ライブラリを作成または削除する

標準的なライブラリ SharePoint ライブラリは、チーム メンバーと共同でファイルの作成、格納、更新、および作業を行うことができるサイト上の場所です。各種のライブラリ (ドキュメント、画像、フォーム、および Wiki ページ) には、ファイルの一覧とファイルに関する主要な情報 (ファイルを最後に修正したユーザー、ファイルで共同作業をするときに役立つ情報など) が表示されます。ライブラリでの作業が終わったら、ファイルを保存し、未使用のライブラリを削除して、サーバーのディスク領域を節約することができます。

注: ライブラリを作成または削除するには、リストを作成する権限が必要です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ライブラリについて

ライブラリを作成する

ライブラリを削除する

次の手順

ライブラリについて

SharePoint ライブラリ内でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、フォーム、およびその他の種類のファイルを作成して管理できます。チーム サイト内の共有ドキュメント ライブラリなど一部のライブラリは、サイトを新規作成すると自動的に作成されます。これらのライブラリを目的に応じてカスタマイズするか、または独自の追加ライブラリを作成することができます。各タイプのライブラリには固有の目的があり、動作や機能が異なるものもあります。

ドキュメント ライブラリ      ドキュメント、スプレッドシートなど、多くの種類のファイルでは、ドキュメント ライブラリを使用します。それ以外の種類のファイルもドキュメント ライブラリ内に格納できますが、一部の種類のファイルはセキュリティ上の理由からブロックされます。ブロックされていないプログラムを使用する場合、これらのファイルをライブラリから作成できます。たとえば、マーケティング チームで、計画資料、ニュース リリース、または発表に使用する固有のドキュメント ライブラリを管理することが考えられます。

画像ライブラリ      多数のデジタル写真やグラフィックを共有する場合は、画像ライブラリを使用します。画像は、他の種類の SharePoint ライブラリにも格納できますが、画像ライブラリにはいくつかの利点があります。たとえば、画像ライブラリの画像は、スライド ショーで表示したり、コンピューターにダウンロードしたり、Microsoft Paint など互換性のあるグラフィック プログラムで編集したりできます。チームのイベントや製品発表の写真を保存する際には、画像ライブラリの作成を検討してください。また、Wiki、ブログなどサイト上の任意の場所からライブラリ内の画像にリンクすることもできます。

フォーム ライブラリ      XML ベースのビジネス書式のグループを管理する必要がある場合、フォーム ライブラリを使用します。たとえば、組織で経費報告にフォーム ライブラリを使用するとします。フォーム ライブラリを設定するには、Microsoft InfoPath などの XML エディターまたは XML フォーム デザイン プログラムが必要です。ユーザーが入力するフォームは、フォームに入力された支出の日付、金額などのデータのみを含む単純な .xml ファイルです。それ以外に経費報告を構成する要素は、すべてフォーム テンプレートによって用意されます。ユーザーがフォームに入力したフォーム データは、マージしたり、分析用にエクスポートしたりできます。

Wiki ページ ライブラリ      接続された一連の Wiki ページを作成するには、Wiki ページ ライブラリを使用します。Wiki では、複数のユーザーが簡単に作成または変更できる書式を使って、日常的な情報を収集できます。また、画像、テーブル、ハイパーリンク、および内部リンクを含む Wiki ページをライブラリに追加することもできます。たとえば、チームでプロジェクト用の Wiki サイトを作成し、サイト上で相互に接続された一連のページにヒントやテクニックを保存できます。

注: サイトと構成によっては、これ以外のシステム ライブラリ (スタイル ライブラリ、サイト アセット ライブラリ、サイト ページ ライブラリなど) も自動的に作成されます。ただし、このようなライブラリをユーザー インターフェイスで作成することはできません。

ページの先頭へ

ライブラリを作成する

注: 会議ワークスペースでライブラリを作成する手順は、以下の手順とは異なります。会議ワークスペースの作成およびカスタマイズの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

  1. ライブラリを作成するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー (サイトの操作) をクリックし、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、 [作成] (作成) をクリックします。

    注:  SharePoint サイトの外観とナビゲーションは大幅に変更されている場合があります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者に問い合わせてください。

  3. [ライブラリ] で、[ドキュメント ライブラリ]、[画像ライブラリ] など必要なライブラリの種類をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、ライブラリの名前を入力します。ライブラリ名は必須です。
    この名前は、ライブラリ ページの上部に表示され、ライブラリ ページのアドレスの一部として使用されるほか、ユーザーがライブラリを簡単に探して開くことができるように、ナビゲーション要素にも表示されます。

  5. [説明] ボックスにライブラリの使用目的を入力します。この説明は省略できます。
    説明は、ライブラリ ページの上部、ライブラリの名前の下に表示されます。ライブラリのコンテンツを電子メールで送信できるようにする場合は、他のユーザーにわかるように、ライブラリの電子メール アドレスを説明に追加できます。

  6. このライブラリへのリンクをサイド リンク バーに追加するには、[ナビゲーション] セクションで [はい] が選択されていることを確認します。

  7. 一部のライブラリは、受信メールの統合をサポートします。[受信メール] セクションが表示された場合は、そのサイトでコンテンツを電子メールで受信できるように管理者が設定しています。ユーザーがファイルを電子メール メッセージの添付ファイルとして送信してライブラリに追加できるように設定する場合は、[はい] をクリックします。次に、[電子メール アドレス] ボックスに、ユーザーがライブラリ用に使用するアドレスの最初の部分を入力します。

    ライブラリの電子メール設定の構成の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

  8. ファイルがライブラリにチェックインされるたびにバージョンを作成するには、[ドキュメントのバージョン履歴] セクションまたは [画像のバージョン履歴] セクションで [はい] をクリックします。

    メジャー バージョンとマイナー バージョンを両方とも格納するかどうか、およびトラッキングするバージョンの数をいくつにするかについては後で選択できます。

  9. 一部のライブラリでは、新規ファイルを作成する際の既定のプログラムが一覧表示される [ドキュメント テンプレート] セクションが利用できる場合があります。[ドキュメント テンプレート] セクションのドロップダウン リストで、ライブラリに作成するファイルのテンプレートとして使用する、既定のファイルの種類をクリックします。

    注:  コンテンツ タイプが有効になっている場合、既定のテンプレートはコンテンツ タイプによって決まります。複数のコンテンツ タイプが有効になっている場合、ファイルを新規作成するときに、さまざまな既定のファイルの種類から選択できます。その場合、ライブラリを作成するときの既定のファイルの種類は、[ドキュメント テンプレート] セクションではなく、コンテンツ タイプにより決まります。

  10. [作成] をクリックします。

ページの先頭へ

ライブラリを削除する

重要: ライブラリを削除すると、そのライブラリに関連付けられているドキュメント、ドキュメントに関するメタデータ、バージョン履歴、ライブラリ設定、および固有の権限レベルも削除されます。ライブラリを削除する前に、そのライブラリを現在使用しているユーザーや、そのドキュメントを使用する予定があるユーザーがいないことを確認してください。また、組織におけるライブラリの削除のプロセスやポリシーを理解している必要があります。プロセスやポリシーで、ライブラリを削除するための権限が制限されている場合があるためです。

  1. サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックするか、[サイトの操作] をクリックし、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、該当する [ライブラリ] セクションでライブラリの名前をクリックします。

注:  SharePoint サイトの外観とナビゲーションは大幅に変更されている場合があります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者に問い合わせてください。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 画像ライブラリの場合は、 [設定] メニュー ([設定] メニュー) の [<ライブラリ タイプ> ライブラリの設定] をクリックします。

    • 他のライブラリの場合は、[ライブラリ ツール] の [ライブラリ] タブをクリックし、[設定] の [ライブラリの設定] をクリックします。

  2. [権限と管理] で、[この<ライブラリ タイプ> ライブラリの削除] をクリックします。

  3. 削除の確認を求めるメッセージが表示されます。削除してかまわないことを確認してから、[OK] をクリックします。

ヒント: サイトの設定によっては、誤って削除したライブラリをごみ箱から取り出して復元できることがあります。ごみ箱の使用方法の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

次の手順

ライブラリを作成した後の操作については、以下を参照してください。

  • ライブラリを整理する

  • 多数の項目でライブラリを管理する

  • ライブラリ内のファイルを追加する、開く、および編集する

  • ライブラリの設定および権限を管理する

  • ファイルのバージョン、およびチェックイン/チェックアウトの手順を制御する

  • ライブラリ テンプレートを設定し、コンテンツ タイプを追加する

  • 列とビューを使用する

  • ワークフローを使用する

次の手順の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×