ユーザー独自のクリップがクリップ オーガナイザーにより検出されない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クリップ オーガナイザーでクリップが検出されない

ファイルの場所が変更されている可能性があります。ファイルを移動または削除したり、ハードウェアの構成を変更したりした場合、このような問題が起きることがあります。

[Microsoft クリップ オーガナイザー] ダイアログ ボックスが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。

  • ファイルの新しい保存場所がわかっている場合は、[参照] をクリックして、クリップの新しい場所を指定します。

  • クリップが削除されている場合に、そのクリップのプレビューをクリップ オーガナイザーから削除するには、[サムネイルの削除] をクリックします。

クリップ オーガナイザーが操作を完了できないというエラー メッセージが表示される

[検索] をクリックしたときや図を挿入しようとしたときに、クリップ オーガナイザーが操作を完了できないというエラー メッセージが表示される場合がありますが、コレクションのアイテムをクリックしたり検索条件を入力したりすることはできます。

クリップ オーガナイザー データベースとの接続が切断されている可能性があります。次のいずれかの操作を行ってみてください。

  • Office 製品で [図の挿入] 作業ウィンドウを開いている場合は、そのウィンドウを閉じて開き直します。

  • クリップ オーガナイザーのスタンドアロン バージョンをご利用の場合は、[ファイル] メニューの [終了] をクリックし、クリップ オーガナイザーを再起動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×