リストまたはライブラリからのデータを別のページに表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ホーム ページまたはサイト上の他のページをカスタマイズするには、ページのリストまたはライブラリからデータを表示する Web パーツを使用します。リストまたはライブラリを作成すると同じ名前の Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、契約という名前のリストを作成する場合は、契約書と呼ばれる Web パーツも作成されます。Web パーツには、リストまたはライブラリを作成したからのデータが表示されます。

注: ページ上の Web パーツの共有ビューを追加または編集するには、サイトの所有者である必要があります。

この記事の内容

Web パーツのリストとライブラリを表示する方法

Web パーツのリストまたはライブラリを表示します。

Web パーツのリストまたはライブラリの別のビューを表示します。

リストまたはライブラリの Web パーツのビューをカスタマイズします。

Web パーツでリストおよびライブラリを表示する方法

サイトを作成すると、そのサイトのホーム ページには Web パーツが自動的に追加されます。たとえば、チーム サイトには、お知らせ、予定表、およびリンクというリストが既定で含まれています。それぞれの Web パーツには、同名のリストのビューが表示されます。ホーム ページに他の Web パーツを追加して、リストやライブラリを表示することができます。

カスタム ページを作成する場合は、Web パーツ ページを作成してから、他のリストを表示する Web パーツをそのページに追加します。

以下に、Web パーツを使ってリストやライブラリからのデータを表示する方法の例を示します。

  • ライブラリ内の、レビュー対象のドキュメントや、チームで頻繁に使用されるドキュメントを公示します。

  • タスク リスト内のプロジェクト データを追跡し、チームの名前や人物の名前または役割を含む列によってデータをグループ化、選別、または並べ替えます。

  • 従業員の詳細情報 (手当、家族の有無、健康保険など) をリストから検索するツールを提供します。

  • リストで保留になっている受注を調べます。

  • 連絡先リストからの連絡先情報と、接続した別のリストのイメージ Web パーツからの人物の画像の両方を表示することで、プロジェクト チーム メンバに関する情報を視覚的に強化します。Web パーツの接続の詳細については、[参照] セクションを参照してください。

ページの先頭へ

Web パーツでリストまたはライブラリを表示する

  1. Web パーツの追加先となるページを開きます。

  2. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツを追加する領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  4. ページに表示するリストまたはライブラリのチェック ボックスをオンにして、[追加] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツで表示するリストまたはライブラリのビューを変更する

既定では、Web パーツは、リストまたはライブラリの既定のビューで表示されます。ただし、目的のビューで表示されるように Web パーツを変更できます。そのビューを編集する場合、変更内容はリストまたはライブラリと Web パーツの間でコピーされます。これにより、サイト全体で共通のビューが使用されます。リストまたはライブラリのデータは変更されません。

現在のビューから別のビューに切り替える際は注意してください。現在のビューに加えた変更が削除され、現在のビューの列に依存する Web パーツ接続が無効になる可能性があります。ビューを切り替える場合は、確認のメッセージが表示されます。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. 変更する Web パーツの Web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 共有ビューの場合、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

    • 個人用ビューの場合、[個人用 Web パーツの変更] をクリックします。

      ツール ウィンドウが開きます。ツール ウィンドウを使用して、Web パーツのレイアウトと外観を制御する設定を選択します。

  3. [ビューの選択] ボックスの一覧で、表示するビューの名前をクリックします。

    ヒント: [現在のビューの編集] をクリックし、ビューの設定を変更することによって、現在のビューを編集することもできます。このように編集した場合、サイト内のそのビューが使用されているすべての場所でビューが変更されます。

  4. ツール ウィンドウで [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツのリストまたはライブラリのビューをカスタマイズする

リスト ビュー Web パーツを Web パーツ ページに追加すると、ページに表示したい情報だけが表示されるようにビューをカスタマイズできます。Web パーツ ページから現在のビューを編集します。

リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成することもできます。これらのビューを使用して、そのリストまたはライブラリに関する異なる Web パーツ インスタンスのさまざまな情報セットを表示できます。リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成するには、カスタマイズするリストまたはライブラリの [ビュー] メニュー [表示] メニュー を使用します。リストまたはライブラリのユーザー設定のビューの作成の詳細については、「関連項目」のリンク先を参照してください。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. カスタマイズする Web パーツの [Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

  3. ツール ウィンドウで、[現在のビューの編集] をクリックします。

  4. [] セクションで、列に対応するチェック ボックスを選択することにより、列の表示と非表示を設定できます。列名の横に、ビューに列を表示するときの順番を示す数値を入力します。

  5. [並べ替え] セクションで、情報を並べ替えるかどうか、および、どのように並べ替えるかを選択します。作成者ごとのファイル名で並べ替えるなど、並べ替えには、2 つの列を使用できます。

  6. [フィルター] で、情報をフィルター処理するかどうかを選択し、フィルター処理する場合はその方法を選択します。フィルター処理されたビューには、より少数のアイテムが表示されます (特定の部門によって作成されたアイテムや [承認済み] 状態のアイテムなど)。

  7. [グループ化] で、同じ値がセクションに含まれている項目をグループ化できます。たとえば、特定の作成者によるドキュメントの拡張可能セクションをグループ化できます。

  8. [集計] で、1 つの列に含まれる項目の数 (請求書の総数など) をカウントできます。場合によっては、情報を要約したり平均値などの他の情報を抽出したりすることもできます。

  9. [スタイル] セクションで、ビューに必要なスタイルを選択します (1 行おきに網掛けが適用される網掛けリストなど)。

  10. リストまたはライブラリにフォルダーがある場合は、フォルダーを含まないビューを作成できます。これをフラット ビューと呼ぶこともあります。すべてのリスト アイテムを同じレベルで表示するには、[フォルダーなしですべてのアイテムを表示する] をクリックします。

  11. リストまたはライブラリが大きい場合は、リストまたはライブラリで表示できるファイルの数を制限したり、同じページに表示できるファイルの数を制限したりすることができます。[アイテムの表示数] セクションで、必要なオプションを選択します。

  12. リストまたはライブラリをモバイル デバイスで表示する計画がある場合は、[モバイル] セクションで必要なオプションを選択します。

  13. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×