ライブラリの [送信] 宛先を指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ライブラリを使用するユーザーが、指定した宛先にファイルを容易にコピーできるように、そのライブラリに対して独自の [送信] 宛先を指定できます。ライブラリに対して独自の [送信] 宛先を指定するには、そのライブラリのデザイン アクセス許可レベルが必要です。

この記事の内容

[送信] コマンドはどのように機能するか。

ドキュメント ライブラリの [送信] 宛先を指定します。

[送信] コマンドの動作

[送信] コマンドは、ライブラリの各ファイルのショートカット メニューに表示されます。サイトの管理者またはリストの管理者は、ライブラリに独自の送信先を指定し、ライブラリを使用するユーザーのショートカット メニューにこの送信先が表示されるようにすることができます。また、[送信] コマンドを使用して、指定した宛先にファイルをコピーできます。

[送信] コマンドを使用すると、ファイルを作成元のライブラリから別のライブラリにコピーできます。この方法でファイルをコピーすると、コピーはソース ファイルとの関係を保持し、ソース ファイルに行われたすべての変更をこのコピーに反映することを選択できます。また、コピーとソース ファイルが共通の列またはフィールドを共有している場合、コピーが更新されると、これらの列またはフィールドも更新されます。

[送信] コマンドによって、組織のユーザーは容易に他のユーザーと情報を共有したり、一元管理された場所に情報を発行したりできます。たとえば、マーケティング チームは市場調査文書の下書きを、部署のチーム サイトにあるドキュメント ライブラリに保存できます。これらの市場調査文書が完成すると、チームは [送信] コマンドを使用して、現場のマーケティング担当者および社内のその他のチームからアクセス可能な別のドキュメント ライブラリにこれらのドキュメントをコピーできます。マーケティング チームのメンバが [送信] コマンドを使用してドキュメントをこのコピー先にコピーするとき、ソース ドキュメントのチェックイン時に常に既存のコピーを更新するように求めるメッセージを表示することを選択できます。そうすると、マーケティング チームのメンバは必要に応じて、ソース ファイルが更新されたときに常に既存のコピーを更新するように選択できます。

[送信] コマンドを使用してファイルがコピーされると、ソース ファイルとそのすべてのコピーとの関係がサーバーによって管理されるため、[送信] コマンドを使用すると、組織内のライブラリおよびサイト全体でファイルをより容易に維持できます。ユーザーは、[コピーの管理] ページから一元的に項目のすべてのコピーを表示および管理でき、このページで、更新が求められるコピーの確認、コピーの更新設定の変更、コピーの更新、または新規コピーの作成を行うことができます。

注記: 

  • 既定では、[送信] コマンドを使用して、サイト コレクション内のライブラリにファイルをコピーできます。Microsoft Office Word 2007 などの Windows SharePoint Services 3.0 と互換性のあるプログラム、および Microsoft Internet Explorer などの Microsoft ActiveX コントロールをサポートするブラウザを備えたクライアント コンピュータからファイルをコピーする場合、サイト コレクション内のライブラリ間だけではなく、異なる Web アプリケーション間でも、[送信] コマンドを使用してファイルをコピーできます。ActiveX コントロールをサポートしていないクライアント コンピュータのブラウザからファイルをコピーする場合、ソース ライブラリと同じドメイン名 (トップ レベル サイト名) を共有するサイト コレクション内のライブラリにのみ、ファイルをコピーできます。

  • フォーム認証が有効になっているかセキュリティで保護されたサイト (https:// で始まる URL を持つサイトなど) にファイルをコピーする必要がある場合、ブラウザの信頼済みサイトの一覧にコピー先を追加する必要があります。

ページの先頭へ

ドキュメント ライブラリの [送信] 宛先を指定する

ソース ファイル (元のバージョン) が配置されているドキュメント ライブラリ内に [送信] 宛先を指定します。

  1. ファイルをコピーできるようにする SharePoint ライブラリの URL を記録します。

  2. [送信] 宛先を指定するライブラリをまだ開いていない場合、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、ライブラリの名前をクリックします。

    1. [設定] メニューの [ 設定メニュー で開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

      たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

  3. [全般設定] の [詳細設定] をクリックします。

  4. [独自の送信宛先] セクションの [宛先名] で、ファイルのコピー先となる宛先に対して簡単な名前を入力します。この名前はライブラリのショートカット メニュー上で [送信] コマンドの後ろに表示されるので、簡単な名前にすると便利です。

  5. [ URL] には、ファイルをコピーすることができるようにする、SharePoint ライブラリの Uniform Resource Locator (URL) を入力します。たとえばにコピーするのには、特定のドキュメント ライブラリまたはドキュメント ライブラリ内のフォルダーに、いずれかを入力します。 http://servername/sitename/librarynameまたはhttp://servername/sitename/libraryname/フォルダー名です。

    重要: コピー操作して、URL のこのバージョンには、[宛先ライブラリ ファイルを正常にコピーすることができなく余分な文字が含まれているために、このテキスト ボックスに、ブラウザーから直接移動先の SharePoint ライブラリの URL を貼り付けます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×