リストまたはドキュメント ライブラリの既定の環境を新しい環境またはクラシック環境に切り替える

リストまたはドキュメント ライブラリの既定の環境を新しい環境またはクラシック環境に切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

外観とのドキュメント ライブラリとリストのナビゲーションの変更が発生する可能性があります。この新しいエクスペリエンスに高速化は、その他の電話とタブレットの機能とシンプルなナビゲーションがあります。ドキュメント ライブラリまたはリストの所有者、サイトの所有者または管理者では、名前を付けて前 (クラシック) のエクスペリエンスを時刻に戻る既定の動作を切り替えたい場合があります。ユーザーが特定のライブラリでの操作環境を変更したり、サイトに戻る新しい選択した場合にしてください。ライブラリとリストのレベルの設定の変更は、サイト、サイト コレクションの場合は、テナント レベルでの変更を上書きします。

注: この記事は、ライブラリ、リストの所有者と既定値を変更したい管理者がユーザーのエクスペリエンスします。場合は、個々 のユーザーとクラシック エクスペリエンスに戻るにはの左上隅のページの下でクラシック SharePoint に戻るをクリックします。終了するには、従来のエクスペリエンスの下にある、ページの左上隅クラシック エクスペリエンスの終了] をクリックします。

  1. リストまたはドキュメント ライブラリ] に設定 設定アイコン し、[リストの設定またはライブラリの設定] を選びます。

    [設定]、[ライブラリの設定] に移動します。

    [設定] 設定アイコン が表示されない場合は、[ライブラリ] または [リスト] タブを選択してリボンを開き、リボンの [ライブラリの​​設定] または [リストの設定] をクリックします。

    リボン上の [リストの設定]
  2. [詳細設定] をクリックして、[リスト環境] まで下にスクロールします。

    リストおよびライブラリ設定

  3. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • 管理者が設定した既定の環境

      このオプションでは、サイトの管理者が設定すると、エクスペリエンスを設定します。

    • 新しい環境

      このオプションでは、その環境を新しい環境に設定します。この環境は既定でオンになっているため、クラシックから戻す場合にのみ選択します。

    • クラシック環境

      このオプションでは、ドキュメント ライブラリの環境を、以前の古いクラシックに設定します。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [設定] を選びます。

  5. [SharePoint リストとライブラリの環境] の横で、[クラシック環境] または [新しい環境 (自動検出)] のいずれかを選びます。

    既定のリストやライブラリ環境の設定

リストまたはライブラリ ページに影響するカスタマイズを確認する

サイトとサイト コレクション レベルで既定の動作を変更する 1 つの理由に影響するリストまたはライブラリ ページとビジネスの重要な機能を表示するためのカスタマイズがあるためにです。このようなサイトとの既定値を変更するサイト コレクションを決定するためのカスタマイズ内容を確認する場合は、CSOM (クライアント側オブジェクト モデル) の包み紙の Windows PowerShell スクリプトを使用する必要があります。次のスクリプトでは、カスタム スクリプトを展開する customactions が検出されます。

  1. 次の最小要件を満たしていることを確認するには。

  2. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。この記事では、スクリプト ファイルに CustomActions.ps1 という名前を付けます。

    注記: 

    • このスクリプトの CustomActions をチェックする web サイトごとに個別に実行する必要があります。< > に示されているプレース ホルダー名は、組織の要件に合わせて変更する必要があります。

    • 番号記号 (#) で示されたコメント行が、サイト コレクション レベルとサイト レベルのスクリプトのセクションにあります。適切にスクリプトを実行するために、環境を変更するセクションの行の前にある番号記号 (#) を削除します。

    # This file uses CSOM. Replace the paths below with the path to CSOM on this computer.
    # If CSOM is in the user's downloads folder, you only have to replace the <username> placeholder.
    
    Add-Type -Path "C:\Users\<username>\downloads\Microsoft.SharePointOnline.CSOM.16.1.5026.1200\lib\net45\Microsoft.SharePoint.Client.dll"
    Add-Type -Path "C:\Users\<username>\downloads\Microsoft.SharePointOnline.CSOM.16.1.5026.1200\lib\net45\Microsoft.SharePoint.Client.Runtime.dll"
    
    # All strings in braces < >are placeholders that you must replace with the appropriate strings.
    
    $webUrl = 'https://<domain>.sharepoint.com/<relative-path-to-website>'
    $username = '<username>@<domain>.onmicrosoft.com'
    $password = Read-Host -Prompt "Password for $username" -AsSecureString
    
    [Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext]$clientContext = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($webUrl)    
    $clientContext.Credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($username, $password)
    $site = $clientContext.Site;
    $customActions = $site.UserCustomActions
    $clientContext.Load($customActions)
    $clientContext.ExecuteQuery()
    
    $first = $true
    foreach($customAction in $customActions)
    {
        if($customAction.Location -eq "scriptlink" -and -Not ([string]::IsNullOrEmpty($customAction.ScriptBlock)))
        {
            if ($first)
            {
                Echo " "
                    Echo ($webUrl + " has the following inline JavaScript custom actions")
            $first = $false
            }
            Echo $customAction.Title
        }
    }
    
  3. CustomActions.ps1 という名前を付けて、ファイルを保存します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  4. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  5. Windows PowerShell コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。

    ./CustomActions.ps1

サイトとサイト コレクションの既定の環境を変更する

サイト コレクションまたはサイト レベルでドキュメント ライブラリ用に既定の環境を変更するには、CSOM (クライアント側のオブジェクト モデル) ラッパーで次のように Windows PowerShell を使用する必要があります。

  1. 次の最小要件を満たしていることを確認するには。

  2. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。この記事では、スクリプト ファイルに DocLib.ps1 という名前を付けます。

    注: 番号記号 (#) で示されたコメント行が、サイト コレクション レベルとサイト レベルのスクリプトのセクションにあります。適切にスクリプトを実行するために、環境を変更するセクションの行の前にある番号記号 (#) を削除します。

    ##The first two lines of the script load the CSOM model:
    Add-Type -Path "C:\Users\{username}\downloads\Microsoft.SharePointOnline.CSOM.16.1.5026.1200\lib\net45\Microsoft.SharePoint.Client.dll"
    
    Add-Type -Path "C:\Users\{username}\downloads\Microsoft.SharePointOnline.CSOM.16.1.5026.1200\lib\net45\Microsoft.SharePoint.Client.Runtime.dll"
    
    $webUrl = 'https://{domain}.sharepoint.com/[optional path to subweb]'
    $username = Read-Host -Prompt "Enter or paste the site collection administrator’s full O365 email, for example, name@domain.onmicrosoft.com" 
    $password = Read-Host -Prompt "Password for $username" -AsSecureString
    
    [Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext]$clientContext = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($webUrl)
    $clientContext.Credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($username, $password)
    
    # To apply the script to the site collection level, uncomment the next two lines.
    #$site = $clientContext.Site; 
    #$featureguid = new-object System.Guid "E3540C7D-6BEA-403C-A224-1A12EAFEE4C4"
    
    # To apply the script to the website level, uncomment the next two lines, and comment the preceding two lines.
    #$site = $clientContext.Web;
    #$featureguid = new-object System.Guid "52E14B6F-B1BB-4969-B89B-C4FAA56745EF" 
    
    # To turn off the new UI by default in the new site, uncomment the next line.
    #$site.Features.Add($featureguid, $true, [Microsoft.SharePoint.Client.FeatureDefinitionScope]::None);
    
    # To re-enable the option to use the new UI after having first disabled it, uncomment the next line.
    # and comment the preceding line.
    #$site.Features.Remove($featureguid, $true);
    
    $clientContext.ExecuteQuery();
    
    
  3. DocLib.ps1 という名前を付けて、ファイルを保存します。

    注: 別のファイル名を使用できますが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

  4. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  5. Windows PowerShell コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。

    ./DocLib.ps1

Windows PowerShell についてのその他の情報については、「Windows PowerShell を使用する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×