ライセンス認証ウィザードを使用して Office をライセンス認証する

ライセンス認証ウィザードでは、Office のライセンス認証プロセスを実行できます。次のオプションを選択して、開始します。

インターネットによるライセンス認証を行う

  1. ライセンス認証ウィザードで、[ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う] を選択し、[次へ] を選択します。[次へ] を選んでも何も起こらない場合は、キーボードの Enter キーを使用します。

  2. 指示に従ってアクティブ化プロセスを完了します。

    ライセンス認証が失敗した場合は、「ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う」を参照してください。

電話でライセンス認証を行う

Office 365 では電話によるライセンス認証がサポートされていないので、Office 365 を使用している場合、このオプションは無効になります。

"電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません" というメッセージが表示されたら、このエラーを無視して、この記事に記載されている特定の国/地域の電話番号にお問い合わせください。

  1. ライセンス認証ウィザードで、[ソフトウェアのライセンス認証を電話で行う] を選択し、[次へ] を選択します。[次へ] を選んでも何も起こらない場合は、キーボードの Enter キーを使用します。

  2. ライセンス認証ウィザードの手順 1 で、国/地域を選択し、選択した国/地域の下に表示されているライセンス認証専用窓口の電話番号に電話をかけます。

  3. ライセンス認証専用窓口から要求されたら、ライセンス認証ウィザードの手順 2 に表示されたインストール ID を指定します。

  4. ライセンス認証専用窓口が指示した確認 ID をライセンス認証ウィザードの手順 3 で入力します。

  5. [次へ] を選択し、指示に従ってアクティブ化プロセスを完了します。[次へ] を選んでも何も起こらない場合は、キーボードの Enter キーを使用します。

    ライセンス認証が失敗した場合は、「ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う」を参照してください。

Office を再インストールまたは移動した後でライセンス認証を行う

Office Home & Business、Office Home & Student、および Office Professional をインストールできるコンピューターは 1 台です。(自分または他人が所有する) 別のコンピューターに Office をインストールし、これらのバージョンをライセンス認証する場合、またはハードウェアを変更した後に同じコンピューターに Office をインストールし、ライセンス認証する場合、ライセンス認証回数の上限に到達したというエラー メッセージが表示されることがあります。

注: パッケージ版 Office をお持ちで、Office インストール後のライセンス認証に問題がある場合は、「Change your Office product key (Office プロダクト キーの変更)」を参照してください。

ソフトウェア ライセンス条項の移譲に関する条項に従っている場合、Office を別のコンピューターに移行できますが、電話でライセンス認証し、その後、元のコンピューターから Office をアンインストールする必要があります。

  1. 別のコンピューターに Office をまだインストールしていない場合、「Office を PC または Mac にインストールする」の指示に従ってください。

  2. 上記の「電話でライセンス認証を行う」の手順に従ってください。

  3. 元のコンピューターから Office をアンインストールします。

ソフトウェア ライセンス条項を読み、Office の譲渡に関する条項を確認する

  1. Word などの Office アプリケーションを起動します (お使いのコンピューターで Office を検索する方法はこちらです)。

    注: ソフトウェア ライセンス条項をオンラインで読む場合、ここでも確認できます。ソフトウェア ライセンス条項

  2. [ファイル]、[アカウント]、[<製品名> のバージョン情報] ([Excel のバージョン情報] など)、[マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示] の順に進みます。

  3. 所有権の譲渡に関する条項は次のセクションにあります。

    • Office 2019 および 2016 の場合、「3. Transfer to a Third Party」 (3. 第三者への譲渡) セクションを参照してください。

    • Office 2013 の場合、「Can I transfer or reassign the software to another user or computer?」 (別のユーザーまたはコンピューターにソフトウェアを譲渡または再割り当てできますか) セクションを参照してください。

ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う

ライセンス認証できない場合、ライセンス認証でよくあるエラーのトラブルシューティング方法を「Office のライセンスのない製品というエラーとアクティブ化のエラー」でご確認いただけます。

サポート サービス

それでも Office をライセンス認証できない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×