ユーザー設定フィールドの Project の関数

ユーザー設定フィールドの Project の関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

これらの関数は、ユーザー設定フィールドの値を計算するために計算式で使用します。

ヒント: Project 2007 のユーザー設定フィールドに計算式を入力するには、[ツール] メニューの [ユーザー設定] をポイントし、[フィールド] をクリックします。[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、[計算式] をクリックします。Project 2010 の場合、[プロジェクト] タブをクリックし、[プロパティ] グループの [ユーザー設定フィールド] をクリックします。[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、[計算式] をクリックします。

Project の関数の概要

Microsoft Project を使用するときは、フィールドに直接格納されない値の操作が必要になる場合があります。計算式を使うと、フィールドを操作して、これらの新しい値を作成することができます。

次の例では、ユーザー設定フィールドで計算式を使用する方法について説明します。

  • ユーザー設定の数値フィールドに追加すると、次の式では、スケジュール内のタスクの現在の日付と終了日の間の日数を示す数値が返されます。

DateDiff("d",NOW(),[Finish])

  • ユーザー設定の数値フィールドに追加すると、次の式では、"No baseline"、"Overbudget by 20% or more" または "Under budget" の値が返されます。

    Switch(Len(CStr([Baseline Finish]))<3, "No baseline", ([Cost]+1)/ ([Baseline Cost]+1)>1.2,"Overbudget by 20% or more", ([Cost]+1)/([Baseline Cost]+1)>1, "Overbudget",True,"Under budget")
    The CStr function in the above formula works only if the [Baseline Finish] field is defined.

変換関数

Asc

文字列内にある先頭文字に対応する文字コードを示す整数型 (Integer) の値を返します。

構文

Asc(文字列)

文字列  任意の有効な文字列式を指定します。

CBool

式をブール型 (Boolean) に変換します。

構文

CBool()

  任意の有効な文字列式または数式を指定します。

CByte

式をバイト型 (Byte) に変換します。

構文

CByte()

  0 ~ 255 の任意の整数型 (Integer) の値を指定します。

CCur

式を通貨型 (Currency) に変換します。

構文

CCur()

  -922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807 の任意の数式の値を指定します。

CDate

式を日付型 (Date) に変換します。

構文

CDate()

  任意の有効な日付式を指定します。

CDbl

式を倍精度浮動小数点数型 (Double) に変換します。

構文

CDbl()

  任意の数式を指定します。-1.79769313486232E308 ~ -4.94065645841247E-324 (負の数)。4.94065645841247E-324 ~ 1.79769313486232E308 (正の数)。

CDec

式を 10 進型 (Decimal) に変換します。

構文

CDec()

  任意の数式を指定します。小数点以下が 0 桁 (小数部分を持たない数値) の場合、-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 ~ 79,228,162,514,264,337,593,543,950,335。小数点以下 28 桁の数値の場合、-7.9228162514264337593543950335 ~ 7.9228162514264337593543950335。最小値は 0 を除いた場合、0.0000000000000000000000000001 です。

Chr

指定した文字コードに対応する文字を示す文字列型 (String) の値を返します。

構文

Chr(文字コード)

文字コード  文字を特定するための長整数型 (Long) の値を指定します。

CInt

式を整数型 (Integer) に変換します。

構文

CInt()

  -32,768 ~ 32,767 の任意の数式を指定します。小数点以下は丸められます。

CLng

式を長整数型 (Long) に変換します。

構文

CLng()

  -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の任意の数式を指定します。小数点以下は丸められます。

CSng

式を単精度浮動小数点数型 (Single) に変換します。

構文

CSng()

  任意の数式を指定します。-3.402823E38 ~ -1.401298E-45 (負の数)。1.401298E-45 ~ 3.402823E38 (正の数)。

CStr

式を文字列型 (String) に変換します。

構文

CStr()

  任意の有効な文字列式または数式を指定します。

CVar

式をバリアント型 (Variant) に変換します。

構文

CVar()

  数値の場合は倍精度浮動小数点数型 (Double) と同じ範囲で指定します。数値以外の場合は、文字列型 (String) と同じ範囲で指定します。

DateSerial

指定した年、月、日に対応するバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

DateSerial(,,)

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。年を表す 100 ~ 9999 の範囲の数値または数式を指定します。

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

DateValue

日付を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

DateValue(日付)

日付  必ず指定します。通常は、100 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日の範囲の日付を表す文字列式を指定します。また、日付には、この範囲内の日付か時刻、またはその両方を表す任意の式を指定することもできます。

Day

月の何日かを表す 1 ~ 31 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Day(日付)

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

Hex

数値を 16 進で表した文字列型 (String) の値を返します。

構文

Hex(数値)

数値  必ず指定します。任意の有効な文字列式や数式を指定します。

Hour

1 日の時刻を表す 0 ~ 23 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Hour(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Minute

時刻の分を表す 0 ~ 59 の範囲の整数を表すバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) の値を返します。

構文

Minute(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Month

1 年の何月かを表す 1 ~ 12 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Month(日付)

日付  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

Oct

バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) の値を返します。数値を 8 進数で示します。

構文

Oct(数値)

数値  必ず指定します。任意の有効な文字列式や数式を指定します。

ProjDateConv

値を日付に変換します。

構文

ProjDateConv(式, 日付形式)

  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。日付に変換する式を指定します。

日付形式  省略可能です。日付形式を示す長整数型 (Long) の値を指定します。既定値は pjDateDefault ですが、次のいずれかの pjDateFormat 定数に置き換えることができます (日付形式の例は 2007/09/25 午後 12:33 に対して適用されます)。

  • pjDateDefault: 既定の形式です。[オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブで設定します ([ツール] メニュー)。

  • pjDate_mm_dd_yy_hh_mmAM: 07/09/25 午後 12:33

  • pjDate_mm_dd_yy: 07/09/25

  • pjDate_mm_dd_yyyy: 2007/09/25

  • pjDate_mmmm_dd_yyyy_hh_mmAM: 2007 年 09 月 25 日 午後 12:33

  • pjDate_mmmm_dd_yyyy: 2007 年 09 月 25 日

  • pjDate_mmm_dd_hh_mmAM: 09 月 25 日 午後 12:33

  • pjDate_mmm_dd_yyy: 平成 19 年 09 月 25 日

  • pjDate_mmmm_dd: 09 月 25 日

  • pjDate_mmm_dd: Sep 25

  • pjDate_ddd_mm_dd_yy_hh_mmAM: 07/09/25 (火) 午後 12:33

  • pjDate_ddd_mm_dd_yy: 07/09/25 (火)

  • pjDate_ddd_mmm_dd_yyy: 平成 19 年 09 月 25 日 火曜日

  • pjDate_ddd_hh_mmAM: 火曜日 午後 12:33

  • pjDate_mm_dd: 09/25

  • pjDate_dd: 25

  • pjDate_hh_mmAM: 午後 12:33

  • pjDate_ddd_mmm_dd: Sep 25 Tue

  • pjDate_ddd_mm_dd: 09/25 (火)

  • pjDate_ddd_dd: 25 (火)

  • pjDate_Www_dd: W40/2

  • pjDate_Www_dd_yy_hh_mmAM: 07/W40/2 午後 12:33

ProjDurConv

式を指定された単位の期間値に変換します。

構文

ProjDurConv(式,期間単位)

  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。期間に変換する式を指定します。

期間単位  省略可能です。長整数型 (Long) の値を指定します。期間の単位を示します。期間単位を省略した場合は、[オプション] ダイアログ ボックスの [スケジュール] タブにある [入力時の期間単位] ボックスで指定した単位が既定値として適用されます ([ツール] メニュー)。期間単位には、次のいずれかの pjFormatUnit クラスの定数を指定できます。

  • pjMinutes: pjElapsedMinutes

  • pjHours: pjElapsedHours

  • pjDays: pjElapsedDays

  • pjWeeks: pjElapsedWeeks

  • pjMonths: pjElapsedMonths

  • pjMinutesEstimated: pjElapsedMinutesEstimated

  • pjHoursEstimated: pjElapsedHoursEstimated

  • pjDaysEstimated: pjElapsedDaysEstimated

  • pjWeeksEstimated: pjElapsedWeeksEstimated

  • pjMonthsEstimated: pjElapsedMonthsEstimated

Second

時刻の秒を表す 0 ~ 59 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Second(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Str

数を示すバリアント型 (内部処理形式 StringVariant) の値を返します。

構文

Str(数値)

数値  必ず指定します。任意の有効な数式を示す長整数型 (Long) の値を指定します。

StrConv

指定した文字列を変換して、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

StrConv(文字列,変換方法,LCID)

文字列  必ず指定します。変換する文字列式を指定します。

変換方法  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。変換方法を指定する値の合計を指定します。

LCID  省略可能です。LocaleID がシステム LocaleID と異なる場合、LocaleID を指定します。(既定値はシステム LocaleID)

TimeSerial

指定した時間、分、秒に対応する時刻をバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) で返します。

構文

TimeSerial(, , )

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。時を表す 0 (12:00 AM) ~ 23 (11:00 PM) の範囲の数値または数式を指定します。

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

TimeValue

時刻を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

TimeValue(時刻)

時刻  必ず指定します。通常、0:00:00 (12:00:00 A.M.) ~ 23:59:59 (11:59:59 P.M.) の時刻を表す文字列式を指定します。ただし、時刻には、この範囲内の時刻を表す任意の式を指定することもできます。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Val

文字列に含まれる数値を、適切なデータ型の数値で返します。

構文

Val(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。

Weekday

何曜日であるかを表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Weekday(日付[,週の最初の曜日])

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

週の最初の曜日  省略可能です。週の始まりの曜日を表す定数を指定します。省略すると、日曜日を指定したものと見なされます。

Year

年を表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Year(日付)

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

日付と時刻の関数

CDate

式を日付型 (Date) に変換します。

構文

CDate()

  任意の有効な日付式を指定します。

Date

現在のシステムの日付を含むバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

Date

DateAdd

指定された時間間隔を加算した日付をバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値で返します。

構文

DateAdd(間隔,数値,日付)

間隔 必ず指定します。追加する時間間隔を表す "m" または "d" などの文字列式を指定します。

数値  必ず指定します。追加する時間間隔の数を表す数式を指定します。将来の日時を取得するには正の数を指定します。過去の日時を取得するには負の数を指定します。

日付  必ず指定します。時間間隔を追加する日付を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値またはリテラル文字列を指定します。

DateDiff

2 つの指定した日付の時間間隔を表すバリアント型 (内部処理形式 LongVariant) の値を指定します。

構文

DateDiff(間隔,日付 1,日付 2[,週の最初の曜日[,年の最初の週]])

間隔  必ず指定します。日付 1日付 2 の時間間隔の計算に使用する時間単位を表す文字列式を指定します。

日付 1、日付 2  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 DateVariant) のデータ形式で指定します。計算の対象となる 2 つの日付を指定します。

週の最初の曜日  省略可能です。週の始まりの曜日を表す定数を指定します。省略すると、日曜日を指定したものと見なされます。

年の最初の週  省略可能です。年の第 1 週を指定する定数を指定します。省略すると、1 月 1 日を含む週が第 1 週と見なされます。

DatePart

日付の指定した部分を含むバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) の値を返します。

構文

DatePart(間隔,日付[,週の最初の曜日[,年の最初の週]])

間隔  必ず指定します。時間間隔の単位を表す文字列式を指定します。

日付  必ず指定します。評価するバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を指定します。

週の最初の曜日  省略可能です。週の始まりの曜日を表す定数を指定します。省略すると、日曜日を指定したものと見なされます。

年の最初の週  省略可能です。年の第 1 週を指定する定数を指定します。省略すると、1 月 1 日を含む週が第 1 週と見なされます。

DateSerial

指定した年、月、日に対応するバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

DateSerial(,,)

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。年を表す 100 ~ 9999 の範囲の数値または数式を指定します。

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

DateValue

日付を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

DateValue(日付)

日付  必ず指定します。通常は、100 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日の範囲の日付を表す文字列式を指定します。また、日付には、この範囲内の日付か時刻、またはその両方を表す任意の式を指定することもできます。

Day

月の何日かを表す 1 ~ 31 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Day(日付)

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

Hour

1 日の時刻を表す 0 ~ 23 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Hour(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

IsDate

式を日付に変換できるかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。

構文

IsDate()

  必ず指定します。日付や時刻として認識できる日付式または文字列式を含むバリアント型 (Variant) の式を指定します。

Minute

時刻の分を表す 0 ~ 59 の範囲の整数を表すバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) の値を返します。

構文

Minute(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Month

1 年の何月かを表す 1 ~ 12 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Month(日付)

日付  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

Now

コンピューターのシステムの日付と時刻の設定に基づいて、現在の日付と時刻を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

Now

ProjDateAdd

ある日付にある期間を追加して、新しい日付を返します。

構文

ProjDateAdd(日付, 期間, カレンダー)

日付  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。期間を追加する基点となる日付です。

期間  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。日付に追加する期間です。

カレンダー  省略可能です。文字列型 (String) の値を指定します。新しい日付の計算に使用するカレンダーを指定します。カレンダーを省略すると、現在のリソースにはリソース カレンダーが既定のカレンダーとして適用され、現在のタスクにはタスク カレンダーか、標準カレンダー (タスク カレンダーがない場合) が既定のカレンダーとして適用されます。Project Server の場合、カレンダーの文字列型で指定されたカレンダーに関係なく、標準カレンダーが使用されます。Project Web App で作成された数式でこの関数を使用し、Project Professional で作成された同じ数式と比較するときは、期待どおりの結果を確実にするためにテストする必要があります。

注: 指定した日付から 7 日を減算する場合、次の数式、ProjDateAdd("9/24/2010", "-7d") は、Project Professional 2010 で正常に動作します。ただし、Project Server 2010 で同じ数式を実行すると、結果は 9/17/2010 ではなく、9/24/2010 となります。Project Professional 2010 と Project Server 2010 で一貫して動作する数式にするには、ProjDateAdd および ProjDateSub 関数に負のパラメーターを使用しないようにする必要があります。

ProjDateConv

値を日付に変換します。

構文

ProjDateConv(式, 日付形式)

  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。日付に変換する式を指定します。

日付形式  省略可能です。日付形式を示す長整数型 (Long) の値を指定します。既定値は pjDateDefault ですが、次のいずれかの pjDateFormat 定数に置き換えることができます (日付形式の例は 2007/09/25 午後 12:33 に対して適用されます)。

  • pjDateDefault: 既定の形式です。[オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブで設定します ([ツール] メニュー)。

  • pjDate_mm_dd_yy_hh_mmAM: 07/09/25 午後 12:33

  • pjDate_mm_dd_yy: 07/09/25

  • pjDate_mm_dd_yyyy: 2007/09/25

  • pjDate_mmmm_dd_yyyy_hh_mmAM: 2007 年 09 月 25 日 午後 12:33

  • pjDate_mmmm_dd_yyyy: 2007 年 09 月 25 日

  • pjDate_mmm_dd_hh_mmAM: 09 月 25 日 午後 12:33

  • pjDate_mmm_dd_yyy: 平成 19 年 09 月 25 日

  • pjDate_mmmm_dd: 09 月 25 日

  • pjDate_mmm_dd: Sep 25

  • pjDate_ddd_mm_dd_yy_hh_mmAM: 07/09/25 (火) 午後 12:33

  • pjDate_ddd_mm_dd_yy: 03/09/25 (火)

  • pjDate_ddd_mmm_dd_yyy: 平成 19 年 09 月 25 日 火曜日

  • pjDate_ddd_hh_mmAM: 火曜日 午後 12:33

  • pjDate_mm_dd: 09/25

  • pjDate_dd: 25

  • pjDate_hh_mmAM: 午後 12:33

  • pjDate_ddd_mmm_dd: Sep 25 Tue

  • pjDate_ddd_mm_dd: 09/25 (火)

  • pjDate_ddd_dd: 25 (火)

  • pjDate_Www_dd: W40/2

  • pjDate_Www_dd_yy_hh_mmAM: 07/W40/2 午後 12:33

ProjDateDiff

2 つの日付で指定された期間を分単位で取得します。

構文

ProjDateDiff(日付 1,日付 2,カレンダー)

日付 1  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。期間の開始日を指定します。

日付 2  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。ある期間の最後の日とする日付を指定します。

カレンダー  省略可能です。文字列型 (String) の値を指定します。期間の計算に使用するカレンダーを指定します。カレンダーを省略すると、現在のリソースにはリソース カレンダーが既定のカレンダーとして適用され、現在のタスクにはタスク カレンダーか、標準カレンダー (タスク カレンダーがない場合) が既定のカレンダーとして適用されます。Project Server の場合、カレンダーの文字列型で指定されたカレンダーに関係なく、標準カレンダーが使用されます。Project Web App で作成された数式でこの関数を使用し、Project Professional で作成された同じ数式と比較するときは、期待どおりの結果を確実にするためにテストする必要があります。

ProjDateSub

ある日付から、指定された期間をさかのぼった日付を返します。

構文

ProjDateSub(日付,期間,カレンダー)

日付  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。指定した期間をさかのぼる基点となる日付を指定します。

期間  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。日付に指定した日からさかのぼる期間を指定します。

カレンダー  省略可能です。文字列型 (String) の値を指定します。日付の差の計算に使用するカレンダーを指定します。カレンダーを省略すると、現在のリソースにはリソース カレンダーが既定のカレンダーとして適用され、現在のタスクにはタスク カレンダーか、標準カレンダー (タスク カレンダーがない場合) が既定のカレンダーとして適用されます。Project Server の場合、カレンダーの文字列型で指定されたカレンダーに関係なく、標準カレンダーが使用されます。Project Web App で作成された数式でこの関数を使用し、Project Professional で作成された同じ数式と比較するときは、期待どおりの結果を確実にするためにテストする必要があります。

注: 指定した日付から 7 日を減算する場合、次の数式、ProjDateAdd("9/24/2010", "-7d") は、Project Professional 2010 で正常に動作します。ただし、Project Server 2010 で同じ数式を実行すると、結果は 9/17/2010 ではなく、9/24/2010 となります。Project Professional 2010 と Project Server 2010 で一貫して動作する数式にするには、ProjDateAdd および ProjDateSub 関数に負のパラメーターを使用しないようにする必要があります。

ProjDateValue

式で表される日付値を返します。

構文

ProjDateValue()

  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。日付を表す式を指定します。

ProjDurConv

式を指定された単位の期間値に変換します。

構文

ProjDurConv(式,期間単位)

  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。期間に変換する式を指定します。

期間単位  省略可能です。長整数型 (Long) の値を指定します。期間の単位を示します。期間単位を省略した場合は、[オプション] ダイアログ ボックスの [スケジュール] タブにある [入力時の期間単位] ボックスで指定した単位が既定値として適用されます ([ツール] メニュー)。期間単位には、次のいずれかの pjFormatUnit クラスの定数を指定できます。

  • pjMinutes: pjElapsedMinutes

  • pjHours: pjElapsedHours

  • pjDays: pjElapsedDays

  • pjWeeks: pjElapsedWeeks

  • pjMonths: pjElapsedMonths

  • pjMinutesEstimated: pjElapsedMinutesEstimated

  • pjHoursEstimated: pjElapsedHoursEstimated

  • pjDaysEstimated: pjElapsedDaysEstimated

  • pjWeeksEstimated: pjElapsedWeeksEstimated

  • pjMonthsEstimated: pjElapsedMonthsEstimated

ProjDurValue

期間を分単位で表示します。

構文

ProjDurValue(期間)

期間  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。分単位で示す期間を指定します。

Second

時刻の秒を表す 0 ~ 59 の範囲の整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Second(時刻)

時刻  必ず指定します。時刻を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Time

現在のシステムの時刻をバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) で返します。

構文

時間

Timer

午前 0 時 (真夜中) から経過した秒数を単精度浮動小数点数型 (Single) で返します。

構文

Timer

TimeSerial

指定した時間、分、秒に対応する時刻をバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) で返します。

構文

TimeSerial(, , )

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。時を表す 0 (12:00 AM) ~ 23 (11:00 PM) の範囲の数値または数式を指定します。

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) のデータ形式で指定します。任意の数式を指定します。

TimeValue

時刻を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

TimeValue(時刻)

時刻  必ず指定します。通常、0:00:00 (12:00:00 A.M.) ~ 23:59:59 (11:59:59 P.M.) の時刻を表す文字列式を指定します。ただし、時刻には、この範囲内の時刻を表す任意の式を指定することもできます。時刻Null の場合は、Null 値が返されます。

Weekday

何曜日であるかを表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Weekday(日付[,週の最初の曜日])

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

週の最初の曜日  省略可能です。週の始まりの曜日を表す定数を指定します。省略すると、日曜日を指定したものと見なされます。

Year

年を表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Year(日付)

日付  必ず指定します。日付を表す任意のバリアント型 (Variant) の値、数式、文字列式、またはこれらを任意に組み合わせた値を指定します。日付Null の場合は、Null 値が返されます。

標準関数

Choose

引数のリストから値を選択して返します。

構文

Choose(インデックス,式1,式2, ..., 式n)

インデックス  必ず指定します。1 から利用可能な選択肢の数までの範囲内の値を返す数式またはフィールドを指定します。

  必ず指定します。選択肢のいずれかを格納するバリアント型 (Variant) の式を指定します。

IIf

式の評価によって、2 つの値のいずれか 1 つを返します。

構文

IIf(,真の値,偽の値)

  必ず指定します。評価対象のバリアント型 (Variant) の式を指定します。

真の値  必ず指定します。指定した式が真 (True) のときに返す値または式を指定します。

偽の値  必ず指定します。指定した式が偽 (False) のときに返す値または式を指定します。

IsNumeric

式が数値として評価できるかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。

構文

IsNumeric()

  必ず指定します。数式または文字列式を含むバリアント型 (Variant) の式を指定します。

IsNull

式に無効なデータ (Null 値) が含まれているかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。

構文

IsNull()

  必ず指定します。数式または文字列式を含むバリアント型 (Variant) の式を指定します。

Switch

式の一覧を評価し、一覧の中で真 (True) である最初の式に関連付けられた、バリアント型 (Variant) の値または式を返します。

構文

Switch(式1,値1,式2,値2,...,式n,値n)

数値演算関数

Abs

引き渡した数値の絶対値を同じデータ型で返します。

構文

Abs(数値)

数値  必ず指定します。任意の有効な数式を指定します。数値Null が含まれる場合、Null を返します。また、初期化されていない変数が指定されている場合は、0 を返します。

Atn

指定した数値のアーク タンジェントを倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Atn(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または任意の有効な数式を指定します。

Cos

指定した角度のコサインを倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Cos(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または角度をラジアン単位で表す有効な数式を指定します。

Exp

e (自然対数の底) をべき乗して倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Exp(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または任意の有効な数式を指定します。

Fix

数値の整数部を返します。数値が負の値の場合、数値以上の最小の負の整数を返します。

構文

Fix(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または任意の有効な数式を指定します。数値Null の場合は、Null 値が返されます。

Int

数値の整数部を返します。数値が負の値の場合、数値以下の最大の負の整数を返します。

構文

Int(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または任意の有効な数式を指定します。数値Null の場合は、Null 値が返されます。

Log

指定した数値の自然対数を、倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Log(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または 0 を超える任意の有効な数式を指定します。

Rnd

乱数を含む単精度浮動小数点数型 (Single) を返します。

構文

Rnd(数値)

数値  必ず指定します。単精度浮動小数点数型 (Single) の数値、または任意の有効な数式を指定します。

Sgn

指定した数値の符号をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Sgn(数値)

数値  必ず指定します。任意の有効な数式を指定します。

戻り値は以下のとおりです。

  • 数値が 0 より大きい場合、Sgn は 1 を返します。

  • 数値が 0 に等しい場合、Sgn は 0 を返します。

  • 数値が 0 より小さい場合、Sgn は -1 を返します。

Sin

指定した角度のサインを倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Sin(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または角度をラジアン単位で表す有効な数式を指定します。

Sqr

数式の平方根を倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Sqr(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または 0 以上の任意の有効な数式を指定します。

Tan

指定した角度のタンジェントを倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値で返します。

構文

Tan(数値)

数値  必ず指定します。倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値、または角度をラジアン単位で表す有効な数式を指定します。

文字列操作関数

Asc

文字列内にある先頭文字に対応する文字コードを示す整数型 (Integer) の値を返します。

構文

Asc(文字列)

文字列  任意の有効な文字列式を指定します。

Chr

指定した文字コードに対応する文字を示す文字列型 (String) の値を返します。

構文

Chr(文字コード)

文字コード  文字を特定するための長整数型 (Long) の値を指定します。

Format

式を指定した書式に従って変換し、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) の値を返します。

構文

Format([,書式[,週の最初の曜日[,年の最初の曜日]]])

  必ず指定します。任意の有効な式を指定します。

書式  省略可能です。有効な名前の書式、またはユーザーが定義した書式を指定します。

週の最初の曜日  省略可能です。週の始まりの曜日を表す定数を指定します。

年の最初の週  省略可能です。年の第 1 週を指定する定数を指定します。

Instr

ある文字列の中から指定した文字列が最初に見つかった位置をバリアント型 (内部処理型 LongVariant) で返します。

構文

Instr([開始位置,]文字列 1,文字列 2[,比較モード])

開始位置  省略可能です。検索の開始位置を設定する数式を指定します。省略すると、先頭の文字から検索されます。開始位置Null が含まれる場合、エラーが発生します。比較モードを指定した場合は、引数開始位置も指定します。

文字列 1  必ず指定します。検索対象となる文字列式を指定します。

文字列 2  必ず指定します。文字列 1 内で検索する文字列を指定します。

比較モード  省略可能です。文字列比較の比較モードを指定します。比較モードが Null の場合、エラーが発生します。比較モードを省略すると、OptionCompare の設定によって、比較モードが決まります。

LCase

アルファベットの大文字を小文字に変換して文字列型 (String) で返します。

構文

LCase(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

Left

文字列の左端から指定した文字数の文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Left(文字列,文字数)

文字列  必ず指定します。文字列式の左端から指定した文字数の文字を返します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

文字数  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 LongVariant) の値を返します。返す文字数を表す数式を指定します。0 を指定した場合は、長さ 0 の文字列 ("") を返します。文字列の文字数以上の場合は、文字列全体を返します。

Len

文字列の文字数や変数を記憶するために必要なバイト数を、長整数型 (Long) で返します。

構文

Len(文字列,変数名)

文字列  任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

変数名  任意の有効な変数名を指定します。変数名Null の場合は、Null 値が返されます。変数名がバリアント型 (Variant) の場合、Len 関数は変数名を文字列型 (String) と同じように処理し、常に変数名が示す文字数を返します。

LTrim

指定した文字列から先頭のスペースを削除した文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

LTrim(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

Mid

文字列から指定した文字数の文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Mid(文字列,開始位置[,文字数])

文字列  必ず指定します。文字列式から指定した文字数の文字列を返します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

開始位置  必ず指定します。長整数型 (Long) の値を指定します。文字列のどの位置から文字を取り出すかを先頭からの文字数で指定します。開始位置文字列の文字数を超える場合、Mid 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。

文字数  省略可能です。バリアント型 (内部処理形式 LongVariant) の値を返します。返す文字列数を指定します。この引数が省略された場合、またはテキスト内の文字数よりも短い場合 (開始位置の文字を含め) は、開始位置から後のすべての文字列が返されます。

Right

文字列の右端から指定した文字数の文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Right(文字列,文字数)

文字列  必ず指定します。文字列式の右端から文字列を返します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

文字数  必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 LongVariant) の値を返します。返す文字数を表す数式を指定します。0 を指定した場合は、長さ 0 の文字列 ("") を返します。文字列の文字数以上の場合は、文字列全体を返します。

RTrim

指定した文字列の末尾のスペースを削除した文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

RTrim(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

Space

指定した数のスペースを、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Space(数値)

数値  必ず指定します。文字列のスペース数を指定します。

StrComp

文字列を比較した結果を、バリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

StrComp(文字列 1,文字列 2[,比較モード])

文字列 1  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。

文字列 2  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。

比較モード  省略可能です。文字列比較の比較モードを指定します。引数比較モードNull が含まれる場合は、エラーが発生します。

StrConv

指定した文字列を変換して、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

StrConv(文字列,変換方法,LCID)

文字列  必ず指定します。変換する文字列式を指定します。

変換方法  必ず指定します。整数型 (Integer) のデータ形式で指定します。変換方法を指定する値の合計を指定します。

LCID  省略可能です。LocaleID がシステム LocaleID と異なる場合、LocaleID を指定します。(既定値はシステム LocaleID)

String

ある文字を指定した文字数だけ繰り返して、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

String(数値,文字)

数値  必ず指定します。長整数型 (Long) の値を指定します。返す文字列の長さを指定します。数値Null の場合は、Null 値が返されます。

文字  必ず指定します。バリアント型 (Variant) の値を指定します。文字を指定する文字コード、または先頭文字が返す文字列を作成するために使用される文字列式を指定します。文字Null の場合は、Null 値が返されます。

Trim

指定した文字列の先頭または末尾のスペースを削除した文字列のコピーを、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Trim(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

UCase

指定したアルファベットの小文字を大文字に変換し、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

UCase(文字列)

文字列  必ず指定します。任意の有効な文字列式を指定します。文字列Null の場合は、Null 値が返されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×