リストまたはライブラリでアイテムやファイルを承認または却下する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ライブラリまたはリストでは、ドキュメントの承認を必須として指定できます。

このコンテンツの承認の設定を適用すると、アイテムまたはファイルの変更が加えられた保留中の状態でまでまま承認または拒否承認権限を持つユーザーです。アイテムまたはファイルが承認されると、そのリストまたはライブラリで、[承認済み] 状態が割り当てられているリストまたはライブラリを表示する権限を持つユーザーに表示されます。アイテムまたはファイルが拒否された場合、保留中の状態のままになりますされ、下書きを表示する権限を持つユーザーだけが表示されます。

既定では、承認待ちのアイテムまたはファイルは作成者とリストを管理する権限を持つユーザーにしか表示されませんが、他のユーザー グループにもアイテムまたはファイルを表示するかどうかを指定できます。

メジャー バージョンとマイナー バージョンの両方を追跡するようにライブラリがセットアップされている場合、ファイルを編集するユーザーは、最初にそのファイルのメジャー バージョンを発行する必要があります。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. アイテムまたはファイルをポイントして、下矢印を表示します。

  3. 下矢印をクリックして表示されるメニューで、[承認/却下] をクリックします。

  4. [承認の状況] セクションで、アイテムを承認するか却下するかを選択します。

  5. アイテムを承認または却下した理由について、コメントを [コメント] セクションに入力できます (省略可)。

  6. [OK] をクリックします。

    注: 

    • 既にアイテムやファイルが存在するリストまたはライブラリに対してコンテンツの承認設定を適用した場合、新しいコンテンツの追加、および、既存のコンテンツへの変更に対する承認が必要となります。既存のアイテムまたはファイルは承認済みとして扱われますが、ステータスは後から変更できます。

    • リストまたはライブラリに対してコンテンツの承認設定を適用し、その後、無効にした場合、承認待ちアイテムや却下されたアイテムは、削除されない限り、すべての閲覧者が表示できるようになります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×