リストおよびライブラリの新しい環境とクラシック環境の違い

リストおよびライブラリの新しい環境とクラシック環境の違い

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online の新しいドキュメント ライブラリおよびリストの環境では、速度が向上し、モバイル ブラウザーでの表示が改善され、より使いやすくなりました。新しい環境では、次のことができます。

  • リボンの代わりにコマンド バーを使用して、OneDrive と同じ方法で新しいフォルダーを作成してフォルダーをアップロードします。また、コマンド バーを使用して簡単にファイルをコピーしたり移動したりすることもできます。

  • ドキュメントを上部に固定して、強調表示します。

  • サイト間でファイルをコピーする代わりに、リンクとしてファイルを追加します。

  • 簡単に列のサイズ変更、並べ替え、フィルター処理、グループ化や、カスタム ビューの作成を行います。

  • すばやくファイル情報を変更し、プレビューおよび追加情報に簡単にアクセスします。

新しい環境では、クラシック環境で作成したテーマ、ナビゲーション、ユーザー設定ボタンをサポートしています。ただし、一部の機能はクラシック環境でしか使用できません。

注記: 

クラシック環境でのみ利用できる機能

リボン

  • リボン

  • リボンで使用できる特定の機能

    • 人気の傾向

    • RSS フィード

    • 人気のあるアイテム

    • Outlook への接続

    • Office に接続する

    • Excel にエクスポート

      注: [Excel にエクスポート] は、ドキュメント ライブラリの場合、クラシック環境でのみ利用できます (ブラウザーは Internet Explorer に限ります)。しかしながら、リストの場合、新しい環境で利用できます (ブラウザーは Internet Explorer と Edge に限ります)。

    • Access で開く

    • フォーム Web パーツ

    • ライブラリの編集

    • 新しいクイック操作

    • レコードの宣言

    • 送信

    • フォローする

ビュー機能

  • アイテムの合計

  • ユーザー設定のスタイル (基本的なテーブル、ドキュメントの詳細など)

  • リスト ビュー ページの複数の Web パーツ

ナビゲーション機能

  • ツリー ビュー

  • メタデータ ナビゲーションとフィルター処理

  • 場所単位のビュー

  • 発行サイトのナビゲーション リンクのカスタマイズ

列の種類

  • 外部データ列

  • 列の位置情報

  • 列の公開 (HTML の公開、画像の公開、ハイパーリンクの公開)

リストおよびライブラリの機能

  • コンテンツ オーガナイザー

  • フォロー機能

カスタマイズ

  • ドキュメント ライブラリ、カスタム リスト、お知らせリスト、リンク リスト、画像ライブラリ以外のリスト テンプレート

  • InfoPath でカスタマイズ

  • ダウンロード最小化戦略 (MDS)

  • SharePoint Server 発行機能

  • フィールドまたはビューでの JSLink コード

  • ScriptBlock プロパティまたは ScriptSrc プロパティを含む CustomActions

    ScriptBlock プロパティまたは ScriptSrc プロパティを含まなくても、期待どおりに動作する CustomActions

アクセス許可

  • 制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード

新しい環境を自動的にクラシック環境に切り替える機能

列の種類

  • 外部データ列

  • 列の位置情報

  • 列の公開 (HTML の公開、画像の公開、ハイパーリンクの公開)

アクセス許可

  • 制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード

カスタマイズ

  • ドキュメント ライブラリ、カスタム リスト、お知らせリスト、リンク リスト、画像ライブラリ以外のリスト テンプレート

  • フィールドでの JSLink コード

  • スクリプト ブロックまたは ScriptSrc のプロパティを含むリストに CustomActions

  • リスト ビュー web パーツ以外の任意の web パーツとリスト ビューのページ

  • ドキュメント セットのウェルカム ページ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×