ユーザー定義の数値、日付、および時刻の書式記号について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー設定の数値の書式組み込みの表示形式が必要なデータを表示するのには使用できない場合は、ユーザー定義の形式を作成することができます。

書式記号   数値、日付、時刻、または文字列の表示方法を示す書式記号を指定してユーザー定義の表示形式を作成します。表示形式は、4 つまでの書式部分で構成されます。セミコロンで区切った各書式部分は、正の数、負の数、ゼロ、文字列の順に定義します。表示形式が 2 つの書式部分で構成される場合、先頭の書式部分は正の数とゼロ、2 番目の書式部分は負の数に使われます。表示形式が 2 つの書式部分で構成される場合、先頭の書式部分は正の数とゼロ、2 番目の書式部分は負の数に使われます。1 つの書式部分で構成される場合は、すべての数値に同じ表示形式が使われます。書式を省略する場合は、その書式部分にセミコロンだけを入力します。

数値の表示形式コード

詳細について

数値、日付、時刻の表示形式コード

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×