ユーザー設定のグラフを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

グラフを作成したり、グラフの種類を変更したりするときに、標準またはユーザー設定のいずれかのグラフの種類を選択できます。ユーザー設定のグラフの種類を使う場合は、組み込みのユーザー設定のグラフの種類を使用したり、グラフの種類を新しく作成したりできます。

組み込みのユーザー設定のグラフの種類Microsoft Graph には、標準のグラフの種類に基づくいくつかの組み込みのグラフの種類が用意されていますが、凡例、枠線、データラベル、第2軸、色、パターン、塗りつぶし、配置オプションなどの追加の書式設定とオプションを含めることができるようになりました。グラフアイテムこれらの種類のグラフは、[グラフの種類] ダイアログボックスの [ユーザー設定] タブにあります。別のグラフの種類を選ぶ方法を説明します。

独自のグラフの種類を作成するMicrosoft Graph で提供されているグラフの種類を変更して、独自のグラフの種類を作成することもできます。これらのユーザー設定のグラフの種類を他のユーザーと共有することもできます。たとえば、すべての会社のグラフに同じタイトル情報を表示する場合は、そのタイトルのグラフを作成し、ユーザー定義のグラフの種類としてグラフを保存して、組織内の他のユーザーと共有してテンプレートとして使用することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×