ユーザー設定ビューを作成、適用、または削除する

ユーザー設定ビューを作成、適用、または削除する

ユーザー設定表示を使って、ワークシートの特定の表示設定 (非表示の行と列、セルの選択、フィルターの設定、ウィンドウの設定など) と印刷設定 (ページの設定、余白、ヘッダーとフッター、シートの設定など) を保存すれば、必要に応じて、これらの設定をそのワークシートにすばやく適用できるようになります。ユーザー設定ビューに特定の印刷範囲を含めることもできます。

ワークシートごとに複数のユーザー設定ビューを作成できますが、ユーザー設定ビューを適用できるのは、ユーザー設定ビューを作成したときにアクティブだったワークシートのみです。ユーザー設定ビューが不要になった場合は削除できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ユーザー設定ビューを作る

ユーザー設定ビューを適用する

ユーザー設定ビューを削除する

ユーザー設定ビューを作る

  1. ワークシートで、ユーザー設定ビューに保存する表示および印刷設定を変更します。

  2. [表示] タブの [ブックの表示] グループで、[ユーザー設定のビュー] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. [追加] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、ビューの名前を入力します。

    ヒント: ビューを識別しやすいように、ビュー名にアクティブなワークシートの名前を含めることができます。

  5. [ビューに含む] で、含める設定のチェック ボックスをオンにします。

注: 

  • ブックに追加したすべてのビューは、[ユーザー設定のビュー] ダイアログ ボックスの [ビュー] の下に表示されます。リストでビューを選んでから [表示] をクリックすると、ビューの作成時にアクティブだったワークシートが表示されます。

  • ブック内のワークシートに Excel テーブルが含まれている場合、[ユーザー設定のビュー] コマンドはブックのいずれの場所でも使用できません。

ページの先頭へ

ユーザー設定ビューを適用する

  1. [表示] タブの [ブックの表示] グループで、[ユーザー設定のビュー] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  2. [ビュー] ボックスで、適用するビューの名前をクリックしてから [表示] をクリックします。

    注: ユーザー設定ビューの作成時にアクティブだったワークシートが自動的に表示されます。

ページの先頭へ

ユーザー設定ビューを削除する

  1. [表示] タブの [ブックの表示] グループで、[ユーザー設定のビュー] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  2. [ビュー] ボックスで、削除するビューの名前をクリックしてから [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×