ユーザー設定のリスト フォームを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、ほとんどの SharePoint リストおよびライブラリには、そのリストまたはライブラリにアイテムを追加する場合やアイテムの編集または表示を行う場合に表示されるフォームが含まれています。Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、固有のニーズに応じて自分で設計したユーザー設定のリスト フォームにより、既定のリスト フォームを簡単に置き換えることできます。ユーザー設定のリスト フォームおよび必要なフィールドを作成した後で、新しいフォームをそのリストまたはライブラリの既定フォームにすることができます。

ユーザー設定のリスト フォームを作成したらを追加または列を削除する、フォントの書式設定、変更、または色を適用するOffice SharePoint Designer 2007で WYSIWYG ツールを使用することができます。これを行うには、拡張スタイル シート言語 (XSL) を HTML に直接挿入されます。コード ビューで直接 XSL を編集することはできますが、XSL をすばやく適用するのには、 Office SharePoint Designer 2007し、XSL を知らなくても簡単に書式設定ツールも使用することができます。

このトピックでは、既定のリスト フォームを見つける方法、ユーザー設定のリスト フォームを含む新規ページを作成する方法、および新規ページをリストに関連付ける方法について説明します。

この記事の内容

既定のリスト フォームを見つける

ユーザー設定のリスト フォームを含む新しいページを作成します。

新しいページをリストに関連付ける

既定のリスト フォームを見つける

ほとんどの SharePoint リストおよびライブラリには、そのリストおよびライブラリの新規アイテムの追加や、アイテムの編集または表示に使用されるリスト フォームがあります。リスト フォームは、関連するリストを含むフォルダにあります。

ユーザー設定のリスト フォームを作成する前に既定のフォームを見つける必要はありませんが、存在している場所を知っていると便利な場合があり、同じ場所にユーザー設定のリスト フォームを格納することが有用な場合もあります。リストまたはライブラリの既定のリスト フォームを見つけるには、次の操作を行います。

  1. [フォルダ一覧] が表示されていない場合は、[表示] メニューの [フォルダ一覧] をクリックします。

    ショートカット キーにフォルダーの一覧を開き、alt キーを押しながら F1 キーを押します。

  2. SharePoint リストの場合は、[フォルダ一覧] で [リスト] フォルダを見つけます。SharePoint ライブラリの場合は、[共有ドキュメント] フォルダを見つけます。[リスト] または [共有ドキュメント] フォルダが折りたたまれている場合は、正符号 (+) をクリックして、これを展開します。

  3. ユーザー設定のリスト フォームを作成する対象となるリストまたはライブラリを見つけます。リストまたはライブラリの一覧が折りたたまれている場合は、正符号 (+) をクリックして、これを展開します。

    次の図では、[お知らせ] リストが展開されています。

    [フォルダ一覧] に表示された SharePoint のリスト フォーム

既定では、3 つのフォーム ページ ファイル (DispForm.aspx、EditForm.aspx、および NewForm.aspx) が表示されます。4 つ目のファイルの AllItems.aspx は既定のデータ ビューであり、次の図のようにリスト内にアイテムを表示します。

ブラウザに表示された AllItems フォーム ページ

注: リストによっては、複数のフォーム ページに加えて、複数のデータ ビュー ページがフォルダに表示される場合があります。

Office SharePoint Designer 2007 では、既存のリスト ビューの Web パーツをユーザー設定のフォームの Web パーツで置き換えることによって、新しいアイテムのフォーム、アイテムを編集するフォーム、またはアイテムを表示するフォームを置き換えるユーザー設定のフォームを作成できます。

次の 3 つの図は、お知らせリストの既定のリスト フォームを示しています。

  • NewForm.aspx ページは、新規アイテムをリストに追加した場合に表示される新しいアイテムのフォームを表示します。

    ブラウザに表示された NewForm.aspx ページ

  • EditForm.aspx ページは、リスト内のアイテムを編集した場合に表示されるアイテムを編集するフォームを表示します。

    ブラウザに表示された EditForm.aspx ページ

  • DispForm.aspx ページは、リスト内のアイテムを 1 つ表示した場合に表示されるアイテムを表示するフォームを提供します。

    ブラウザに表示された DispForm.aspx フォーム ページ

ページの先頭へ

ユーザー設定のリスト フォームを含む新規ページを作成する

まず、新規ページを作成し、ユーザー設定のリスト フォームをページに挿入します。ページを保存した後で、ページを既存のリストに関連付けることができます。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

  2. [新規作成] ダイアログ ボックスの [ページ] タブで、[全般] をクリックし、[ASPX] をダブルクリックします。

  3. [挿入] メニューの [SharePoint コントロール] をポイントし、[ユーザー設定のリスト フォーム] をクリックします。

    [リスト / ドキュメント ライブラリ フォーム] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [リスト / ドキュメント ライブラリ フォーム] ダイアログ ボックス

  4. [フォームに使用するリスト / ドキュメント ライブラリ] リストで、フォームを作成する対象となるリストまたはライブラリを選択します。例に従って、[お知らせ] をクリックします。

  5. [フォームに使用するコンテンツの種類] リストで、フォームを使用する対象となるコンテンツ タイプをクリックします。例に従って、[お知らせ] をクリックします (お知らせリストには既定のコンテンツ タイプが 1 つしかないので、これが唯一の選択肢である場合があります)。

    各リストまたは各ライブラリは、複数のコンテンツ タイプを許可するように構成できます。許可したコンテンツ タイプは、このダイアログ ボックスの [フォームに使用するコンテンツの種類] リストに表示されます。リストまたはライブラリに利用可能な各コンテンツ タイプに対して、ユーザー設定のリスト フォームの個別のセットを使用できます。たとえば、リストに [プレス リリース] コンテンツ タイプと [業界ニュース] コンテンツ タイプが両方とも含まれている場合は、ユーザー設定のリスト フォームの 2 つの個別のセットを作成および使用することができます。2 つのコンテンツ タイプのそれぞれに 1 つずつです。

    各コンテンツ タイプに対してユーザー設定のリスト フォームの別個のセットを使用する利点は、各ユーザー設定のリスト フォームがそのコンテンツ タイプに適したフィールドのみを表示するように設計されることです。

  6. [作成するフォームの種類] の下で、[新しいアイテムのフォーム]、[アイテムを編集するフォーム]、[アイテムを表示するフォーム] のいずれを作成するかを示します。

    例に従って、[新しいアイテムのフォーム] をクリックします。

  7. フォームと共にツールバーを含めるには、[標準ツールバーを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    ユーザー設定のリスト フォームには、アイテムに対する一般的なアクションを実行する場合に使用できるツールバーを含めることができます。ツールバー上のコマンドは、フォームの種類によって異なります。たとえば、EditForm.aspx のツールバーは、次の図のようになります。

    EditForm.aspx ツールバー

    これに対して、DispForm.aspx のツールバーは次の図のようになります。

    DispForm.aspx ツールバー

  8. [OK] をクリックします。[新しいアイテムのフォーム] がページに表示されます。

    ページに表示された新しいアイテムのフォーム

    注: この図は、マスタ ページに適用されていない ASPX ページの例です。SharePoint サイトの外観を適用するには、ページをマスタ ページに適用します。その場合は、[書式] メニューの [マスタ ページ] をポイントしてから、[マスタ ページの適用] をクリックします。[マスタ ページの選択] ダイアログ ボックスで、[既定のマスタ ページ] をクリックし、[OK] をクリックします。[コンテンツ領域の一致] ダイアログ ボックスが表示されます。ページの本体を PlaceHolderMain コンテンツ プレースホルダに一致させるには、[OK] をクリックします。

    既定では、ユーザー設定のリスト フォームには、選択されたフォーム タイプの既定フィールドが、各フィールドの既定のコントロールと共に表示されます。たとえば、[お知らせ] リストの場合は、[有効期限] フィールドに日付の選択コントロールがあります。必須フィールド (ある場合) は、自動的にアスタリスクによって示されます。

  9. 新しいユーザー設定のリスト フォームを保存するには、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。または、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

  10. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの大きなリスト ボックスで、ユーザー設定のリスト フォームが作成されたリストまたはライブラリ フォルダを見つけます。

    例では、名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、リスト、] をダブルクリックし、お知らせお知らせフォルダーを開く] をダブルクリックします。ファイル名] ボックスに、 NewAnnouncements] を入力し、[保存] をクリックします。

    例に従い、[ファイル名] ボックスで、「NewAnnouncements」と入力し、[保存] をクリックします。

    [お知らせ] フォルダの [フォルダ一覧] に NewAnnouncements.aspx ページが表示されます。

ページの先頭へ

新規ページをリストに関連付ける

ユーザー設定のリスト フォームを作成した後で、作成の対象となったリストに関連付けることができます。ユーザー設定のリスト フォームをリストに関連付けるまでは、そのリスト内のアイテムの作成、表示、編集を行っても、ユーザー設定のリスト フォームはブラウザに表示されません。

先の例で、お知らせリストに対して NewAnnouncements.aspx を作成したので、次の手順は、NewAnnouncements.aspx をお知らせリストに関連付けることです。

  1. [フォルダ一覧] で、ユーザー設定のリスト フォームを関連付ける対象のリストまたはライブラリを右クリックします (この例では、[お知らせ])。次に、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. [リストのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[関連ファイル] タブをクリックします。

  3. リストが、複数のコンテンツ タイプを許可するように構成されている場合は、[コンテンツ タイプ固有のフォーム] リストで、ユーザー設定のリスト フォームを使用する対象のコンテンツ タイプをクリックします。

    コンテンツ タイプを変更するたびに、フォームを表示するテキスト ボックスが、現在のコンテンツ タイプに使用されるフォームを表示できるように変更されます。各コンテンツ タイプは、ユーザー設定のリスト フォームの個別のセットを使用できます。

  4. [新しいアイテムのフォーム] で、[参照] をクリックし、ユーザー設定のリスト フォーム (この例では [NewAnnouncements.aspx]) を見つけてクリックしたら、[OK] をクリックします。

    ユーザー設定のリスト フォームへのパスが [新しいアイテムのフォーム] ボックスに表示されるようになりました。

  5. [OK] をクリックします。

例に従っている場合は、新規ユーザー設定のフォームをテストできます。そのためには、[フォルダ一覧] で Default.aspx をクリックし、F12 キーを押して、ブラウザでページを開きます。ブラウザで、[お知らせ] の下の [新しいお知らせの追加] をクリックしてユーザー設定の新規アイテム フォームを開きます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×