リストまたはライブラリに既存のコンテンツ タイプを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツ タイプでは、整理、管理、およびコンテンツのサイト コレクション全体でより効率的に処理を有効にします。ドキュメントまたは情報製品の特定の種類のコンテンツ タイプを定義するには、組織によりより効率的にこれらの各グループのコンテンツの管理をします。リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加して、複数の種類のアイテムまたはドキュメントの種類のアイテムを含めるには、リストまたはライブラリを設定することができます。

この記事の内容

コンテンツ タイプのリストとライブラリの機能

リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加します。

新規ボタンの順序または既定のコンテンツ タイプを変更します。

リストおよびライブラリにおけるコンテンツ タイプの機能

リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用できるように設定されている場合は、このリストまたはライブラリに、サイトで有効なサイト コンテンツ タイプのグループからコンテンツ タイプを追加できます。

コンテンツ タイプをリストまたはライブラリに追加すると、そのリストまたはライブラリにその種類のアイテムを含めることができるようになります。ユーザーは、そのリストまたはライブラリの [新規] コマンドを使用して、その種類のアイテムを新規作成します。リストまたはライブラリのコンテンツ タイプの重要な利点は、単一のリストまたはライブラリに、それぞれ固有のメタデータ、ポリシー、または動作を持つ複数の種類のアイテムやドキュメントを含めることができることです。

リスト コンテンツ タイプの継承について

サイト コンテンツ タイプのインスタンスをリストまたはライブラリに追加すると、そのインスタンスは作成元サイト コンテンツ タイプの子になります。このリスト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプの属性をすべて継承します。リスト コンテンツ タイプは、追加されている特定のリストまたはライブラリに合わせてカスタマイズできます。これらのカスタマイズは、親サイト コンテンツ タイプには適用されません。リスト コンテンツ タイプの親サイト コンテンツ タイプを更新するとき、子リスト コンテンツ タイプで変更を継承することができます (サイト コンテンツ タイプの変更をすべての子コンテンツ タイプに適用するように選択されている場合)。

子リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプと共有する属性がリスト コンテンツ タイプ用にカスタマイズされた場合、リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプの変更を継承すると、こうしたカスタマイズは上書きされることがあります。リスト コンテンツ タイプがカスタマイズされて、親コンテンツ タイプにはない属性が追加されている場合 (追加の列がある場合など)、子リスト コンテンツ タイプが親サイト コンテンツ タイプの変更を継承しても、こうしたカスタマイズは上書きされません。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリにコンテンツ タイプを追加する

コンテンツ タイプをリストまたはライブラリに追加するには、まず、リストまたはライブラリする必要がありますを設定する複数のコンテンツ タイプを使えるようにします。リストまたはライブラリで複数のコンテンツ タイプのサポートを有効にする方法の詳細については、ライブラリ内の複数のコンテンツ タイプのサポートを有効にするを参照してください。コンテンツ タイプを追加するには、リストまたはライブラリが必要です、少なくともそのリストまたはライブラリに対してデザインアクセス許可レベルします。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

    1. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

      たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

  2. [コンテンツ タイプ] の [既存のサイト コンテンツ タイプから追加] をクリックします。

    注: リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用するように設定されていない場合は、リストまたはライブラリの [ユーザー設定] ページに [コンテンツ タイプ] セクションが表示されません。

  3. [コンテンツ タイプの選択] セクションで、[サイト コンテンツ タイプの選択元] リストの矢印をクリックして、サイト コンテンツ タイプをどのグループから選ぶかを選択します。

  4. [利用可能なサイト コンテンツ タイプ] リストでコンテンツ タイプをクリックし、[追加] をクリックします。選択したコンテンツ タイプが [追加するコンテンツ タイプ] リストに移動します。

  5. コンテンツ タイプをさらに追加するには、手順 4. および 5. を繰り返します。

  6. 追加するコンテンツ タイプをすべて選択したら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

[新規] ボタンの順序または既定のコンテンツ タイプを変更する

リストまたはライブラリの [新規] ボタンにコンテンツ タイプが表示される順序は指定できます。既定では、[新規] ボタンに最初に表示されるコンテンツ タイプが、リストまたはライブラリの既定のコンテンツ タイプになります。リストまたはライブラリの既定のコンテンツ タイプを変更するには、[新規] ボタンに最初に表示されるコンテンツ タイプを変更します。また、リストまたはライブラリに追加されたコンテンツ タイプを、[新規] ボタンに表示するかどうかも指定できます。

  1. コンテンツ タイプを変更するリストまたはライブラリがまだ開いていない場合は、サイド リンク バーの [リスト] または [ドキュメント] の下にある目的の名前をクリックします。

  2. [設定] メニューの [ 設定メニュー 次のいずれかの操作を行います。

    • リストを操作している場合は、[リストの設定] をクリックします。

    • ドキュメント ライブラリを操作している場合は、[ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [コンテンツ タイプ] の [新規ボタンの順序と既定のコンテンツ タイプの変更] をクリックします。

    注: リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用するように設定されていない場合は、リストまたはライブラリの [ユーザー設定] ページに [コンテンツ タイプ] セクションが表示されません。

  4. [コンテンツ タイプの順序] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • リストまたはライブラリの [新規] ボタンからコンテンツ タイプを削除するには、[表示] チェック ボックスをオフにします (既定ではオンになっています)。

    • コンテンツ タイプが [新規] ボタンに表示される順序を変更するには、[上からの並び順] 列でそのコンテンツ タイプの横にある矢印をクリックし、順序番号を選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×