リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプからワークフローを削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメントおよびリスト アイテムでワークフローを使用する必要がなくなれば、そのワークフローはリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプから削除できます。

  1. ワークフローを削除するリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプの [ワークフローの設定変更] ページを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • リストまたはライブラリの場合 :

      1. ワークフローを削除するリストまたはライブラリを開きます。

        1. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

          たとえば、ドキュメント ライブラリの場合は、[このドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

      2. ["権限と管理"] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • リスト コンテンツ タイプの場合 :

      1. ワークフローを削除するリスト コンテンツ タイプのインスタンスを含むリストまたはライブラリを開きます。

        1. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックしてまたは開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

          たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

      2. [コンテンツ タイプ] でコンテンツ タイプの名前をクリックします。

        注: リストまたはライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用するように設定されていない場合は、リストまたはライブラリの [ユーザー設定] ページに [コンテンツ タイプ] セクションが表示されません。

      3. [設定] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • サイト コンテンツ タイプの場合 :

      1. サイト コレクション用のホーム ページで、[サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をクリックします。

      2. [ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

      3. ワークフローの削除対象となるコンテンツ タイプの名前をクリックし、[ワークフロー設定] をクリックします。

  2. [ワークフローの設定変更] ページで [ワークフローの削除] をクリックします。

  3. [ワークフローの削除] ページで、削除するワークフローの [削除] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×