ラック図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ラック図は、ネットワーク装置のラックの設計と文書化の作業を素早く行うために役立ちます。装置の購入時にラック図があると、購入する装置やラックを容易に決めることができます。

ラック図の例

Microsoft Visio では、業界標準の寸法に準拠する装置図形を使用して、ラック図をすばやく作成できます。各図形は、相互に正確に適合するように設計されています。また、図形の接続ポイントを使用することで、適切な位置に容易にスナップできます。

また、シリアル番号や位置などのデータを装置図形と共に保存できるほか、そのデータを基に詳細なレポートを生成できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ラック図を作成する

装置レポートを生成する

ラック図を作成する

  1. [ファイル] メニューで、[新規作成] をポイントし、[ネットワーク] をポイントして、[ラック図] をクリックします。

  2. [ラック マウント式装置] から ラック図形を図面ページにドラッグします。U 高さを非表示にするには、図形を右クリックし、ショートカット メニューの [U サイズを非表示にする] をクリックします。

  3. 図面に追加する装置図形を探し、それを [ラック] 図形にドラッグします。

    装置図形の下側の隅にある接続ポイントが [ラック] 図形の接続ポイントに接着します。装置図形が [ラック] 図形に正しく接続している場合、接続ポイントが異なる色に変わり、両者が接着していることが示されます。

    注記: 

    • Visio 2007 では接続ポイントは赤に変わります。

    • Visio 2016 では接続ポイントは緑に変わります。

  4. 機器の図形にテキストを追加するには、図形をクリックして入力します。テキストを移動するには、コントロール ハンドルをドラッグします。

    注記: 

    • Visio 2007 では、コントロール ハンドルは コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 です。

    • Visio 2016 では、コントロール ハンドルは Visio 2016 のコントロール ハンドル です。

  5. 図形にデータを保存するには、図形を右クリックし、ショートカット メニューの [データ] をポイントし、[図形データ] をクリックします。

  6. [図形データ] ダイアログ ボックスで、格納するデータの値を入力します。

    ページの先頭へ

装置レポートを生成する

  1. Visio 2007 で、[データ] メニューの [レポート] をクリックします。

    Visio 2016 で、[レビュー] メニューの [図形レポート] をクリックします。

  2. [レポート] の一覧で、使用するレポート定義の名前をクリックします。

    ヒント: 目的のレポート定義が見つからない場合は、[図面特有のレポートのみ表示する] チェック ボックスをオフにするか、[参照] をクリックして、レポート定義の場所に移動します。

    注記: 

    • レポートを生成する前に既存のレポートの定義を変更するには、レポート定義を選択して [修正] をクリックします。次に、レポート定義ウィザードの指示に従います。

    • 新しいレポート定義を作成するには、[新規作成] をクリックし、レポート定義ウィザードの指示に従います。

  3. [実行] をクリックし、[レポートの実行] ダイアログ ボックスで、必要なレポート形式を選択します。

    • レポートを Web ページとして保存するには、[HTML] をクリックします。

    • レポートを Microsoft Office Excel シートの書式で作成するには、[Excel] をクリックします。

    • 図面内の図形に埋め込まれる Excel シートとしてレポートを保存するには、[Visio 図形] をクリックします。

    • レポートを XML ファイルとして保存するには、[XML] をクリックします。

      注: レポートを Microsoft Office Excel シートとして保存するか、図面内の埋め込み図形として保存するには、Microsoft Office Excel をインストールしておく必要があります。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図面上の Microsoft Office Visio 図形としてレポートを保存する場合は、レポート定義のコピーを図形と共に保存するか、またはレポート定義にリンクするかを選択します。

      ヒント: 図面を他のユーザーと共有する場合は、[レポートの定義の複製と共に保存する] を選択して、他のユーザーがレポートを表示できるようにします。

    • レポートを HTML または XML ファイルとして保存する場合は、レポート定義の名前を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×