リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプのワークフローを追加または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークフローをドキュメント上またはアイテム上で使用できるようにするには、ワークフローをリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加する必要があります。

この記事の内容

どのような種類のワークフローを使えますか。

ワークフローの関連付けがワークフローの空き時間情報をどのように影響するか

追加またはリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプのワークフローを変更します。

使用可能なワークフローの種類

Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、一般的ビジネス プロセス用の事前定義ワークフローがいくつか用意されていますが、組織内でカスタム ワークフローを作成し、展開することもできます。

事前定義ワークフロー

一般的なビジネス プロセスのさまざまなをOffice SharePoint Server 2007の定義済みのワークフローに対応します。これらのワークフローは、サイト コレクションのアクティブ化、リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプにワークフローを追加できます。定義済みのワークフロー、承認、フィードバックの収集、署名の収集ワークフローなどのいくつかの方法は、することが自動的に利用可能なドキュメント ライブラリでドキュメントのコンテンツ タイプに関連付けられていて、します。

個々の事前定義ワークフローの詳細な使用方法については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

カスタム ワークフロー

組織で追加のワークフローが必要な場合は、サーバー管理者がこれをサイト用にインストールおよび有効化する必要があります。

Office SharePoint Server 2007のカスタム ワークフローを作成する 2 つの方法があります。

  • 本格的なソフトウェア開発者は、Visual Studio 2005 拡張子の Windows Workflow Foundation を使用してワークフローを作成できます。    これらのワークフローでは、ユーザー設定コードおよびワークフロー アクティビティを含みます。本格的な開発カスタム ワークフローで作成した後、サーバー管理者複数のサイトが展開ことができます。

  • Web デザイナーは、特定のリストまたはMicrosoft Office SharePoint Designer 2007などの Web デザイン プログラムを使用してライブラリで使用するコードなしのワークフローを設計できます。    使用可能なワークフロー アクティビティ] の一覧からこれらのワークフローが作成され、ワークフローを作成した Web デザイナーは、リストまたはライブラリの使用を直接にワークフローを展開することができます。

ページの先頭へ

ワークフローの関連性がワークフローの可用性に及ぼす影響

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で作成したコードなしのワークフローは、そのワークフローを使用するリストまたはライブラリに直接展開できますが、サーバー上にインストールしたカスタム ワークフローは、リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加して、特定の場所のドキュメントまたはアイテムで利用できるようにする必要があります。ワークフローをリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加するには、リストの管理権限が必要です。一般に、この作業はサイト管理者が行うか、特定のリストまたはライブラリの管理担当者が実行します。

サイト内でワークフローを利用できるかどうかは、ワークフローがどこに追加されているかによって異なります。

  • ワークフローをリストまたはライブラリに直接追加した場合、そのワークフローを使用できるのは、そのリストまたはライブラリ内のアイテムだけです。

  • ワークフローをリストのコンテンツ タイプ (特定のリストまたはライブラリに追加されたサイトのコンテンツ タイプのインスタンス) に追加すると、そのコンテンツ タイプが関連付けられている特定のリストまたはライブラリ内の、そのコンテンツ タイプのアイテムでのみワークフローを使用できます。

  • ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加した場合、そのワークフローを使用できるのは、そのサイト コンテンツ タイプのインスタンスが追加されているすべてのリストおよびライブラリ内の、そのコンテンツ タイプのすべてのアイテムです。特定のコンテンツ タイプのアイテムが、サイト コレクション内のリストまたはライブラリを超えて幅広くワークフローを使用できるようにする最も効率的な方法は、ワークフローをサイト コンテンツ タイプに直接追加する方法です。

ページの先頭へ

リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプのワークフローを追加または変更する

ワークフローを追加する前に、現時点でサイトにインストールされ、有効化されているワークフローを、サーバー管理者に問い合わせ、確認しておいてください。Office SharePoint Server 2007 の事前定義ワークフローを追加または変更する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ワークフローをリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加する際に、以下に示す各種オプションを使用してワークフローを場所に合わせてカスタマイズすることができます。

  • ワークフローのインスタンス名

  • ワークフロー関連のタスクを格納するタスク リスト

  • ワークフロー関連のすべてのイベントを記録する履歴リスト

  • ワークフローを開始する方法

  • 各ワークフローに固有の追加オプション (タスクを参加者に回覧する方法、ワークフローが完結する状況、ワークフローが完結した後のアクションなど)

新しいワークフローをリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加するときも、リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに関連付けられているワークフローの設定を変更するときも、操作手順は同じです。

  1. ワークフローを追加または変更するリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプの [ワークフローの追加] ページまたは [ワークフローの変更] ページを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • リストまたはライブラリの場合 :

      1. ワークフローを追加または変更するリストまたはライブラリを開きます。

      2. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

        たとえば、ドキュメント ライブラリの場合は、[このドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

      3. ["権限と管理"] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • リスト コンテンツ タイプの場合 :

      1. ワークフローを追加または変更するリスト コンテンツ タイプのインスタンスを含むリストまたはライブラリを開きます。

      2. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

        たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

      3. [コンテンツ タイプ] で、コンテンツ タイプの名前をクリックします。

        注: リストまたはライブラリが設定されていない場合に複数のコンテンツ タイプを許可するコンテンツ タイプ] セクションは、リストまたはライブラリの [ユーザー設定] ページに表示されません。

      4. [設定] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • サイト コンテンツ タイプの場合 :

      1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイト コレクションのホーム ページでサイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

      2. [ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

      3. ワークフローを追加または変更するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックし、[ワークフロー設定] をクリックします。

        注: このリスト、ライブラリまたはコンテンツ タイプに既にワークフローが追加されていた場合、この手順に従うと、[ワークフローの設定変更] ページが表示されるので、そこで、[ワークフローの追加] をクリックして [ワークフローの追加] ページに移動する必要があります。このリスト、ライブラリまたはコンテンツ タイプにまだワークフローが追加されていなかった場合、この手順に従うと、[ワークフローの追加] ページが表示されます。

  1. [ワークフローの設定変更] ページで [ワークフローの追加] をクリックするか、設定を変更するワークフローの名前をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • ワークフローを追加する場合は、[ワークフローの追加] ページの [ワークフロー] セクションで、使用するワークフロー テンプレートの名前をクリックします。

    • ワークフローの設定を変更する場合は、[ワークフローの変更] ページで、対象の設定を次の手順に従って変更します。

  3. [名前] セクションに、ワークフローの一意の名前を入力します。

    1. [タスク リスト] セクションで、このワークフローと併せて使用するタスク リストを指定します。

      注記: 

      • 既定の [タスク] リストを使用する以外に、新しいタスク リストを作成することもできます。既定の [タスク] リストを使用する場合、ワークフローの参加者は、[タスク] リストの [マイ タスク] ビューを使用してワークフロー タスクを簡単に検索および表示できます。

      • このワークフローのタスクによって一般的な [タスク] リストとは分けておく必要のある機密データが漏えいする場合は、新しいタスク リストを作成する必要があります。

      • ワークフローが多数である場合や、ワークフローに伴うタスクが多数である場合は、新しいタスク リストを作成する必要があります。その場合は、ワークフローごとにタスク リストを作成します。

  4. [履歴リスト] セクションで、このワークフローで使用する履歴リストを選択します。履歴リストには、ワークフローの各インスタンスで生じたすべてのイベントが表示されます。

    注: 履歴リストは、既定の履歴リストを使用することも、新規に作成することもできます。たとえば、ワークフローが数多く存在する組織では、各ワークフローについて別個に履歴リストを作成できます。

  5. [開始オプション] セクションで、ワークフローを開始する方法、タイミング、またはユーザーを指定します。

    注記: 

    • オプションによっては、選択したワークフロー テンプレートでサポートされていないと使用できない場合があります。

    • [アイテムのメジャー バージョンの発行を承認するために、このワークフローを開始する] は、ライブラリでメジャーおよびマイナーのバージョン管理がサポートされており、選択したワークフロー テンプレートをコンテンツの承認で使用できる場合のみ有効です。

  6. ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加する場合は、[リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、目的のコンテンツ タイプを継承するすべてのコンテンツ タイプにこのワークフローを追加するかどうかを指定します。

    注: [リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションは、サイト コンテンツ タイプの [ワークフローの追加] ページにのみ表示されます。

  7. カスタマイズするオプションが他にもある場合は、[次へ] をクリックし、ワークフローの [カスタマイズ] ページで必要なオプションを指定します。

    個々の事前定義ワークフローの詳細なカスタマイズ方法については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  8. ワークフローに使用できるカスタマイズ オプションが他にない場合は、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×