ユーザー設定のメッセージ テキストを含むテキスト プレースホルダーを追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

他のユーザーが新しいプレゼンテーションを作成するのに使用するテンプレートを作成する場合は、ユーザー設定のメッセージ テキストを追加して、プレースホルダー の既定のテキストを置き換えることができます。ユーザー設定のメッセージ テキストは、テンプレートのユーザーがテキスト プレースホルダーに入力する情報を記述したり指定したりすることができます。

テキスト プレースホルダーを追加して、ユーザー設定のメッセージ テキストを追加する

テンプレートを作成するときに、レイアウトの標準のテキスト プレースホルダー以外のテキスト プレースホルダーを追加することもできます。 これを行うには、新しいテキスト プレースホルダーを追加し、ユーザー設定のメッセージ テキストを追加します。

  1. [表示] メニューの [マスター表示] で [スライド マスター] をクリックします。

  2. スライド マスターとレイアウトが表示されている左側のウィンドウで、テキスト プレースホルダーとユーザー設定のメッセージを追加するレイアウトをクリックします。

  3. [スライド マスター] タブの [マスター レイアウト] で [プレースホルダーの挿入] をクリックし、[テキスト] をクリックします。

    テキスト ボックス プレースホルダーを挿入する

  4. メインのウィンドウで、変更するスライド レイアウト上でマウス ポインターをクリックし、ドラッグしてテキストプレースホルダーを描きます。

  5. プレースホルダーの既定のテキストを強調表示して、ユーザー設定のメッセージ テキストに置き換えます。

  6. [ホーム] タブに切り替えて、メッセージ テキストの表示の書式を設定します。

    テキストを選択した状態で、[フォント] または [フォントサイズ] を変更できます。ユーザー設定のメッセージ テキストの前に不要な行頭文字が表示される場合は、[段落] グループの [箇条書き] の横にある下向き矢印をクリックして、[なし] をクリックします。

  7. [スライドマスター] タブに戻り、[閉じる] グループで [マスター表示を閉じる] を選択します。

標準表示モードでは、スライドを開き、編集したレイアウトの種類を適用する新しいメッセージ テキストを表示することができます。

ページの先頭へ

標準レイアウトのテキスト プレースホルダーにユーザー設定のメッセージ テキストを追加する

標準の組み込みレイアウトのプレースホルダーには、「クリックしてマスター タイトルを編集」、「クリックしてサブタイトルを入力」などの既定のテキストが含まれています。 このテキストをカスタマイズするには、次の操作を行います。

  1. スライド マスター表示で既定のテキスト プレースホルダーをクリックし、既存のテキストをユーザー設定のメッセージ テキストに置き換えます。

  2. [ホーム] タブに切り替えて、メッセージ テキストの表示の書式を設定します。

    テキストを選択した状態で、[フォント] または [フォントサイズ] を変更できます。ユーザー設定のメッセージ テキストの前に不要な行頭文字が表示される場合は、[段落] グループの [箇条書き] の横にある下向き矢印をクリックして、[なし] をクリックします。

  3. [スライドマスター] タブに戻り、[閉じる] グループで [マスター表示を閉じる] を選択します。

標準表示モードでは、スライドを開き、編集したレイアウトの種類を適用する新しいメッセージ テキストを表示することができます。

ページの先頭へ

ユーザー設定のメッセージ テキストの概要

他のユーザーが新しいプレゼンテーションを作成するのに使用するテンプレートを作成する場合は、ユーザー設定のメッセージ テキストを追加して、プレースホルダー の既定のテキストを上書きすることができます。ユーザー設定のメッセージ テキストは、テンプレートのユーザーがテキスト プレースホルダーに入力する情報を記述したり指定したりすることができます。

注: スライド マスター表示のテキスト プレースホルダーとテキスト ボックスは、使い方が異なります。

  • テンプレートのユーザーがプレースホルダーに特定の情報を入力する必要がある場合は、スライド マスター表示でテキスト プレースホルダーを追加します。 テキスト プレースホルダーのユーザー設定のメッセージ テキストは、ユーザーが入力を開始すると表示されなくなります。

  • テンプレートに永続的な文字列と編集不可能テキストを含める場合は、スライドマスター表示でスライドレイアウトからプレースホルダーを追加または削除します。

  • 標準表示モードで追加したテキスト ボックスのテキストは、だれでも編集できます。

次に示す証明書テンプレートでは、作成者が、ユーザーに特定の情報を入力するように指示する次のようなメッセージが表示されます。「ここに選手の名前を入力してください」「ここにコーチの名前を入力してください」「ここに式の日付を入力してください」「

カスタム プロンプト テキストのプレースホルダー

どのサッカー チームも、プレースホルダー内のテキストをカスタマイズするだけで、この達成証明書テンプレートを使うことができます。ユーザー設定のメッセージ テキストは、入力する情報の種類についての説明が表示されます。

重要: レイアウト をプレゼンテーションのスライドに適用した後に、レイアウトでユーザー設定のメッセージ テキストを追加または変更した場合は、レイアウトをスライドに再適用する必要があります。 詳細については、「スライドのレイアウトを編集および再適用する」をご覧ください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×