ユーザー設定のグラフを作成する

グラフを作成したり、グラフの種類を変更したりするときに、標準またはユーザー設定のいずれかのグラフの種類を選択できます。ユーザー設定のグラフの種類を使う場合は、組み込みのユーザー設定のグラフの種類を使用したり、グラフの種類を新しく作成したりできます。

組み込みのユーザー設定のグラフの種類   この種類のグラフには、標準のグラフの種類を基に、凡例、目盛線、データ ラベル、第 2 数値軸、色、パターン、塗りつぶし、配置などの書式またはオプションが含まれています。これらのグラフへは、[グラフの種類] ダイアログ ボックスの [ユーザー設定] タブでアクセスできます。異なるグラフの種類を選択する方法については、ここをクリックしてください。

独自のグラフの種類の作成   標準のグラフの種類を変更することで、独自のユーザー設定のグラフの種類を作成できます。作成したユーザー設定のグラフは、他のユーザーと共有することもできます。たとえば、社内で使うグラフの見出しを統一する場合、その見出しを含むグラフを作成し、ユーザー設定のグラフの種類として保存した後、社内の他のユーザーと共有します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×