ユーザー設定のリスト ツールについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ツールには、ワークスペースのメンバーがデータ アイテムのコレクションを構築し、分析するための、きわめて柔軟なユーザー設定ツール環境が用意されています。リスト ツールにおけるユーザー設定フォームのデザインは、Microsoft Office InfoPath を介して作成、更新します。ワークスペースにリスト ツールを追加する際、[ここから開始] をクリックしてデザイナーを開き、InfoPath でデザインされたフォーム テンプレートをインポートしたり、ビューを始めとする他のデザイン要素を追加したりします。

リスト ツールのベースには、ユーザー設定のリスト アプリケーションというアイデアがあります。リスト ツールの設計者は、Microsoft Office InfoPath (フォーム テンプレート ソリューションの作成用) やリスト ツールのデザイナー環境を駆使しながら、一連の要件に基づいてカスタム ツールを作成できます。

リスト ツールはだれが使うか

通常、リスト ツールを使用するのは、次の 2 種類のユーザーです。

  1. リスト ツール デザイナーです。リスト ツール デザイナーは、Groove ワークスペースへのリスト ツール デザイナーを入力して、作成で Microsoft InfoPath フォーム テンプレート ソリューションをインポートおよびビューとスタイルなどのリスト ツール デザイナーでは、その他のデザイン機能を変換し、追加します。リスト ツールには、少なくとも 1 つのフォームと 1 つのビューが含まれている、投稿者 (会議出席依頼のワークスペース メンバー) デザインでフォームを使用してアイテムを追加し、並べ替え、1 つまたは複数のデータ ビューの分析に進む準備ができたら、です。

    リスト ツールの設計者は、設計者自身も属している、リスト ツールの作成先のワークスペースにユーザーを招待し、メンバーとして追加することができます。または、ユーザー設定のリスト ツールを新しいツール テンプレートとして保存し、配布または公開することもできます。

  2. リスト ツールのユーザー。リスト ツールのユーザーは、リスト ツール (リスト ツールはリスト ツールのデザイナーで作成される) を含んだワークスペースに招待されたすべてのユーザーです。リスト ツールのユーザーは、カスタム フォーム テンプレートに入力することによって、データ アイテムを追加します。たとえば、ワークグループ内の従業員を、ユーザー設定の "状態レポート" ツールがあるワークスペース (つまり、状態レポートへの記入用のフォームを備えたリスト ツールのあるワークスペース) に招待できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×