スキップしてメイン コンテンツへ

ユーティリティの図形

静的構造図では、ユーティリティ [UML ユーティリティ] 図形アイコン は基本的な構成要素ではなく、プログラミングの利便性を備えています。 ユーティリティに対して定義する属性と操作は、グローバル変数とプロシージャになります。 ユーティリティの表記法は、ステレオタイプ <<utility>> のクラスです。

[ユーティリティ] 図形に名前を付ける、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビュー 内の要素または図で要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント

図面内の図形に表示されるプロパティ値を制御するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション]をクリックします。 [ UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、オプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示と非表示を切り替えます。

[ユーティリティ] 図形の属性セクションまたは操作セクションを非表示にする

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[抑制] で [属性] または [操作] をチェックします。

[ユーティリティ] 図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、値の表示と非表示を切り替えるオプションをオンまたはオフにします。

ユーティリティの他のビューに移動する

図形を右クリックし、[表示] をクリックして、目的のビューを選び、[ OK]をクリックします。

[ユーティリティ] 図形によって所有されている図面を作成する

図形を右クリックして [] をクリックし、[新規作成] をクリックして、目的の図面の種類を選び、[ OK]をクリックします。

ユーティリティと他の要素の間の関係をビューで表示する

図形を右クリックし、[リレーションシップの表示] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×