ユーザー設定の地域ファイルを 3D Maps にインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー設定の地域を使用すると、従来型の郵便番号、市町村、都道府県、または国の地域ではない場合であっても、ユーザーにとって最も重要である地域にデータをマッピングすることができます。 ユーザー設定の地域は、販売地域、学区、下院選挙区、土地区画開発、輪作、地質学的解析、ユーザー定義のポリゴンを使用するその他の地域情報が含まれるシナリオに便利です。

ユーザー設定のポリゴンが含まれる .KML または .SHP ファイルをインポートできます。 インポートが完了すれば、郵便番号などの標準的な地域を使用する場合と同じ方法で、ユーザー設定の地域を使用できます。

ユーザー設定の地域ファイルをインポートする
  1. 3D マップを開きます。

    [3D Maps] ウィンドウが表示されます。

  2. [ホーム] タブの [マップ] グループで [カスタム地域] をクリックします。

    カスタム領域

    [カスタム地域セットの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [新しいセットのインポート] をクリックします。

  4. [ファイル名] ボックスで、インポートするファイルを参照して選び、[開く] をクリックします。

    [カスタム地域セットの管理] ダイアログ ボックスが表示され、[セット名] ボックスにファイルが示されます。

  5. [インポート] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×