ライブラリのファイルのチェックアウト、チェックイン、または変更の破棄を行う

ライブラリのファイルのチェックアウト、チェックイン、または変更の破棄を行う

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

サイト上のファイルを変更するとき、そのファイルを他のユーザーが編集できないようにするには、ファイルをチェックアウトします。 チェックアウトしたファイルはオンラインまたはオフラインで編集でき、必要であれば何度も保存できます。

編集を完了してファイルをライブラリに再びチェックインすると、変更が他のユーザーに表示され、適切なアクセス許可を持っているユーザーがファイルを編集できるようになります。 ファイルを変更しない、またはファイルに加えた変更を保持しない場合は、チェックアウトを破棄すればバージョン履歴には影響しません。

ヒント: Office ドキュメントを他のユーザーと同時に編集したい場合は (共同編集とも呼ばれます)、ドキュメントをチェックアウトしないでください。 この場合は単に開いて編集してください。 ただし、後で誤りがあった場合に前のバージョンのドキュメントを復元する必要があるため、最初にライブラリのバージョン管理を有効にしておくことをお勧めします。 共同編集について詳しくは、「ドキュメントのグループ作業と共同編集」をご覧ください。

ドキュメントをチェックアウトして編集する場合は、オンラインで行う場合もダウンロードする場合も、次の順序で処理します。

  • ドキュメントをチェックアウトする

  • サポートされているアプリでドキュメントを開くか、ダウンロードします。

  • ドキュメントを編集する

  • 文書を保存してアップロードするか

  • ドキュメントをチェックインする

ライブラリの中には、ファイルのチェックアウトを要求するように設定されているものもあります。 チェックアウトが必要な場合は、編集するすべてのファイルをチェックアウトするように求めるメッセージが表示されます。 ファイルの作業が終了したら、ファイルを再びチェックインするか、チェックアウトを破棄する必要があります。

ライブラリでチェックアウトが要求されない場合は、他のユーザーが同時に編集することが問題にならなければ、チェックアウトする必要はありません。

ヒント: チームの共同編集を使用するプランをお勧めライブラリでは、少なくともメジャー バージョン管理を有効にする場合に備えて、誤って他のユーザーと、すべてのユーザーが共同編集をライブラリに同じ名前のドキュメントをアップロードします。 これにより、変更が失われる場合、ドキュメントの以前のバージョンを復元できます。 さらに詳しい情報を有効にしてリストまたはライブラリのバージョン管理を構成するを参照してください。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します。 別のページでライブラリのビューが表示されている場合は、ライブラリのタイトルを最初にクリックすることが必要になる場合があります。 たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初に [ドキュメント] をクリックすることが必要になる場合があります。

  2. ファイル、またはチェック アウトするには、ファイルを選択し、[チェック アウト] を選びます。

    注: 

    • クラシックのエクスペリエンス] で検索チェック アウトの [ファイル] タブをリボンにします。

    • ファイルをチェック アウトしたファイル名の横にあるアイコンは緑、下向き矢印 アイコンの画像 によって対応されて部分的にします。 この矢印は、ファイルがチェックアウトされていることをすべてのユーザーに示します。 チェックアウトされたファイルのアイコンをポイントすると、ドキュメント名とチェックアウトしたユーザーの名前が表示されます。

ライブラリにファイルをもう一度チェックインするまで、ファイルおよびファイルに加えた変更は同僚に表示されません。

ローカルで作業するためにドキュメントをダウンロードした場合、チェックインの前にファイルをアップロードします。 方法については、「ファイルをライブラリにアップロードする」をご覧ください。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します。 別のページでライブラリのビューが表示されている場合は、ライブラリのタイトルを最初にクリックすることが必要になる場合があります。 たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初に [ドキュメント] をクリックすることが必要になる場合があります。

  2. ファイル、またはファイルをチェックインするを選択し、確認] を選択します。

    注: 従来のエクスペリエンス] で検索チェックイン[ファイル] タブをリボンにします。

  3. [コメント] 領域に、変更した内容を説明するコメントを追加します。 この手順は省略可能ですが、ベスト プラクティスとしては、省略しないことをお勧めします。 1 つのファイルを複数のユーザーが共同編集している場合、チェックイン コメントは特に役立ちます。 さらに、組織でバージョンを管理している場合、コメントはバージョン履歴の一部となり、以前のバージョンのファイルを復元する必要がある場合に備えて今後重要となる可能性があります。

  4. [OK] をクリックします。 ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

ファイルをチェックアウトしても変更しなかった場合、または変更してもその内容を保存したくない場合は、ファイルを保存せずにチェックアウトを破棄できます。 組織でバージョンを管理している場合は、ファイルをライブラリにもう一度チェックインするたびに新しいバージョンが作成されます。 チェックアウトを破棄すれば、ファイルを変更しなかったときに新しいバージョンが作成されません。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します。 (別のページ上のライブラリのビューを表示している、した最初にライブラリのタイトルをクリックします。 たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初のドキュメント] をクリックする必要があります)。

  2. 変更を破棄するファイルを 1 つ以上選択し、[ファイル]、[チェックアウトの破棄] の順にクリックします。

  3. [OK] をクリックし、チェックアウトの破棄を終了します。 ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

アクセス許可がある場合は、他の人がファイルをチェックインがチェック アウトを確認できます。 

チェックインすると、ファイルと、it が他のユーザーにチェック アウトされている警告ダイアログ ボックスが表示されます。 代わるチェックインする場合は、 [ok]を選択します。

別のユーザー ファイルのチェックインで生じた警告のスクリーン ショット

ファイルにアクセスする必要がありますが、チェック アウトされている、どのユーザーを表示することができますが、チェック アウトした、お問い合わせようにします。 チェックアウトしたユーザーを表示するには、ドキュメントのアイコンをマウスでポイントし、チェックアウトしているユーザーの名前を含むヒントをポップアップ表示させます。

注: 一部の機能で対象のリリース プログラムに加入している組織に徐々 に導入されています。 つまり、この機能はまだ表示されない場合があります。または、このヘルプ記事で説明されている機能とは異なって見える場合があります。

ファイルは 1 つずつ、または一度に複数チェックインすることができます。 複数のファイルを一度にチェックすると、それらのファイルはすべて、チェックアウトを維持するための設定、またはコメントが同じになります。 手順は次のとおりです。

  1. ドキュメント ライブラリで、ドキュメント アイコンの左側にあるチェック マークをクリックして、チェックインするすべてのファイルを選択します。

  2. チェックインを選択します。

    注: 従来のエクスペリエンス] で検索チェックイン[ファイル] タブをリボンにします。

  3. [コメント] 領域に、変更した内容を説明するコメントを追加します。 このコメントは、チェックするすべてのファイルで使用されます。

  4. [OK] をクリックします。 ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×