リストとライブラリ フィルターのウィンドウについて

リストとライブラリ フィルターのウィンドウについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

フィルター ウィンドウでは、目的のファイルやリスト アイテムを容易に検索できます。フィルターを選択すると、一致しないアイテムはページに表示されているリストから削除されます。

2018年10月16日更新

[フィルター] ウィンドウを開く

リストまたはライブラリの右上にある [フィルター] アイコン [フィルター] アイコン をクリックして、[フィルター] ウィンドウを開きます。表示されるフィルターは、現在ビューに含まれているリストアイテムに基づいています。

ドキュメントライブラリの場合、最近のファイルのみをフィルター処理したり、1人以上のユーザーが編集したファイルを表示したり、Word 文書や PowerPoint スライドなどの特定の種類のファイルのみを表示したりすることができます。

列が管理されたメタデータの用語階層に基づいている場合は、1つの項目だけでなく、親用語に対してもフィルター処理できます。最初の140用語は、[フィルター] ウィンドウに表示されます。

フィルターの設定

リストまたはライブラリをフィルター処理した後で、元の状態に戻したい場合は、フィルター ウィンドウの右上にあるフィルターのクリア アイコン [フィルターのクリア] アイコン をクリックします。

列見出しおよびビューと連携したフィルター ウィンドウの動作

[フィルター] ウィンドウは、列見出しやビューのように既に使い慣れているSharePoint機能と連携して動作します。列の種類によっては、[列見出し] ドロップダウンで設定するフィルターが表示れるか、[フィルター] をクリックしてフィルターウィンドウを開くことができます。[列見出し] メニューで選択したフィルターも、フィルターウィンドウに表示されます。また、逆に同じように動作します。[フィルター] ウィンドウで選択した項目は、列見出しフィルターの選択に表示されます。

[フィルター] をクリックしてフィルターパネルを開く

ビューではフィルターの選択を保存できます。

[名前を付けて保存] をクリックして、更新または新しいビューを保存する

リストおよびライブラリに関するヘルプ

SharePoint ヘルプには、ドキュメントおよびライブラリデータおよびリストを取り上げた多くの記事が含まれています。

ここで、答えが得られなかった場合は、Microsoft コミュニティの SharePoint オンライン フォーラムで質問してください。

組織固有の問題については、IT 部門または IT 管理者にお問い合わせください。SharePoint Online 管理者の方は、Office 365 管理センターでサポート チケットを開くこともできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×