スキップしてメイン コンテンツへ
Office
リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

ユーザーは、SharePoint サイト上のアイテムにエンタープライズキーワードを追加して、タグ付けや folksonomy の開発を行うことができます。 エンタープライズキーワードは、コンテンツを使用するユーザーの知識の一部をキャプチャすることができます。 キーワードを簡単に追加できるようにするには、リストまたはライブラリに特別なエンタープライズキーワード列を追加します。 ユーザーは、キーワードを追加するアイテムを選択し、アイテムのプロパティに必要な単語または語句を入力することができます。

ユーザーはキーワードをドキュメントのプロパティ ダイアログで追加できます

リストまたはライブラリにエンタープライズキーワード列を追加するには、次の操作を行います。

  1. リストまたはライブラリで、ライブラリまたはリストのリボンで、[ライブラリの設定] または [リストの設定] を選択します。

    SharePoint_Online の場合は、[設定 設定アイコン ] を選択し、[ライブラリの設定] または [リストの設定] を選択します。

  2. [権限と管理] 列で、[エンタープライズメタデータとキーワードの設定] を選択します。

  3. [設定] ページの [エンタープライズキーワードの追加] セクションで、[このリストにエンタープライズキーワード列を追加し、キーワードの同期を有効にする] チェックボックスをオンにします。

メタデータの発行を無効または有効にする

リストまたはライブラリの管理メタデータ列またはエンタープライズキーワード列に追加された用語またはキーワードを、ソーシャルタグのキーワードとして使用できるようにするかどうかを制御できます。 たとえば、リストに機密情報が含まれている場合、キーワード値を表示しないようにすることができます。 キーワードへのアクセスを制限するには、メタデータの発行を無効にすることができます。

注: 既定では、特定のサイトコレクションのコンテキストで作成されたローカル用語セットの用語は、メタデータの発行から除外されます。 ローカル用語セットは、ソーシャル タグで使用することも、エンタープライズ キーワードとして使用することもできません。

メタデータの発行を無効または有効にするには、次の手順を実行します。

  1. メタデータの発行を構成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブで、[リストの設定] または [ライブラリの設定] を選択します。

    SharePoint_Online の場合は、[設定 設定アイコン ] を選択し、[ライブラリの設定] または [リストの設定] を選択します。

  3. [権限と管理] で、[エンタープライズメタデータとキーワードの設定] を選択します。

  4. [メタデータの発行] セクションの [このリストのメタデータをソーシャルタグとして保存する] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 管理メタデータフィールドとエンタープライズキーワードフィールドの値をソーシャルタグや個人用サイトのプロファイルに発行するには、チェックボックスをオンにします。

    • 管理メタデータフィールドとエンタープライズキーワードフィールドの値をソーシャルタグや個人用サイトのプロファイルに公開されないようにするには、このチェックボックスをオフにします。

  5. [OK] を選択します。

エンタープライズキーワードの詳細

SharePoint 製品では、エンタープライズキーワードが1つの階層化されていない用語セットに収集されます。 用語ストアの管理ツールを使用すると、キーワードセットという特別な用語セットを見つけることができます。

ユーザーが追加したキーワードは、他のユーザーがリストまたはライブラリを使っている場合に利用できます。 たとえば、ユーザーがリストのエンタープライズキーワード列に類似する文字を入力すると、SharePoint では、候補のメッセージにキーワードが表示されます。 さらに、リストまたはライブラリにエンタープライズキーワード列を追加した場合、ドキュメントがリストまたはライブラリにアップロードされると、既存のドキュメントタグがエンタープライズキーワード列にコピーされます。 これにより、既存のキーワードと管理メタデータ機能を同期することができます。

用語ストア管理者は、キーワードを開くか、または閉じることができます。 Set が open または closed のどちらの場合でも、ユーザーがリストまたはライブラリのエンタープライズキーワード列を操作する方法に影響します。 リストまたはライブラリにエンタープライズキーワード列を追加すると、サイトユーザーはキーワード値を入力できます。 キーワードセットが閉じている場合、ユーザーは新しいキーワードを送信することはできませんが、既存のエンタープライズキーワードまたは管理された用語を使用する必要があります。 サイトのキーワード用語セットが開いている場合、ユーザーはこの列にテキスト値を追加できます。

必要に応じて、管理する権限を持つ管理者は、SharePoint 製品がこれらのキーワードを処理する方法を変更して、特定の管理用語セットに移動できます。 その後、キーワードは、用語セットの他の用語と同じ種類の使用に使用できるようになります。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×