ライブラリの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007のサイトでは、いくつかの種類のファイルを保存して、それらを使用する予定の種類に応じて、ライブラリから選択できます。

この記事の内容

概要

Office SharePoint Server 2007 で使用可能なライブラリ

概要

ライブラリは、チーム メンバと共にファイルの作成、収集、更新、および管理を行うことができる、サイト上の場所です。各ライブラリにはファイルの一覧が表示されます。また、ファイルを共同作業で使用する際に役立つ、ファイルに関する重要な情報も表示されます。

いくつかの方法でライブラリをカスタマイズできます。ドキュメントの表示、追跡、管理と作成方法を制御できます。数や、バージョンの種類をなど、バージョンを追跡して承認される前にドキュメントを閲覧できるユーザーを制限することができます。ライブラリ内のドキュメントの共同作業、ワークフローを使用することができます。ライブラリ内のドキュメントの有効期限処理を管理する情報管理ポリシーを指定できます。

格納するファイルの種類と用途に応じて、各種のライブラリから使用するライブラリを選択できます。

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007で使用可能なライブラリ

  • ドキュメント ライブラリ    ドキュメント、スプレッドシートなど、多くのファイルの種類のドキュメント ライブラリを使用します。ファイルの種類によっては、セキュリティ上の理由ブロックされるのでは、ドキュメント ライブラリで他の種類のファイルを保存できます。Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のあるプログラムで作業する場合は、ライブラリからこれらのファイルを作成できます。たとえば、マーケティング チームには、資料、ニュース リリースでは、その文書を計画するための独自のライブラリがあります。

  • 画像ライブラリ    デジタル画像やグラフィックスのコレクションを共有するには、[画像ライブラリを使用します。他の種類の SharePoint ライブラリで画像を保存できますが、画像ライブラリによって、いくつかの利点があります。たとえば、画像ライブラリからスライド ショーで画像を表示、お使いのコンピューターに画像をダウンロードするOffice SharePoint Server 2007と互換性があるグラフィックス プログラムで画像を編集します。チームは、ロゴ、企業イメージなど、多くのグラフィックを再利用する場合、またはチームのイベントの写真を保存する、または製品の発売画像ライブラリを作成することを検討してください。

  • Wiki ページ ライブラリ接続されている wiki ページのコレクションを作成するには、wiki ページ ライブラリを使用します。Wiki を簡単に作成および変更のある形式で日常的な情報を収集する複数のユーザーを有効にします。画像、テーブル、ハイパーリンクと内部のリンクが含まれる wiki ページをライブラリに追加することができます。たとえば、チームは、プロジェクトの wiki サイトを作成する場合、サイトを格納できますのヒントとテクニック相互に接続するページの系列のします。

  • フォーム ライブラリ    ビジネスの XML ベース フォームのグループを管理する必要がある場合は、フォーム ライブラリを使用します。たとえば、組織は経費明細書フォーム ライブラリを使用することがあります。フォーム ライブラリを設定するには、XML エディターまたはOffice SharePoint Server 2007、Microsoft Office InfoPath などと互換性がある XML デザイン プログラムが必要です。

  • レポート ライブラリ    レポート ライブラリは、組織の作成、管理、ビジネス データ Web パーツ、主要業績評価指標 (KPI) Web パーツに含まれる情報を共有および Excel Web Access Web パーツは、ビジネス インテリジェンス分析に使用します。レコード センター サイト テンプレートは、既定では、レポート ライブラリを持つが、すべてのサイト コレクション内のドキュメント ライブラリを作成できるユーザー レポート ライブラリを作成することができます。レポート ライブラリでは、各レポートでは、バージョン履歴が含まれていて、以前のバージョンをアーカイブします。ユーザーは、特別なイベントやマイルス トーン、レポートの新しいバージョンを作成して、以前のレポートを後で元に戻します。

  • 翻訳管理ライブラリ    翻訳管理ライブラリでは、作成、保存、およびビューと手動のドキュメントの翻訳プロセスを容易に特定の機能を提供することで、翻訳済みドキュメントを管理するに企業を支援します。翻訳管理ライブラリは、ドキュメントとその翻訳を格納するために設計されています。ライブラリでは、元の文書とその翻訳の関係を追跡し、[すべて見つけやすいようにするには、このドキュメントのグループ化します。さらに、ライブラリは、手動でのドキュメントの翻訳プロセスを管理するために設計されている特別な翻訳管理ワークフローを構成できます。

  • データ接続ライブラリ    データ接続ライブラリは、組織に発行できますのユーザーを検索し、必要なデータ ソースを使用して簡単に接続ファイル一元的に新しい SharePoint ドキュメント ライブラリです。データ接続ファイルが簡単に作成し、更新、およびソリューションの設計者できます簡単に再利用から2007 Microsoft Office systemクライアント アプリケーション内でします。

  • スライド ライブラリ    スライド ライブラリでは、 Microsoft Office PowerPoint 2007ユーザーが個々 のスライド プレゼンテーションからを共有する、スライドの再利用、スライドの履歴を追跡、個々 のスライドをプレゼンテーションにコンパイルを許可して、プレゼンテーションのスライドが変更されたときに通知を受信します。Office PowerPoint 2007からスライド ライブラリにスライドを発行することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×