ユーザー名とイニシャルを変更する

Office 365 サブスクリプション, Word 2019, Office 2016, Office 2013, Office 2010

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

初めて Office プログラムをインストールして使用するとき、下の画像のようなダイアログ ボックスが表示され、ユーザー名とイニシャルを入力するように求められます。

[ユーザー名] ダイアログ ボックス

入力した名前とイニシャルはこれから作成するあらゆる Office 文書に関連付けられ、コメント、改訂、文書の全般プロパティなどの場所に表示されます。任意の名前を入力できますが、文書を共有する相手や校閲する人のことを考えてユーザー名を決めることをお勧めします。ほとんどのユーザーは単純に自分の氏名を利用します。

Office プログラムを起動するたびに [ユーザー名] ダイアログ ボックスが表示される場合、「ユーザー名とイニシャルの要求を停止する」を参照してください。

ユーザー名とイニシャルを変更する

他のユーザーと共有する Office 文書を作成している場合、適切な属性や正しい作成者情報が重要になることがあります。ユーザー名とイニシャルはいつでも変更できます。

重要: 1 つの Office プログラムで名前やイニシャルを変更すると、お使いのコンピューターにインストールしているその他すべての Office プログラムで名前とイニシャルが変更されます。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [Microsoft Office のユーザー設定] セクションでユーザー名とイニシャルを変更します。

    Word 2010 の [個人用設定] オプション

注: Excel 2010 ではユーザー名のみが使用されます。イニシャルは使用されません。

  1. 開いている文書で、Office ボタン Microsoft Office ボタン をクリックし、メニューの一番下にある [オプション] ボタンをクリックします。

    注: 

    • OneNote で [ツール] メニューをクリックし、[オプション] をクリックします。

    • Project と Visio で、[ツール] メニューをクリックし、[オプション] をクリックし、[全般] タブをクリックします。

  2. ダイアログボックスで、[ユーザー] と [頭文字] ボックスでユーザー名とイニシャルを変更します。使用している Office プログラムによっては、次の例とは異なるダイアログボックスが表示されることがあります。

    Word 2007 の [個人用設定] オプション

注: Excel 2007 ではユーザー名のみが使用されます。イニシャルは使用されません。

ユーザー名とイニシャルの要求を停止する

[ユーザー名] ダイアログ ボックスは 1 回だけ、すなわち、新しくインストールした Office プログラムを開いたときにだけ表示されることになっています。このダイアログ ボックスがプログラムを開くたびに表示される場合、レジストリのアクセス許可を変更することで停止できる場合があります。

警告: この手順には、コンピューターのレジストリを変更する方法を説明する手順が含まれています。レジストリを正しく変更しないと、重大な問題が発生する可能性があります。次の手順を慎重に行ってください。保護を追加するには、レジストリを変更する前にバックアップします。その後、問題が発生した場合は、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップして復元する方法については、「Windows でレジストリをバックアップして復元する方法」を参照してください。

  1. Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista の Windows スタート画面から、検索ボックスに「regedit.exe」と入力し、Enter キーを押します。

    注: Windows XP の場合、[スタート] をクリックして [実行] をクリックし、「regedit.exe」と入力して Enter キーを押します。

  2. レジストリ エディターで、次の場所に移動します。HKEY_Current_User\Software\Microsoft\Office\Common\UserInfo

  3. [ユーザー情報] をクリックします。

  4. [編集] メニューの [アクセス許可] をクリックします。

  5. ユーザー名をクリックします。

  6. [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスを選択します。

  7. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

  8. レジストリ エディターを終了します。

ページの先頭へ

関連項目

Word での変更履歴の記録

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×