リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類

リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online

SharePoint web ブラウザーまたはOneDrive の同期クライアントを使用してに、次の種類のファイルをアップロードすることができますが、サイトを使用すると、カスタム スクリプトを実行しない限り、それらは機能しません。既定では、カスタム スクリプトは、Office 365 のグループがあるユーザーが作成したサイトでブロックされます。グローバル管理者またはSharePoint管理をしている、組織の場合は、次を参照してください。できるようにするカスタム スクリプトをするかどうかカスタム スクリプトの設定を変更する方法について説明します。

ファイル拡張子

ファイルの種類

.aspx

ASP.NET Active Server Page

.asmx

ASP.NET Web サービス ソース ファイル

.ascx

ASP.NET Web ユーザー コントロール ファイル

.master

ASP.NET マスター Web ページ

.xap

Windows Phone インストール

.swf

ShockWave Flash

.jar

Java アーカイブ

.xsf

Office InfoPath フォーム定義ファイル

.htc

HTML コンポーネント ファイル

管理者は、サイト上のカスタム スクリプトを許可している場合は、上記のファイルの種類でスクリプトを実行する「ページの追加とカスタマイズ」アクセス許可 (デザイン、フル コントロール アクセス許可レベルの一部) する必要があります。権限の詳細については、 SharePoint のアクセス許可レベルを理解するを参照してください。

OneDrive の同期クライアントによって制限されるファイル名の一覧を参照してくださいファイルとフォルダーを同期する際の制限事項。)

SharePoint Server 2016のファイルの種類がブロックされています。

特定の種類のファイルをリストまたはSharePoint Server 2016上のライブラリにアップロードすることはできませんがあります。既定では、 SharePointは、これらのファイルの種類をブロックします。たとえば、.asp がブロックされるファイル拡張子の一覧にある場合は、"newpage.asp"という名前のファイルがブロックされます。

ファイル拡張子のバリエーションもブロックされます。次の一覧に、同じファイルのさまざまな表現方法を示します。拡張子 .hta がブロックされるファイル拡張子のリストにある場合、これらすべてがブロックされます。

  • filename.hta

  • filename.hta.

  • filename.hta.{3050F4D8-98B5-11CF-BB82-00AA00BDCE0B}

  • filename.hta::$DATA

注: これらのリストは、SharePoint がブロックする標準のファイルです。管理者は、ブロックするその他の種類のファイルを追加できます。ここに表示されていないファイルの種類を探す場合は、SharePoint 管理者またはマネージャーにお問い合わせください。

新しいSharePoint Server 2016展開の既定の場合にブロックされるファイルの種類です。

変更または追加する方法について説明ファイルでは、追加または削除の種類のファイルを参照してください。

ファイル拡張子

ファイルの種類

.ashx

ASP.NET Web ハンドラー ファイル。 Web ハンドラーは、ASP.NET が受信した未処理の HTTP 要求を処理するソフトウェア モジュールです。

.asmx

ASP.NET Web サービス ソース ファイル

.json

JavaScript Object Notation ファイル

.soap

Simple Object Access Protocol ファイル

.svc

Windows Communication Foundation (WCF) サービス ファイル

.xamlx

Visual Studio ワークフロー サービス ファイル

かっこを含むファイル名 (例: filename.{doc}) は自動的にブロックされます。

追加またはSharePoint Server 2016にブロックされるファイルを削除します。

ファーム管理者権限が与えられている場合、ブロックするファイルの種類を追加または削除できます。

  1. SharePoint 全体管理を開きます。

  2. [セキュリティ] をクリックし、[ブロックするファイルの種類の定義] をクリックします。

    全体管理セキュリティからブロックされるファイルを設定する
  3. Web アプリケーションを変更するには、[Web アプリケーション] の隣にあるリンクをクリックし、[Web アプリケーションの変更] をクリックします。

    Web アプリ オプションを変更する

    [Web アプリケーションの選択] ダイアログで、アプリをクリックします。

    Web アプリの変更ページから Web アプリを選択する
  4. [ブロックするファイルの種類] ページで、次のいずれかを実行します。

    ブロックするファイルを追加するには、ファイル拡張子を 1 行につき 1 個入力します (ピリオドを付けます)。

    ファイルのブロックを停止するには、そのファイル拡張子を選択し、Del キーを押します。

    ブロックされるファイルの一覧

    ファイルを間違って削除した場合、Ctrl + Z キーを押すと元に戻ります。

    注: ファイル名拡張子をアルファベット順にリストに入力する必要はありません。次にリストを開くと、追加したファイル名拡張子はアルファベット順に正しく並べ替えられています。

  5. [OK] をクリックします。

特定の種類のファイルをリストまたはSharePoint Server 2013とSharePoint Server 2010上のライブラリにアップロードすることはできませんがあります。既定では、 SharePointは、これらのファイルの種類をブロックします。たとえば、.asp がブロックされるファイル拡張子の一覧にある場合は、"newpage.asp"という名前のファイルがブロックされます。

ファイル拡張子のバリエーションもブロックされます。次の一覧に、同じファイルのさまざまな表現方法を示します。拡張子 .hta がブロックされるファイル拡張子のリストにある場合、これらすべてがブロックされます。

  • filename.hta

  • filename.hta.

  • filename.hta.{3050F4D8-98B5-11CF-BB82-00AA00BDCE0B}

  • filename.hta::$DATA

注: これらのリストは、SharePoint がブロックする標準のファイルです。管理者は、ブロックするその他の種類のファイルを追加できます。ここに表示されていないファイルの種類を探す場合は、SharePoint 管理者またはマネージャーにお問い合わせください。

SharePoint Foundation とSharePoint Server 2013SharePoint Server 2010ブロックされるファイルの種類

SharePoint FoundationまたはSharePoint Server 2013とSharePoint Server 2010のオンプレミス展開については、サーバー管理者が追加したり、ファイルの種類をブロックするファイルの種類の一覧から削除できます。いずれか、次の記事を参照してくださいSharePoint Serverサイトの種類をブロックするファイルを操作する方法の詳細については、のSharePointのバージョンに応じてがあります。

SharePoint のオンプレミスの展開では、次のファイルの種類が既定でブロックされます。

変更または追加する方法について説明ファイルでは、追加または削除の種類のファイルを参照してください。

ファイル拡張子

ファイルの種類

.ade

Microsoft Access プロジェクト拡張子

.adp

Microsoft Access プロジェクト

.asa

ASP 宣言ファイル

.ashx

ASP.NET Web ハンドラー ファイル。 Web ハンドラーは、ASP.NET が受信した未処理の HTTP 要求を処理するソフトウェア モジュールです。

.asmx

ASP.NET Web サービス ソース ファイル

.asp

Active Server Pages

.bas

Microsoft Visual Basic クラス モジュール

.bat

バッチ ファイル

.cdx

複合インデックス

.cer

証明書ファイル

.chm

コンパイル済み HTML ヘルプ ファイル

.class

Java クラス ファイル

.cmd

Microsoft Windows NT コマンド スクリプト

.com

Microsoft MS-DOS プログラム

.config

構成ファイル

.cnt

ヘルプの目次ファイル

.cpl

コントロール パネル エクステンション

.crt

セキュリティ証明書

.csh

スクリプト ファイル

.der

DER 証明書ファイル

.dll

Windows ダイナミックリンク ライブラリ

.exe

実行可能ファイル

.fxp

Microsoft Visual FoxPro コンパイル済みプログラム

.gadget

Windows ガジェット

.grp

SmarterMail グループ ファイル

.hlp

ヘルプ ファイル

.hpj

Hemera Photo Objects イメージ ファイル

.hta

HTML プログラム

.htr

スクリプト ファイル

.htw

HTML ドキュメント

.ida

Internet Information Services ファイル

.idc

インターネット データベース コネクタ ファイル

.idq

インターネット データ クエリ ファイル

.ins

インターネット ネーム サービス

.isp

インターネット通信設定

.its

インターネット ドキュメント セット ファイル

.jse

JScript エンコード済みスクリプト ファイル

.json

JavaScript Object Notation ファイル

.ksh

Korn Shell スクリプト ファイル

.lnk

ショートカット

.mad

ショートカット

.maf

ショートカット

.mag

ショートカット

.mam

ショートカット

.maq

ショートカット

.mar

ショートカット

.mas

Microsoft Access ストアド プロシージャ

.mat

ショートカット

.mau

ショートカット

.mav

ショートカット

.maw

ショートカット

.mcf

マルチメディア コンテナー形式

.mda

Microsoft Access アドイン プログラム

.mdb

Microsoft Access プログラム

.mde

Microsoft Access MDE データベース

.mdt

Microsoft Access データ ファイル

.mdw

Microsoft Access ワークグループ

.mdz

Microsoft Access ウィザード プログラム

.ms-one-stub

Microsoft OneNote スタブ

.msc

Microsoft Common Console ドキュメント

.msh

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.msh1

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.msh1xml

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.msh2

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.msh2xml

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.mshxml

Microsoft Agent スクリプト ヘルパー

.msi

Microsoft Windows インストーラー パッケージ

.msp

Windows インストーラー更新パッケージ ファイル

.mst

Visual Test ソース ファイル

.ops

Microsoft Office プロファイル設定ファイル

.pcd

Photo CD イメージまたは Microsoft Visual Test コンパイル済みスクリプト

.pif

MS-DOS プログラムへのショートカット

.pl

Perl スクリプト

.prf

システム ファイル

.prg

プログラム ソース ファイル

.printer

プリンター ファイル

.ps1

Windows PowerShell Cmdlet ファイル

.ps1xml

Windows PowerShell ディスプレイ構成ファイル

.ps2

Windows PowerShell Cmdlet ファイル

.ps2xml

Windows PowerShell ディスプレイ構成ファイル

.psc1

Windows PowerShell コンソール ファイル

.psc2

Windows PowerShell コンソール ファイル

.pst

Microsoft Outlook 個人用フォルダー ファイル

.reg

登録エントリ

.rem

ACT! データベース メンテナンス ファイル

.scf

Windows エクスプローラー コマンド ファイル

.scr

スクリーン セーバー

.sct

スクリプト ファイル

.shb

Windows ショートカット

.shs

シェル スクラップ オブジェクト

.shtm

サーバー側ディレクティブを含んでいる HTML ファイル

.shtml

サーバー側ディレクティブを含んでいる HTML ファイル

.soap

Simple Object Access Protocol ファイル

.stm

サーバー側ディレクティブを含んでいる HTML ファイル

.svc

Windows Communication Foundation (WCF) サービス ファイル

.url

Uniform Resource Locator (インターネット ショートカット)

.vb

Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) ファイル

.vbe

VBScript エンコード済みスクリプト ファイル

.vbs

VBScript ファイル

.vsix

Visual Studio エクステンション

.ws

Windows スクリプト ファイル

.wsc

Windows スクリプト コンポーネント

.wsf

Windows スクリプト ファイル

.wsh

Windows スクリプト ホスト設定ファイル

.xamlx

Visual Studio ワークフロー サービス ファイル

かっこを含むファイル名 (例: filename.{doc}) は自動的にブロックされます。

追加またはSharePoint Server 2013とSharePoint Server 2010ブロックされているファイルを削除します。

ファーム管理者権限が与えられている場合、ブロックするファイルの種類を追加または削除できます。

  1. SharePoint 全体管理を開きます。

  2. [セキュリティ] をクリックし、[ブロックするファイルの種類の定義] をクリックします。

    全体管理セキュリティからブロックされるファイルを設定する
  3. Web アプリケーションを変更するには、[Web アプリケーション] の隣にあるリンクをクリックし、[Web アプリケーションの変更] をクリックします。

    Web アプリ オプションを変更する

    [Web アプリケーションの選択] ダイアログで、アプリをクリックします。

    Web アプリの変更ページから Web アプリを選択する
  4. [ブロックするファイルの種類] ページで、次のいずれかを実行します。

    ブロックするファイルを追加するには、ファイル拡張子を 1 行につき 1 個入力します (ピリオドを付けます)。

    ファイルのブロックを停止するには、そのファイル拡張子を選択し、Del キーを押します。

    tk

    ファイルを間違って削除した場合、Ctrl + Z キーを押すと元に戻ります。

    注: ファイル名拡張子をアルファベット順にリストに入力する必要はありません。次にリストを開くと、追加したファイル名拡張子はアルファベット順に正しく並べ替えられています。

  5. [OK] をクリックします。

関連作業

ライブラリ内のファイルをアップロードまたは作成する

OneDrive for Business でファイル名やフォルダー名に無効な文字が含まれていたり、ファイルの種類が無効であったりする場合

ご意見をお待ちしています。

この記事お客様のフィードバックにより、2017 年 3 月 20日が更新されました。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。できるだけ具体的にお願いします。SharePoint、OS、ブラウザーのバージョンもお知らせください。お客様からのご意見は、エラーを解決し、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×