ユーザー設定ツールをテンプレートとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー設定ツールをテンプレート ファイルとして保存し、これを他のワークスペースに新しいツールとして追加できます。ツール テンプレートには、フォーム、フィールド、ビュー、マクロ、スクリプトなど、すべてのデザイン オブジェクトを取り込むことができ、データ レコードは除外できます。ツール テンプレートを作成すると、ワークスペースで使用するユーザー設定ツールを配布できるようになります。SharePoint Workspace のユーザー設定ツールには、2010 リスト ツールで作成されたツールや、2007 フォーム ツールまたは InfoPath フォーム ツールで作成されたツールが含まれる場合があります。

テンプレートとして保存する前にアプリケーションのユーザー設定のツールのデザインをロックできます。テンプレートを使用して作成したワークスペースのデザインを更新されないようにする場合は、この機能を使用します。

注: 2007 フォーム ツールや InfoPath フォーム ツールで作成されたユーザー設定ツールについては、今回リリースされた SharePoint Workspace ではデザインにアクセスできないため、Groove 2007 をまだ使用しているワークスペース メンバーだけがデザインをロックするオプションを使用できます。

  1. テンプレートとして保存するユーザー設定ツールを選択します。

  2. [ワークスペース] タブをクリックし、[テンプレートとして保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、新しいツールを保存するディスク上の場所を選択するか既定の場所をそのまま使用して、[保存] をクリックします。

    新しいツールを追加する際に、[ワークスペース] タブの [追加] をクリックし、[ツールの検索] をクリックすると、マイ ドキュメントの Groove Tool Templates フォルダーが既定の場所として表示されます。

  4. 必要に応じて、[テンプレートのオプション] ダイアログ ボックスでパスワード情報を設定し、[OK] をクリックします。

ツール テンプレートの配布について

ユーザー設定ツール テンプレートは、*.gta というファイル拡張子が付いたデータ ファイルです。通常のデータ ファイルと同様に、電子メールの添付ファイルとして送信する、ドキュメント ツール内に配置する、ファイル サーバーや Web サイトに配置するなどして、他のユーザーに配布することができます。

他のユーザーに役立つように、テンプレート ファイルを配置する場所についての説明を追加することもできます。たとえば、マイ ドキュメントの Groove Tool Templates フォルダーなどに配置すると、ツール テンプレートは [ツールの検索] ボックスの一覧に表示されるようになります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×