スキップしてメイン コンテンツへ

ユースケースの図形

ユース ケース図では、ユースケース図形は、アクターがゴールを達成するためにシステムを使用しているものを表す横方向の楕円です。 通常、ユースケースは、個々のステップやトランザクションではなく、プロセスの高レベルのビューです。

ユースケース図形。

ユースケース図形に名前を指定する

  1. 図形をダブルクリックします。

    テキストフィールドが、図形の中央に表示されます。

  2. 図形の名前を入力し、完了したら Esc キーを押します。

ユース ケース図では、アクターがシステムを使ってプロセスを完了したときに発生する一連のイベントが、ユースケース UML ユース ケースの図形アイコン で表されます。 通常、ユースケースは、個々のステップやトランザクションではなく、比較的大きなプロセスです。

ユースケース図形に名前を指定し、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビュー 内の要素または図で要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント: 図面内の図形に表示されるプロパティ値を制御するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション]をクリックします。 [ UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、オプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示と非表示を切り替えます。

ユースケース図形の名前またはステレオタイプを非表示にする

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[名前またはステレオタイプ] をオフにします。

[ユースケース] 図形に拡張点を追加する

  1. ユース ケース図で、[ユースケース] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. [ユースケース] 図形をダブルクリックして、[拡張点] カテゴリをクリックします。

  3. [新規] をクリックし、拡張ポイント名を入力して、[ OK]をクリックします。

  4. 追加する拡張ポイントごとに手順3を繰り返し、[ OK]をクリックします。

ヒント: ユースケース図形の拡張点の区画を非表示にするには、図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[延長点] をオフにします。 選択した図形にのみこの変更を適用するには、[図形の表示オプション] ダイアログボックスで、現在のページ上の同じようなすべての UML 図形に適用するオプションをオフにします。

ユースケースに関連付けられているドキュメントやタグ付きの値を表示する

[ユースケース] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[プロパティ] を選択します。

ユースケースの他のビューに移動する

図形を右クリックし、[表示] をクリックして、目的のビューを選び、[ OK]をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

UML ユース ケース図を作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×