ユーザー設定フィールドと参照テーブルを作成または変更する

Microsoft Project Server 2010 の [新しいユーザー設定フィールド] ページでは、ユーザー設定フィールドのオプションを指定できます。新しいエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成したり、既存のフィールドを編集したりするには、次のようにします。

エンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成または変更するには:

  1. PWA サーバー設定ページで、[エンタープライズ ユーザー設定フィールドと参照テーブル] をクリックします。

  2. [エンタープライズ ユーザー設定フィールド] セクションで、変更するフィールドをクリックするか、新しいフィールドを作成するには [新しいフィールド] をクリックします。

  3. [ユーザー設定フィールド] ページで、使用するユーザー設定フィールドのオプションを指定します。各フィールドについては以下のセクションで説明します。

  4. [保存] をクリックします。

[名前] と [説明]

[名前] と [説明] 領域を使用して、ユーザー設定フィールドの名前と説明を指定します。次の表では各フィールドについて説明します。

属性

説明

名前

ユーザー設定フィールドの名前です。

説明

ユーザー設定フィールドの説明です。

ページの先頭へ

[エンティティ] と [種類]

[エンティティ] と [種類] 領域を使用して、プロジェクト、リソース、タスクのどのユーザー設定フィールドを作成するか、およびフィールドのデータの種類を指定します。

次の表では、使用可能な各エンティティについて説明します。

属性

説明

プロジェクト

プロジェクト レベルで適用するエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成する場合に選択します。

リソース

リソース レベルで適用するエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成する場合に選択します。

タスク

タスク レベルで適用するエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成する場合に選択します。

[種類] セクションでは、ユーザー設定フィールドのデータの種類を定義します。ここで選択する値により、[属性]、[サマリー行の計算]、[動作] セクションで使用できるオプションが変わります。次の表では、使用可能なユーザー設定フィールドの種類について説明します。

属性

説明

コスト

通貨データを定義するにはコスト ユーザー設定フィールドを使用します。たとえば、コスト ユーザー設定フィールドを使うと、プロジェクトの承認済み予算を定義できます。

日付

日付型のデータを指定するには日付ユーザー設定フィールドを使用します。たとえば、"プロジェクト承認日" という名前のエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成し、それを使用してプロジェクトが承認された日付を記録できます。

期間

期間を定義するには、期間ユーザー設定フィールドを使用します。多くの場合、期間はユーザー設定の式を使用する計算として定義されます。たとえば、期間ユーザー設定フィールドを使用すると、プロジェクトの本来のスケジュールと実際のスケジュールの差異を表示および保存する手段を定義できます。

フラグ

選択肢が 2 つだけのデータを定義するには、フラグ ユーザー設定フィールドを使用します。たとえば、フラグ フィールドを使用すると、フィールドを表示するかどうかを決定したり、特定のデータ セットをプロジェクトで使用できるようにするかどうかを制御するマクロを有効にしたりできます。

数値

数値データ セットを定義したり、ユーザー設定の式を使用してユーザー設定の計算を実行するには、数値ユーザー設定フィールドを使用します。たとえば、タスク レベルのフィールドを使用すると、ソフトウェア開発プロジェクトでの予想コード行数を記録したり、プロジェクトの実際のコストと提案コストを比較したりできます。

文字列

階層構造になっていない単純な英数字データを定義するには、文字列ユーザー設定フィールドを使用します。たとえば、"プロジェクト ステータス" という名前の文字列ユーザー設定フィールドを作成し、"開始済み"、"承認済み"、"進行中"、"一時休止"、"中止済み"、"終了済み" などのオプションを格納できます。

ページの先頭へ

ユーザー設定属性

[プロジェクト テキスト] ユーザー設定フィールドを選ぶと、ユーザー設定フィールドに対して 1 行または複数行のテキストを指定できます。

次の表ではユーザー設定テキストのオプションについて説明します。

属性

説明

1 行テキスト

ユーザー設定フィールドを 1 行のテキストにする場合に選択します。このオプションは、[プロジェクト テキスト] フィールドに対してのみ使用できます。

複数行テキスト

ユーザー設定フィールドを複数行のテキストにする場合に選択します。このオプションは、[プロジェクト テキスト] フィールドに対してのみ使用できます。このオプションを使用して作成されたプロジェクト フィールドは、Project Professional 2010 のプロジェクト情報タブに表示されません。ただし、Web ベースのプロジェクト詳細ページを使用してこのフィールドを公開することはできます。

ユーザー設定の参照テーブルでユーザー設定フィールドの値を提供するように指定できます。これにより、ユーザー設定フィールドに対して選択される値を制御できます。次のようなことが可能です。

  • 他の値が選択されない場合の既定値を設定するかどうかを選択します

  • 参照テーブルから複数の値を選択できるようにするかどうかを選択します

  • 下位テーブルのないテーブルの値に使用可能な値を制限します

参照テーブル オプションは、フィールドの種類として [文字列] を選択した場合に使用できます。

次の表では、ユーザー設定フィールドのルックアップ テーブル オプションについて説明します。

属性

説明

参照テーブル

このユーザー設定フィールドを関連付けるエンタープライズ ユーザー設定参照テーブルの名前です。参照テーブルをフィールドと関連付けて保存した後は、参照テーブルの関連付けを削除することはできません。そのため、この関連付けを行う前に、参照テーブルが必要であることをご確認ください。

新しいアイテムを追加するときに既定として使用する値を選択します

ユーザーが値を指定しない場合の既定値をこのユーザー設定フィールドに設定する場合は、このチェック ボックスをオンして、既定値を選びます。

既定値

ユーザーが値を指定しない場合にこのフィールドで使用される既定値です。値を設定するには、参照ボタンをクリックして目的の値を選択します。

下位に値を持たないコードのみを許可する

下位の値を持たない参照テーブルの値 (つまり、各ブランチの最下位レベルの値) のみを許可する場合は、このオプションをオンにします。

参照テーブルから複数の値を選択できるようにします。

ユーザーが参照テーブルから複数の値を選択できるようにする場合は、このオプションをオンにします。この設定をオンにして保存した後は、設定を削除することはできません。

注:  参照テーブルを参照するユーザー設定フィールドを作成する場合は、ユーザー設定フィールドを作成する前に参照テーブルを作成します。

エンタープライズ ユーザー設定フィールドをプロジェクトで使用したときのデータの測定方法や情報の表示方法に関する独自のパラメーターを、式を使用して定義できます。エンタープライズ ユーザー設定フィールドの種類によっては、式を使用できない場合があります。

式オプションはすべてのフィールドの種類で利用できます。

注:  ユーザー設定フィールドと関連付けられた式は、変更することはできますが削除することはできません。

  • 既知の式を使用するには、[式の編集] ボックスに式を入力します。

  • 式にフィールドを追加するには、[フィールドの選択] をクリックし、フィールドの種類をポイントして、参照するフィールドの名前をクリックします。既存のエンタープライズ ユーザー設定フィールドを参照するには、フィールドの種類をポイントし、ユーザー設定フィールドの種類を ([ユーザー設定の日付]、[ユーザー設定の終了日] など) をポイントして、エンタープライズ ユーザー設定フィールドをクリックします。

  • 式で関数を使用するには、[関数の選択] をクリックし、関数の種類をクリックして、使用する関数をクリックします。各関数にはプレースホルダー引数が含まれており、使用するフィールドと値に置き換えることができます。

  • 標準の演算子セットを使用して式を作成するには、[演算子の選択] をクリックして、必要な演算子を選びます。式の演算には参照フィールド、関数、またはリテラル データが使われます。

次の表では式のオプションについて説明します。

属性

説明

式の入力

使用する式です。

フィールドの挿入

式にフィールド (コスト、日付、期間、フラグ、数値、または文字列) を挿入します。

関数の挿入

式に関数 (変換、日付/時刻、一般、数学、Microsoft Project、文字列) を挿入します。

演算子の挿入

演算子 (数学またはブール) を式に挿入します。

ページの先頭へ

部署

ユーザー設定フィールドと関連付ける部署を選ぶことができます。部署を選択すると、その部署のメンバーではないユーザーに対するユーザー設定フィールドの表示を制限できます。部署を指定しないと、すべてのユーザーがユーザー設定フィールドを見ることができます。

[部署] に使用できる値は、[部署] ユーザー設定参照テーブルで指定します。

ページの先頭へ

サマリー行の計算

エンティティの種類が [リソース] および [タスク] の場合は、サマリー行の計算方法のオプションを選ぶことができます。

フィールドの種類が [文字列] の場合はサマリー行の計算を使用できないことにご注意ください。

次の表では、サマリー タスクの計算に関するオプションについて説明します。

属性

説明

なし

サマリー行およびグループ サマリー行にユーザー設定フィールドを適用しない場合は、[なし] を選びます。

重ね合わせ

個別の行をサマリー行に集計するには、[重ね合わせ] を選びます。

式を使う

特定の式を使ってサマリー行を計算するには、[式を使う] を選びます。使用する式を [属性] で指定する必要があります。

ページの先頭へ

割り当て行の計算

リソースの種類が [リソース] および [タスク] の場合は、割り当て行に対する細分化の計算の使用を選びます。

次の表では、割り当て行の計算に関するオプションについて説明します。

属性

説明

なし

割り当て行を細分化しない場合は、[なし] を選びます。

手動で指定する場合を除き細分化

タスクまたはリソース レベルで入力されたデータを細分化して同じ値の各割り当てにコピーする場合は、[細分化] を選びます。

ページの先頭へ

表示する値

生のデータを表示するか、またはデータをグラフィカルに表現するかを選ぶことができます。

[マーク] を選んだ場合、非サマリー行、サマリー行、およびエンティティの種類として [プロジェクト] を使用している場合はプロジェクト サマリーに、異なる条件を選ぶことができます。

オプションを選ぶと、そのオプションに固有のさらに構成可能なパラメーターが表示されます。

次の表では、マークに関するオプションについて説明します。

属性

説明

非サマリー行

サマリー行ではないデータ行のグラフィカル表現の条件を指定するには、[非サマリー行] を選びます。

サマリー行

サマリー行のグラフィカル表現の条件を指定するには、[サマリー行] を選びます。

プロジェクト サマリー

プロジェクト サマリーのグラフィカル表現の条件を指定するには、[プロジェクト サマリー] を選びます。

マークを構成するときは、特定のグラフィックを使用する状況を決定する厳密な値と比較パラメーターを指定できます。使用できる比較 (テスト) パラメーターは次のとおりです。

  • と等しい

  • と等しくない

  • より大きい

  • 以上

  • より小さい

  • 以下

  • の範囲内

  • の範囲外

  • を含む

  • を含まない

  • と一致するものを含む

  • のうちのいずれか

これらは、表示するグラフィックを決定するために指定するしきい値とデータ値の比較に使用されます。たとえば、50 以上の値には緑のマークを表示し、50 未満の値には赤いマークを表示するように構成できます。

必要に応じていくつでも異なる値の画像を指定できます。テスト/値の比較ごとに新しい行をテーブルに追加します。テーブルの上から下に向かって行が評価され、テスト/値の組み合わせが該当する最初の行に関連付けられている画像が表示されます。

次の表では、非サマリー行のマークのオプションについて説明します。

属性

説明

テスト

使用する画像を決定するためにフィールド値に適用する演算子 ("と等しい"、"より小さい" など) を選びます。

フィールド値またはフィールド参照 ([cost] など) を入力します。この値と [テスト] 列の演算子の組み合わせにより、[画像] 列の画像をいつ使用するかが決定されます。

画像

テスト/値の組み合わせが真の場合に表示する画像を選びます。

移動​​

移動ボタンを使って、テーブルの行を上または下に移動します。

データをポップアップ表示する

画像に関連付けられているツール ヒントにフィールドの値を表示するには、この属性を選びます。

サマリー行にマークを使用するときは、非サマリー行に定義したマークの設定を継承できます。

サマリー行のマークを構成するときに [非サマリー行から条件を継承] チェック ボックスをオンにすると、非サマリー行に構成したマークのパラメーターが使用されます。

プロジェクト サマリーのマークを構成するときに [サマリー行から条件を継承] チェック ボックスをオンにすると、サマリー行に構成したマークのパラメーターが使用されます。

ページの先頭へ

動作

ユーザー設定フィールドをワークフローで制御するか、または値を必要とするかを構成できます。

ワークフローによるユーザー設定フィールドの制御を選んだ場合は、動作はワークフローによって制御されるので、必須フィールド オプションは使用できません。

次の表では、ユーザー設定フィールドの動作の構成に関するオプションについて説明します。

属性

説明

ワークフローによって制御される動作

ユーザー設定フィールドの動作をワークフローで制御する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

必須フィールドにする

このフィールドを必須フィールド (つまり、フィールドを空白のままにはできません) にするかどうかを選びます。[ワークフローによって制御される動作] オプションをオンにした場合、このオプションは使用できません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×