ライブラリのファイルのチェックアウト、チェックイン、または変更の破棄を行う

ライブラリのファイルのチェックアウト、チェックイン、または変更の破棄を行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト上のファイルを変更するとき、そのファイルを他のユーザーが編集できないようにするには、ファイルをチェックアウトします。チェックアウトしたファイルはオンラインまたはオフラインで編集でき、必要であれば何度も保存できます。このトピックでは、SharePoint ライブラリでのファイルのチェックアウト、チェックイン、変更の破棄の方法を説明します。よく寄せられる質問に対する回答については、「チェックアウト、チェックイン、バージョン管理について、よく寄せられる質問」を参照してください。

[ファイル] リボンの [開いてチェックアウト] セクションの下のボタン群

編集を完了してファイルをライブラリに再びチェックインすると、変更が他のユーザーに表示され、適切なアクセス許可を持っているユーザーがファイルを編集できるようになります。ファイルを変更しない、またはファイルに加えた変更を保持しない場合は、チェックアウトを破棄すればバージョン履歴には影響しません。

ヒント:  Office ドキュメントを他のユーザーと同時に編集したい場合は (共同編集とも呼ばれます)、ドキュメントをチェックアウトしないでください。この場合は単に開いて編集してください。ただし、後で誤りがあった場合に前のバージョンのドキュメントを復元する必要があるため、最初にライブラリのバージョン管理を有効にしておくことをお勧めします。共同編集について詳しくは、「ドキュメントのグループ作業と共同編集」をご覧ください。

ドキュメントをチェックアウトして編集する場合は、オンラインで行う場合もダウンロードする場合も、次の順序で処理します。

  • ドキュメントをチェックアウトする

  • ドキュメントをダウンロードするか、オンライン アプリで開く

  • ドキュメントを編集する

  • ドキュメントをアップロードするか、オンライン アプリで保存する

  • ドキュメントをチェックインする

ライブラリの中には、ファイルのチェックアウトを要求するように設定されているものもあります。チェックアウトが必要な場合は、編集するすべてのファイルをチェックアウトするように求めるメッセージが表示されます。ファイルの作業が終了したら、ファイルを再びチェックインするか、チェックアウトを破棄する必要があります。

ライブラリでチェックアウトが要求されない場合は、他のユーザーが同時に編集することが問題にならなければ、チェックアウトする必要はありません。

ヒント: チームで共同編集を使おうと計画しているのであれば、ライブラリで少なくともメジャー バージョン管理をオンにすることをお勧めします。これは、だれかがライブラリ内で共同編集しているものと同じ名前のドキュメントを誤ってアップロードしてしまった場合などに備える、念のための対策です。そうすることで、変更内容が失われても、ドキュメントの前のバージョンに復元できます。詳しくは、「リストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する」をご覧ください。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します。別のページでライブラリのビューが表示されている場合は、ライブラリのタイトルを最初にクリックすることが必要になる場合があります。たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初に [ドキュメント] をクリックすることが必要になる場合があります。

  2. チェックアウトするファイルを 1 つ以上選択し、[ファイル]、[チェックアウト] の順にクリックします。

    ツール ヒントが表示された [チェックアウト] ボタン

    注記: 

    • ファイルがチェックアウトされると、ファイル名の横にあるアイコンを部分的に覆うように、緑色の下矢印 アイコンの画像 が表示されます。この矢印は、ファイルがチェックアウトされていることをすべてのユーザーに示します。チェックアウトされたファイルのアイコンをポイントすると、ドキュメント名とチェックアウトしたユーザーの名前が表示されます。

ドキュメントをチェックアウトした場合は、該当するファイルを開くか、ダウンロードするか、オンラインで編集する必要があります。ドキュメントをチェックアウトしても、自分だけがそのファイルに対して作業を行えるように設定されるにすぎません。 ドキュメントを表示するだけの場合は、ドキュメント名をダブルクリックして Office 365 で開きます。

推奨されません、可能性のある論理的にチェック アウトするファイルとそのまま残りますが、チェック アウト無期限ので、その他のユーザーを変更できます。ただしそのためより効果的ながあります。ファイルを編集することを防ぐ他のユーザーが、まだ共有するには、そのユーザーに与えるまたは表示権限のみ、最初に共有する場合のグループします。詳細については、アイデアを共有、サイト、およびコンテンツを参照してください。

ファイルをチェックアウトしても、そのファイルはチェックアウト済みを示すマークが付けられるだけです。実際にファイルをダウンロードするかオンラインで編集するまで、そのファイルに対しては何も起こりません。Excel Online や Word Online などのオンライン アプリケーションで編集したり、ローカル ドライブにダウンロードしてオフラインで作業したりできます。

ダウンロードするのでなくドキュメントをオンラインで開くには、次の手順を実行します。

Office 365 のオンライン ドキュメントをチェックを開く

  1. 次のいずれかの操作を実行します。

    • ドキュメントを右クリックし、[Word Online で開く] をクリックするか、または別の適切な Office 365 オンライン プログラム (Excel、PowerPoint など) をクリックします。

    • ドキュメントの横にある省略記号 ([...]) をクリックし、もう一度、省略記号 ([...]) をクリックして [Word Online で開く] をクリックします (または適切な Office 365 プログラムで開きます)。

  2. 完了したら、ファイルを保存するか、アプリを閉じます (Office 365 アプリは自動的に保存を行います)。

  3. ファイルをもう一度チェックする

ファイルのダウンロードは次の手順で行います。

ファイルをダウンロードする、チェック

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ドキュメントを右クリックして、[ダウンロード] をクリックします。

    • ファイルを選択し、[ファイル] リボンの [コピーのダウンロード] をクリックします。

    • 省略記号 ([...]) をクリックし、もう一度省略記号 ([...]) をクリックして、[コピーのダウンロード] をクリックします。

  2. ブラウザーの下部に表示される [保存] をクリックします。ダウンロードしたファイルを表示するには、[開く] または [フォルダーを開く] をクリックします。既定では、ファイルは [ダウンロード] フォルダーにあります。

ライブラリにファイルをもう一度チェックインするまで、ファイルおよびファイルに加えた変更は同僚に表示されません。

ローカルで作業するためにドキュメントをダウンロードした場合、チェックインの前にファイルをアップロードします。方法については、「ファイルをライブラリにアップロードする」をご覧ください。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します。別のページでライブラリのビューが表示されている場合は、ライブラリのタイトルを最初にクリックすることが必要になる場合があります。たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初に [ドキュメント] をクリックすることが必要になる場合があります。

  2. チェックインするファイルを 1 つ以上選択し、[ファイル]、[チェックイン] の順にクリックします。

    ドキュメントの [チェックイン] ボタンとツール ヒント
  3. 中間チェックインを実行し、ファイルの作業を続ける場合は、[チェックアウトの保持] 領域で [はい] をクリックします。それ以外の場合は、[いいえ] が選択された状態のままにしておきます。

    [チェックイン] ダイアログ ボックス

  4. [コメント] 領域に、変更した内容を説明するコメントを追加します。この手順は省略可能ですが、ベスト プラクティスとしては、省略しないことをお勧めします。1 つのファイルを複数のユーザーが共同編集している場合、チェックイン コメントは特に役立ちます。さらに、組織でバージョンを管理している場合、コメントはバージョン履歴の一部となり、以前のバージョンのファイルを復元する必要がある場合に備えて今後重要となる可能性があります。

  5. [OK] をクリックします。ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

ファイルをチェックアウトしても変更しなかった場合、または変更してもその内容を保存したくない場合は、ファイルを保存せずにチェックアウトを破棄できます。組織でバージョンを管理している場合は、ファイルをライブラリにもう一度チェックインするたびに新しいバージョンが作成されます。チェックアウトを破棄すれば、ファイルを変更しなかったときに新しいバージョンが作成されません。

  1. ファイルが保存されているライブラリに移動します (別のページでライブラリのビューが表示されている場合は、ライブラリのタイトルを最初にクリックすることが必要になる場合があります。たとえば、[ドキュメント] ライブラリに移動するには、最初に [ドキュメント] をクリックすることが必要になる場合があります)。

  2. 変更を破棄するファイルを 1 つ以上選択し、[ファイル]、[チェックアウトの破棄] の順にクリックします。
    SPO ドキュメントの [チェックアウトの破棄] ボタン

  3. [OK] をクリックし、チェックアウトの破棄を終了します。ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

通常、SharePoint ユーザーは、ドキュメントのチェックインおよびチェックアウトを適切な方法で行います。ただし、ユーザーの誰かがドキュメントをチェックアウトしたまま退職したり休暇を取ったりした場合、他のユーザーはそれらのファイルに対して作業が必要でもアクセスできません。フル コントロールの権限があれば、他のユーザーによってチェックアウトされたファイルをチェックインすることができます。その手順は次のとおりです。

  1. フル コントロールの権限がある場合は、ファイルをチェックインする手順に従います。

  2. チェックイン ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックすると、ファイルが他のユーザーにチェックアウトされることを警告するダイアログ ボックスが表示されます。オーバーライドし、チェックインする場合は、[OK] をクリックします。

    別のユーザー ファイルのチェックインで生じた警告のスクリーン ショット

ファイルにアクセスする必要があっても目的のファイルがチェックアウトされている場合、どのユーザーがそのファイルをチェックアウトしているのかを確認し、該当するユーザーに連絡を取ることができます。チェックアウトしたユーザーを表示するには、ドキュメントのアイコンをマウスでポイントし、チェックアウトしているユーザーの名前を含むヒントをポップアップ表示させます。

ドキュメント アイコンをマウスでポイントするとポップアップ表示される

ファイルは 1 つずつ、または一度に複数チェックインすることができます。複数のファイルを一度にチェックすると、それらのファイルはすべて、チェックアウトを維持するための設定、またはコメントが同じになります。手順は次のとおりです。

  1. ドキュメント ライブラリで、ドキュメント アイコンの左側にあるチェック マークをクリックして、チェックインするすべてのファイルを選択します。

    チェック アウトされたファイルが 3 つ選択されている
  2. [ファイル] タブをクリックし、[チェックイン] をクリックします。チェックアウトされていないファイルを選択した場合は、警告メッセージが表示されます。

    ドキュメントの [チェックイン] ボタンとツール ヒント
  3. 中間チェックインを実行し、ファイルの作業を続ける場合は、[チェックアウトの保持] 領域で [はい] をクリックします。それ以外の場合は、[いいえ] が選択された状態のままにしておきます。

    [チェックイン] ダイアログ ボックス

  4. [コメント] 領域で、変更内容を説明するコメントを追加します。このコメントは、チェックするすべてのファイルで使用されます。

  5. [OK] をクリックします。ファイルをもう一度チェックインすると、ファイルのアイコンから緑色の矢印が消えます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×