ユーザー設定フォームのスクリプトが既定で無効になる

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

問題

既定でユーザー設定フォーム スクリプトが無効になりました。再び有効にするには、レジストリ キーを設定する必要があります。

  1. 新しいレジストリ キーの既定値は 1 になっています。これはフォーム スクリプトが実行されないことを示しています。

    最初に次のキーを作成します。

    64 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security

    32 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office または 64 ビット版 Windows 上の 64 ビット版 Office

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security

    次に、DWORD (32 ビット) 値 0 を作成し、その名前を DisableCustomFormItemScript に設定することで、ユーザー設定フォーム スクリプトを有効にします。

  2. ユーザー設定フォーム スクリプトがすべて有効になった後、それらをフォーム メッセージ クラスごとに有効にする必要があります。たとえば、メッセージ クラス IPM.Note.Custom を持つフォームがある場合は、信頼できるフォーム メッセージ クラスとして “IPM.Note.Custom” を登録する必要があります。これを行うには、最初に次のキーを作成します。

    64 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\TrustedFormScriptList

    32 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office または 64 ビット版 Windows 上の 64 ビット版 Office

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\TrustedFormScriptList

次に、スクリプトの実行を許可するフォームごとに、このキー内に REG_SZ 値を作成します。上記の例では、“IPM.Note.Custom” という名前の REG_SZ 値が作成され、データは空のままとなります。

フォームの設計時には、[フォームの実行] では、基本フォームのメッセージ クラスを使用してフォームが実行されます。このため、IPM.Note フォームの設計を開始してから、[フォームの実行] を行う場合は、IPM.Note が登録されていることが必要になります。発行後、発行されたメッセージ クラスは確認の対象のメッセージ クラスとなります。フォームの設計が終了し、それをユーザー設定のフォーム名に発行したら、信頼できるリストから標準の “IPM.Note” フォームを削除します。

注: 

  • TrustedFormScriptList key キーの設定後は、Outlook を再起動する必要があります。

  • レジストリ キーの例では、Outlook 2016 には 16.0 を使用します。Outlook 2013 には 15.0、Outlook 2010 には 14.0、Outlook 2007 には 12.0 を使用します。

上記の変更を行うと、レジストリ キーは次のようになります。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security]

DisableCustomFormItemScript"=dword:00000000

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\TrustedFormScriptList]

"IPM.Note.Custom"=""

"IPM.Note"=""

レジストリ キー

レジストリ キー

注: 場合によっては、セカンダリ メールボックスとパブリック フォルダーのフォームがレジストリ キー設定後も機能しないことがあります。これを修正するには、セキュリティ センターのスクリプトを次のようにして有効にします:

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。次に、[セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[電子メールのセキュリティ] の順に選択します。

  2. [フォルダー内のスクリプト] セクションで [共有フォルダー内でスクリプトを許可する] と [パブリック フォルダー内でスクリプトを許可する] のチェックボックスをクリックし、[OK]、[OK] と続けてクリックして、ウィンドウを閉じます。

状態

この変更は、2017 年 9 月 12 日の Outlook パブリック更新プログラムで初めて導入され、以下から入手できる MSI 更新プログラムにも含まれています。この更新プログラムには、レジストリ キーが必要です。

Outlook 2007

Outlook 2010

Outlook 2013

Outlook 2016

[クイック実行] の状態は次のとおりです。

  1. 月次チャネル (現在のチャネル) では、9 月 18 日にリリースのビルド 16.0.8431.2079 で予定されている更新プログラムでレジストリ キーのサポートが開始されます。

  2. 半期チャネル (FRDC) では、ビルド 16.0.8431.2079 でレジストリ キーがサポートされます。

  3. 段階的提供チャネルでは、ビルド 16.0.8201.2193 でレジストリ キーがサポートされます。

  4. 遅延された拡張の状態は TBD です。

  5. Insider ファーストの状態は TBD です。

  6. Insider スローでは、ビルド 16.0.8431.2079 でレジストリ キーがサポートされます。

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご提案やフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

Outlook UserVoice

関連項目

最近の Outlook for Windows の問題に関する修正プログラムと回避策

自動のトラブルシューティング ツールを使用して、Outlook for Windows の問題を解決する

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×