ユーザー設定のリスト ツールに説明的な情報を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ツールに関する説明的な情報は、ツールの開発者がリスト デザイナーで追加できます。ワークスペースのメンバーがこの情報を閲覧するには、リスト ツールのデザイナーへのアクセス権が必要です。

  1. デザイナーを開きます。

  2. [設定とオプション] をクリックします。

  3. [このツールについて] タブをクリックします。

  4. [名前]、[バージョン]、および [説明] の各フィールドの情報を入力または更新します。

    この情報の詳細については、次のセクションを参照してください。

  5. 変更内容を保存して発行します。

名前、バージョン、および説明情報の入力について

[名前]、[バージョン]、および [説明] は、外部のアプリケーションからユーザー設定のリスト ツールを識別したり、他のカスタム ツール デザイナー向けに設計をドキュメント化したりするメカニズムを提供します。

[名前]、[バージョン]、および [説明] は入力することをお勧めしますが、省略することもできます。バージョン番号を自動的にインクリメントする機構は備わっていません。バージョン番号は、リスト デザイナーが必要に応じてインクリメントする必要があります。

名前とバージョン番号を指定するうえでのガイドライン

リスト ツールのデザイン名を指定したり、バージョン番号をインクリメントしたりする際には、次のガイドラインに従ってください。

  • "デザイン名" は、リスト ツールを設計した組織やアプリケーションの区分 (リスト ツールの目的) を識別する一意の文字列です。SharePoint Workspace で他のテンプレートを識別するのに使用されているものと同じ URI 形式にすることをお勧めします。一般に、この URI には "urn:your-company-namespace:unique-name" という形式が使用されます。リスト ツールのテンプレートに変更を加えて、リスト ツールの用途を大きく変更する場合は、新しい URI を割り当てます。

  • "デザインのバージョン" は、デザイナーがリスト ツールのテンプレートに対して行った修正をドキュメント化するためのメカニズムを提供します。デザインのバージョン番号が重要になるのは、リスト ツールのテンプレートが展開され、そのツールにアクセスするための外部のアプリケーションが開発された後です。アプリケーションの開発者は、[デザインのバージョン] の情報をもとに、自分が開発したソリューションが正しいバージョンのリスト ツールと連携していることを確認することができます。外部のアプリケーションに影響が及ぶ可能性があるのは、フィールド、ビュー、フォームなどがリスト ツールに追加された場合や、それまでになかったものが追加された場合、既存のものに変更が加えられた場合などです。通常、フォーム内でのフィールドの移動など、純粋にユーザー インターフェイスのデザイン面の変更であれば、外部のアプリケーションに影響は及びません。

    "デザインのバージョン" は一定の規則に従って並んだ、ピリオド区切りの 4 桁の数字です。文字列として格納されます。デザインのバージョンは、バージョン識別体系 (0.0.0.0) に従います。この 4 桁の数字はそれぞれ、左から右に次のバージョン情報を表しています。

    • メジャー バージョン

    • マイナー バージョン

    • カスタム バージョン

    • ビルド番号

これらの番号をインクリメントする際の推奨ガイドラインは次のとおりです。

  • メジャー バージョン: メジャー バージョンの変更は、リスト ツールのスキーマに互換性のない変更が生じたことを表します。リスト ツール アプリケーションのメジャー バージョン アップグレードは、まったく異なるアプリケーションと考えることができます。機能的な分類は同じですが、レコード データのスキーマの観点からは、まったく異なるアプリケーションです。

  • マイナー バージョン: マイナー バージョンの変更には、互換性を損なうようなスキーマの変更は伴わないため、既存の外部アプリケーションは引き続き動作します。マイナー バージョンのアップグレードでは、新しいフィールド、フォーム、ビューなどをフォーム ツールに追加することはできますが、既存のフォーム ツールを削除したりスキーマを変更したりすることはできません。

  • カスタム バージョン: カスタム バージョンの変更は通常、特定の顧客に対する、特定の目的を果たす機能や修正を含んだ更新プログラムのリリースを表します。

  • ビルド番号: 特定のソフトウェアのビルド シーケンスをフォーム アプリケーションに関連付けるために、デザイナーが指定する連番です。通常はビルド リリース管理に使用されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×