ユーザー設定リストを使ってデータを並べ替える

組み込みのユーザー設定リストを使って、曜日や月でリストを並べ替えることができます。高、中、低、または S、M、L、XL など、アルファベット順でうまく並べ替えられない場合に、他の特徴を使って並べ替えるために、ユーザー設定のリストを独自に作成することもできます。

ユーザー設定のリストを使うと、次のワークシートを納品月ごと、または優先順位ごとに並べ替えることができます。

サンプル表

組み込みのユーザー設定リストを使って曜日や月で並べ替える

  1. 並べ替える列を選びます。

    最良の結果を得るには、列に見出しをつけるようにしてください。

  2. [データ]、[並べ替え] の順にクリックします。

    [並べ替え] ボタン

  3. [] の [最優先されるキー] ボックスで、並べ替えの基準となる列をクリックします。

    たとえば、前の例を納品日で再度並べ替えるには、[並べ替え] で [納品] を選びます。

    [納品] 列で並べ替える

  4. [順序] で [ユーザー設定リスト] を選びます。

    [並べ替え] ダイアログ ボックス

  5. [ユーザー設定リスト] ボックスで、目的のリストを選び、[OK] をクリックしてワークシートを並べ替えます。

    [ユーザー設定リスト] ダイアログ ボックス

独自のユーザー設定リストを作成する

  1. 並べ替えのキーとして使う値を、並べ替える順でワークシートの列の上から下に入力します。次に例を示します。

    ユーザー設定リストの例

  2. リスト列内のセルを選び、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  3. [全般] の [ユーザー設定リストの編集] をクリックします。

  4. [ユーザー設定リスト] ボックスの [インポート] をクリックします。

    ユーザー設定リストをインポートする

ヒント: 高、中、低などリストが短い場合は、[ユーザー設定リスト] ボックスの [リストの項目] ボックスに直接入力した方が速い可能性があります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

関連項目

Excel 2016 でピボットテーブルのデータを並べ替える

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×