ユーザー

Office Communications Server 2007 R2 では、個々のユーザーに対して以下の操作を実行できます。

  • [ユーザーの構成] ユーザーの構成ウィザードを使用して、ユーザーの設定を変更します。

  • [ユーザーの削除] ユーザー情報を Office Communications Server から削除します。

  • [ユーザーの移動] ユーザーのプール割り当てを変更します。

  • [プロパティ] ユーザーの設定を変更します。

Office Communications Server コンソール ツリー内の [ユーザー] ノードに対してこれらの操作を実行することで、プール内のすべてのユーザーにその操作を適用することもできます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

[ユーザーの構成]

Office Communications Server 環境のグローバル プロパティでの初期構成後、または Office Communications Server に対してユーザーを有効にした後に、[ユーザーの構成] オプションまたは [プロパティ] オプションを使用して設定を微調整できます。構成できる設定は、フェデレーション、リモート ユーザー アクセス、パブリック インスタント メッセージング (IM)、拡張プレゼンス、アーカイブ、会議への匿名参加、会議ポリシー、エンタープライズ VoIP などです。

フォレストのフェデレーションを有効にした場合は、個々のユーザーのフェデレーションを有効または無効に指定できます。グローバル プロパティでユーザーの設定を使用するようにアーカイブ、会議、またはエンタープライズ VoIP を構成した場合は、ユーザーごとにアーカイブ、会議ポリシー、および音声の設定を構成できます。

リモート ユーザー アクセスや拡張プレゼンスなど、その他の設定はフォレスト レベルでは存在せず、プールごとまたはユーザーごとにのみ構成可能です。

[プロパティ] 以外の各オプションの設定は、複数のユーザーを選択してからオプションを選択すると、選択したすべてのユーザーに対して構成されます。

[ユーザーの削除]

ユーザーのすべての情報を Office Communications Server のバックエンド データベースから削除できます。Office Communications Server からユーザーを削除しても、そのユーザーが Active Directory ドメイン サービス (AD DS) から削除されるわけではありません。

[ユーザーの移動]

ユーザーをプール間で移動できます。ユーザーをホストしているサーバーまたはプールを Office Communications Server 環境から削除するか非アクティブ化する場合は、その前にユーザーを移動することをお勧めします。

注: Office Communications Server 2007 R2 から Office Communications Server 2007 R2 へのユーザーの移動については、TechNet の Microsoft Office Communications Server 2007 R2 テクニカル ライブラリで移行に関するドキュメントを参照してください。

[プロパティ]

ユーザーのプロパティとして、サインイン名、サーバーまたはプールの割り当て、会議オプション (会議への匿名参加、会議ポリシーなど)、テレフォニー オプション (エンタープライズ VoIP の有効化、ボイス ポリシー、サーバーの URI (Uniform Resource Identifier)、回線 URI、場所のプロファイルなど)、フェデレーション、リモート ユーザー アクセス、パブリック インスタント メッセージング (IM) 接続、IM アーカイブ、および拡張プレゼンスを構成できます。

ユーザーの管理の詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×