク リストでは、開始日と終了日の列に基づく、各タスクを完了するのにまでの日数を計算するのに列を使用することができます。

注: このトピックでは、リストとライブラリの計算列を操作する方法について説明します。 関数の書式や、追加の使用例などの詳細については、 SharePoint リストの一般的な数式の例を参照してください。

リストまたはライブラリに集計列を追加する

リストまたはライブラリで数式を使用するには、リストまたはライブラリに集計列を追加する必要があります。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. [設定] メニュー 設定メニュー で、[列の作成] をクリックします。

  3. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  4. この列の情報の種類 計算 (その他の列に基づいて計算結果)をクリックします。

  5. 列の追加設定] セクションで、[] ボックスで使用する数式を入力します。[列の挿入] ボックスから項目を選択し、数式に関数、定数、および演算子を追加できます。数式の例については、 SharePoint リストの一般的な数式の例を参照してください。

  6. 数式によって返されるデータ型を選択し、[ OK] をクリックします。

注: サイト内の集計列の数式では、同じリストまたはライブラリでは、その他のサイト列のみを参照できます。したがって、リストまたはライブラリにサイト内の集計列を追加する場合は、参照されているサイト内の列を数式内に追加する必要がありますもします。詳細については、この記事のことを他のリストまたはライブラリの利用可能な計算列を参照してください。

ページの先頭へ

他のリストまたはライブラリで集計列を利用できるようにする

複数のリストまたはライブラリでよく使用する数式がある場合は、サイト内の列のリストに集計列を追加できます。これにより、サイトやサブサイトの任意のリストまたはライブラリで集計列およびその数式を利用できるようになります。たとえば、[Start Date] 列の値から 30 日後の日付を返す数式 (=[Start Date]+30) を使って、[Expiration Date] 列という名前の集計列を作成できます。この数式は再利用が可能であり、各リストまたはライブラリで再度作成する必要はありません。

注: 

  • サイト内の集計列の数式では、同じリストまたはライブラリでは、その他のサイト列のみを参照できます。したがって、リストまたはライブラリにサイト内の集計列を追加する場合は、参照されているサイト内の列を数式内に追加する必要がありますもします。前の例では、有効期限日と開始日] サイト内の列の両方をリストに追加する必要があります。

  • サイト内の新たな集計列でリストの他の列を参照する必要がある場合、この数式を使用するには、あらかじめ参照先の列をサイト内に追加しておく必要があります。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタン イメージ の [サイトの設定] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューをカスタマイズしたサイトで、[サイトの設定] をポイントし、表示する設定をクリックします。

  1. [ギャラリー] 列で、[サイト内の列] をクリックします。

  2. リストのツールバーの [作成] をクリックします。

  3. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  4. この列の情報の種類 計算 (その他の列に基づいて計算結果)をクリックします。

  5. 列の追加設定] セクションで、[] ボックスで使用する数式を入力します。列の挿入] ボックスから他のサイト列を選択し、数式に関数、定数、および演算子を追加できます。数式の例については、 SharePoint リストの一般的な数式の例を参照してください。

  6. 数式によって返されるデータ型を選択し、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリにサイト内の集計列を追加する

サイト内の集計列を作成した後で、サイトやサブサイトの任意のリストまたはライブラリにその集計列を追加できます。

注: 個々のリストまたはライブラリで列の数式を編集した場合、数式に対する変更は、そのリストまたはライブラリにのみ適用されます。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

    1. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

      たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

  2. [] で、[サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

  3. [列の選択] セクションの [サイト内の列の選択元] ボックスの一覧で、サイト内の列を含むグループをクリックします。

  4. [利用可能なサイト内の列] ボックスの一覧で、リストに追加する列をクリックし、[追加] をクリックします。

    注: 追加するサイト内の集計列でサイト内の他の列が使用されている場合は、その列もリストに追加する必要があります。リストまたはライブラリに他の列を表示する必要がない場合は、後でこれらの列を非表示にできます。

  5. 追加した列がリストの既定のビューに表示されないようにするには、[既定のビューに追加する] チェック ボックスをオフにします。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×